神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。

お金はないけど暇はあるぞっ! 阪神間(夙川・苦楽園・芦屋・神戸などなど)のおいしいグルメ&ランチ情報や暮らしの中のプチ発見を綴ります。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ほいほい

Author:ほいほい
家に引きこもっているのがたまらなく好きな
ひきこもり女。
でも、このところの恐ろしい体重増に、
さすがの私も動かなまずいと焦り気味・・・
「とにかく動けば痩せるらしい」と
どっかで聞いたし
ダラダラ生活から抜け出すことが目下の目標!!

お買い物はこちら

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ぷらぷら内検索

■スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

■どろっとカレー 神戸・三宮『コフタ』

2011/09/21 08:00

 三宮・元町周辺をウロウロした際、必ず三宮の東側にあるジュンク堂が〆になる我ら。サラッと30分ほどで済む時もままあるけど、大抵は数時間居座ってます。どんなに天気が悪かろうと平日であろうと午前中であろうと、三宮はずれのこのジュンク堂だけはたくさんの人がいるもんだといつも感心しております。ま、巨大な本屋は、どこもだいたい同じような感じですよね。それだけ世の中には本好きな人が本当に多いってことか。私は本好きというより、もっぱら雑誌の立ち読み専門(笑)

コフタ
“手作り感あふれるハンバーグが美味しいっ”

 この日も長く居座ってしまったんだろうな。お会計をして「さぁ、帰ろう」となった時には、もうとっくに19時を回ってました。これから家に帰ってご飯を作るのも面倒だし・・・と、周辺のサクッと頂けるお店をあれこれ思い浮かべ、早速出掛けてみました。が、その日に限って思い付いたお店がどこもかしこも定休日。また繁華街の方向に戻ろうか、と思っていたところに夫がひらめいたお店がココ。さんパルにあるカレー屋さん『コフタ』。

コフタ
“ビーフカレーはどこかで食べたことがある(?)懐かしい味”

 これまで数限りなく「さんパル」には来てるけど、地下に降りたのは多分この時がお初。正直、薄気味悪いです(笑)。平日の夜だったからかシャッターを閉めているお店が大半で、昭和な雰囲気が漂う古びた地下街でした。海外だったら間違っても足を踏み入れない系のスポット(笑)。そのうら淋しい雰囲気にバッチリ似合うお店『コフタ』は、知る人ぞ知る美味しいカレーの老舗。私はひとまず「ビーフカレー(600円)」を、夫は人気の「ハンバーグカレー(650円)」をオーダー。14時以降はコーヒー付きとのことで、この日はアイスコーヒーをサービスしてもらいました。濃い色のカレールーは、見るからにドロッと・・・う~ん、美味しい。長時間煮込んでいるのか、いろいろなエキスが混ざり合って味わい深い。辛さは控え目だけど、ピリリ感が後からやってきた。これも万人ウケしそうな後味でちょうどいい。晩ご飯候補のリストに、また新たに加わりました。近々リピートしてそう~

●shop data: 『コフタ』 神戸市中央区雲井通5-3-1 サンパル B1F  Tel 078-291-0063 open 11:00~20:00 第2・4土曜定休

コフタ
“この昭和な喫茶店風の雰囲気が目印♪”
ぐるりす(カレー)TB:0CM:2
コメント

最近、地下に下りることがなくなった三宮界隈です。
ディープでレトロな世界が繰り広げられておりますね~☆
れんげ #-|2011/09/21(水) 16:08 [ 編集 ]

> れんげちゃん
 梅田と比較すると、神戸は地下街の規模が小さいものね~
 さんパルの地下街は経営が成り立つのか?っと余計なお世話だったけど
 昼間はサラリーマンで行列もできるくらいだそう。安心しました(笑)
ほいほい #-|2011/09/22(木) 08:22 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokobato.blog45.fc2.com/tb.php/983-b99e6d81

最近の記事+コメント

最近のコメント

データ取得中...

CalendArchive

FC2カウンター

since 2008.4.15

ぷらぷら本棚Ver.2

以前の本棚がなぜかログインできなくなり、泣く泣く新しく立ち上げました。

Copyright(C) 2006 神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。