神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。

お金はないけど暇はあるぞっ! 阪神間(夙川・苦楽園・芦屋・神戸などなど)のおいしいグルメ&ランチ情報や暮らしの中のプチ発見を綴ります。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ほいほい

Author:ほいほい
家に引きこもっているのがたまらなく好きな
ひきこもり女。
でも、このところの恐ろしい体重増に、
さすがの私も動かなまずいと焦り気味・・・
「とにかく動けば痩せるらしい」と
どっかで聞いたし
ダラダラ生活から抜け出すことが目下の目標!!

お買い物はこちら

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ぷらぷら内検索

■スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

■2011 夏旅 クロアチア編5 ~プーラ&ポレチュ~

2011/09/08 08:00

プーラ・ポレチュウ
“教会の塔から世界遺産「エウフラシス聖堂」を見下ろす感じ”

 メドゥリンで泊まったアパートのテラスからは、夜、たくさんの星を見ることができました。ぼんやりと薄い雲の塊かに見えるそれが、天体に滅法強いサティによると天の川とのこと。「あれは何座で」「これが何とか座だ」と吹きすさぶ冷たい風などモノともせず、サティの天体観測講座は延々と続きました。それはそれは有意義な時間。星座の名前はほとんど覚えてないけど、西宮で見る夜空とは全く違う何ともロマンティックな暗闇が広がるメドゥリン。クロアチア・イストラ半島の先端の町。たまたま立ち寄っただけでもう二度と来ることもないだろうけど、アパートの1ヶ月滞在費はどれくらいかな?念のためチェックだけは怠らずしておきました(笑)

プーラ・ポレチュウ
“1世紀に建てられた円形劇場。プーラの象徴”

 クロアチアで残された時間はあと僅か。メドゥリンで朝を迎えてしまうと、もう残り1泊しかない計算。この安アパートでもう一泊してのんびりもいいな?それとも移動して未知の町を体感もいいし?・・・ひとり興奮しては、あーしようこうしようといろいろ言ってみた。でも、作戦会議も開催されることなく、メンバーは皆「どっちでもいい」とか「何でもいい」を繰り返すばかり。旅も後半にきて疲労が出てるのか、テンションはかなりローだ。私もハタと興奮から冷めてみると、確かにどうでもいいような気になってきた。こうしたい!と主張するほどのこだわりもないので、発言に責任が伴うのも煩わしいし面倒だな。

プーラ・ポレチュウ
“歴史的建造物からもアドリア海が見える~”

 結局、誰からも強い主張がなかったので、当初の予定通りプーラに行くことにしました。プーラとはりばまーい氏が「一見の価値アリ」と言う遺跡がある場所。結果的には、まだ見ぬ未知の世界の方を選択したことに。人でごった返すメドゥリンの町を渋滞なく抜けるため、朝早くに安アパートを引き払った我ら。お借りした鍵を大家さんに返却しに行くと、昨日、ツーリスト案内所にいたお姉さんがスッピンで登場。ここに住んでいるのか・・・驚いた(笑)。イストラ半島を巡る際、ここを観光拠点にするツーリストも多い大きな町プーラ。町の象徴的存在である円形劇場は、1世紀に建てられ闘技場として使われたそう。大きい。周囲をぐるりとひとまわりすると、向こう側からアドリア海が透けて見えるほどに、中の様子もよく見える。ってか、丸見え。わざわざ入場料40クーナ(約\600)を払ってまで、場内を見学するメリットもないかな(笑)

プーラ・ポレチュウ
“人気リゾート地・ポレチュの旧市街”

 プーラをさらに北上し、次に立ち寄った町はポレチュという港町。ロビニィもいい、ポレチュもいい、と言うりばまーい氏。どっちもいいので決め手がないらしい(笑)。そんな中、我らがポレチュを目指した理由は・・・世界遺産があるから。ベタベタだけど、世界遺産ってのはとりあえずツーリストにとって観光の目安になるよね。さて、どんな町かな?

プーラ・ポレチュウ
“世界遺産「エウフラシス聖堂」”

 ポレチュも観光客がいっぱいいる町だったな~。それもそのはず。ポレチュは現在、イストラ半島における観光の中心地で毎年世界中から何十万人ものツーリストが集まる屈指のリゾート地。当初そんなこととは知らなかったので、また「大きな祭でもあるのかな?」などと懲りずに思ってしまった。町外れにメルセデスを駐車し、とりあえず旧市街に向かって歩き出す面々。地図を見ながらあーでもないこーでもないともう半ば喧嘩腰・・・だったのが旧市街に入った途端、周囲の雰囲気がパッと一変。我らの険悪な雰囲気もついでに一変し、おぉお!と感激の顔になってた。細く入り組んだ路地や味わい深い石畳、中世の雰囲気そのまのノスタルジックな町にみんな一目惚れでした。「ここはいい」心からそう思った♪

プーラ・ポレチュウ
“古く味のあるガラス越しにもアドリア海が見えた!”

プーラ・ポレチュウ
“黄金に輝くエウフラシス聖堂内部。ビサンツ様式”

 とりあえず主な見どころである、世界遺産「エウフラシス聖堂」をチェック。ここはさすがに30クーナ(約\450)をケチることなく、内部見学をさせて頂きましたわ(笑)。まずは薄暗く細い階段を登って教会の塔へ。上からポレチュの町を見渡せます。アドリア海の西海岸がパーッと視界に飛び込み、すごくワクワクしました。吹き抜ける風もカラッと気持ちいいな。改めて素敵な場所だ。あと、ローマ時代の教会跡が保存されていたり、教会に関する様々な品が展示される博物館もあって見どころ満載。世界遺産の黄金に輝く教会内部も含め、ポレチュの長い歴史を感じさせるスポットでした。

プーラ・ポレチュウ
“このチーズディップ美味しいっ!”

プーラ・ポレチュウ
“鱸の塩釜。カナヅチで塩釜を叩き割るパフォーマンスは注目の的”

 長い旅行中、荷物を増やさないように・・・と我慢してきた買い物。かわいく小さなお店がいっぱいのポレチュでは、宝探しみたくショッピングを満喫しました♪お金使うの好きなんかな?かなりテンションが上がって、ウキウキ気分だった事よく覚えてます。クロアチアにしかないショップでは、日本にいる友達や家族の顔を思い浮かべてお土産選び。う~ん、みんな元気にしてるかな?持参したネットブックでネットを通じて友達ともやりとりできたけど、それもクロアチア入りしてからはすっかりご無沙汰。暑い暑い日本の夏、きっと堪能してるはず~

プーラ・ポレチュウ
“丁寧に身を取り分けて下さるサービス係のお兄さん”

プーラ・ポレチュウ
“美味しかった!スカンピのシャンパン蒸し自家製パスタ”

 各自、思い思いの町歩きを楽しんだ後はランチ!もう腹ペコだ~。りばまーい氏が「いい感じのお店があったよ」というので、何の気なしにそこへ行ってみると・・・結論、この旅行で一番!っと私が勝手に思うレストランだった。雰囲気も、お味も、サービスも、どれを取り上げてもピカピカベスト。パスタはイタリアで食べたどのパスタとも違う、ほとんど衝撃に近い美味しさ。一皿を4人で分け合って食べたけど、私ひとりでも完食する自信あり!みんな消えてくれればいいのに・・・っと本気で思った(笑)。いつも淡々とマイペースのりばまーい氏も、まさかココまで当たりだとは思わなかったやろな~。近海であがったお魚も絶品だったし、これでますますクロアチア贔屓に拍車がかかりそう。らぶ♪クロアチア。らぶ♪ポレチュ。

プーラ・ポレチュウ
“素敵な雰囲気のレストランでした♪”
旅日記(海外)TB:0CM:3
コメント

だからさぁ~~!!
パスタの写真、近すぎるってばー!!(笑)

しかし

とにかくキレイな所多いね。
世界遺産だらけ??
リゾートって言っても海だけじゃないし
盛りだくさんでほんとにいい♪
鯛の塩釜焼とか食べたかったなー。
えむつきー #-|2011/09/08(木) 09:19 [ 編集 ]

コロッセをみたいですね~。
青い海で採れるお魚、新鮮でおいしそう!!
目の前でパフォーマンスしてくれるのもテンションあがりますね~☆
れんげ #-|2011/09/08(木) 12:29 [ 編集 ]

> えむつきー
 あはっ、私もさすがに近すぎると思うわ(笑)パスタがミミズみたい!
 でも、たとえミミズだろうといいわ♪って思うくらい美味しかったよ~
 このために、もう一度ポレチュに行こかって言ってるくらい。
 長らくお借りしていたクロアチアの写真、本当にありがとうございました!
 何度も何度も見すぎたよ。でも何度見てもイイ♪

> れんげちゃん
 そうやねん、ガイドブックにもローマのコロッセオと比較した
 解説が載ってたわ。規模的には遠く及ばないみたいだけどね。
 今とれたばかり、という魚の実物を持ってきてくれて
 調理法も自分で指定するんだ~。楽しいでしょ♪
ほいほい #-|2011/09/09(金) 08:33 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokobato.blog45.fc2.com/tb.php/976-3c52128b

最近の記事+コメント

最近のコメント

データ取得中...

CalendArchive

FC2カウンター

since 2008.4.15

ぷらぷら本棚Ver.2

以前の本棚がなぜかログインできなくなり、泣く泣く新しく立ち上げました。

Copyright(C) 2006 神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。