神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。

お金はないけど暇はあるぞっ! 阪神間(夙川・苦楽園・芦屋・神戸などなど)のおいしいグルメ&ランチ情報や暮らしの中のプチ発見を綴ります。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ほいほい

Author:ほいほい
家に引きこもっているのがたまらなく好きな
ひきこもり女。
でも、このところの恐ろしい体重増に、
さすがの私も動かなまずいと焦り気味・・・
「とにかく動けば痩せるらしい」と
どっかで聞いたし
ダラダラ生活から抜け出すことが目下の目標!!

お買い物はこちら

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ぷらぷら内検索

■スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

■2011 夏旅 ~ベローナ(その2)~

2011/08/28 08:00

5

 ベローナ滞在2日目。早起きを豪語していた年寄りの我ら・・・だったはずが、今朝目が覚めたのは朝食の5分前。わぁ~!ぎゃ~!っと大急ぎ。マダムが9時に朝食を用意してくれると聞いたときには、え、遅くない?っとすら思ったのにね(笑)。食堂に行くと、ドイツ人カップルとイタリア人ファミリーがすでに食事も半ば。

2011 夏旅 ~ベニス(その2)~
“ヨーロッパは基本的にシンプルにパン、ハム、チーズにヨーグルトついでに中に甘いのがたっぷりのクロワッサン。どこに行ってもこんな感じ。ただし、エスプレッソとカプチーノは最高"

 遅いくせに朝食の写真をバチバチ撮っている私を見て、あんた、日本人でしょ?っと隣のドイツ人。バッチリ正解(笑)。恥ずかしいなぁ~ってデヘヘと笑ってごまかしてみた。いや、どうやら彼の持っているカメラが、私のと全く同じ【RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL III  】だったらしいの。奇遇すぎ!28ミリの短焦点が良い、とかどーのこーのカメラ好きらしい口ぶりだったみたい(夫によると)

2011 夏旅 ~ベニス(その2)~


 さ、気を取り直して、本格的なベローナ観光と参りましょう。ガイドブックの情報によると、主要な見所を網羅した“ベローナカード”なるパスがツーリスト向けに発売されているそうな。2日券で15ユーロで、市内のバスも乗り放題とくれば買うしかない。

5

5

 最初に訪れた「カステルヴェッキオ」という、総レンガ造りの古城でパスをゲット。1354年から数年かけて建てられた、中世ベローナを代表的な建物。ホント、圧倒される大迫力。敷地も広いけど、高さもなかなか。市民ミュージアムになっている城内を順路に従って進んでいくと、知らず知らず屋上に出てた。そこからのベローナの景色がまたしみじみよい。何だか朝からいいものを見せて頂いたわ~

5
“オペラ『AIDA』で使用する舞台セット”

 その後、ベローナ滞在のメインイベントである夜のオペラチケットを交換してもらいに、会場である円形闘技場アレーナへ。ローマのコロッセオに次ぐ規模と壮大さを誇るアレーナは、1世紀に建設され3世紀に移転・・・っと天竺レベルに古い建築物。2万人から収容できるアレーナでのオペラを一目見ようと、1年前のチケット発売と同時に申し込みが世界中から殺到するイベント。夫が日本から苦心してネットで手に入れた貴重なチケットは、たとえ席が悪かろうが何だろうがアレーナに入場できるだけで嬉しいもんで。で、そのネットチケットを本チケットに交換せねばならないのに、チケットオフィスは3時間以上もガッツリ昼休み中・・・く~っ。仕方ない、16時にまた引き返すか。

5
“ジュエリエッタの墓”

 チケットオフィスが長い昼休みを取っている間、ベローナカードで入れる他の名所を巡りましょ。「ジュエリエッタの墓」「フレスコ画博物館」「サン・フェルモ・マッジョーレ教会」「ランベルティの塔」と調子よくスタンプラリーするのはいいけど、蒸し暑さで夫も私も見るからにバテバテ。超不機嫌。

5
“サン・フェルモ・マッジョーレ教会”

2011 夏旅 ~ベローナ(その2)~
“ランベルティの塔”

 ベローナの日差しは強く、気温も湿度も高い。日陰ですら涼しくないから、外カフェなんてもんは全然嬉しくない・・・っと入った何だかわけのわからないショップ。とりあえずエアコンかかってたからね(笑)。少し涼んで元気を出そうとささやかに考えていたら、店内にオシャレなcafe発見!もちろん入りました。

5

思いのほか美味しいエスプレッソやブリオッシュ、夫は野菜ジュースやロースとビーフのパニーニをオーダー。オーダーにスタッフのお姉さんとお互い四苦八苦(英語が全然通じないため)したけど、出てきた物は「これ食べたい」って思ったそのものバッチリ。スバラシイ!毎日通いたい、って夫(笑)

5

 いよいよ、メインイベントのアレーナでの野外オペラ『ラ・トラビアータ(椿姫)』。夫が調べて見つけてきたこのイベント、聞くと、大袈裟でなく世界中から人が集まってくるんです。期間も長いし、演目も豊富。夜の9時から開演し、終演は翌日の0時を軽く回っていました。ビックリ!

5
“開幕前に観衆みんなろうそくを灯してお待ちかねです。ゆらりゆらいで幻想的”

 2万人が熱狂した椿姫、美しいヒロインの素晴らしい歌声に観客全員が一体となって酔いしれました。こんなイベントに参加できて本当に良かった。ベローナの円形競技場に入ったのはこの時が初めてでしたが、最初はとにかく人が多くて多くて・・・席取りも大変だし、蒸し暑いし、ムギュムギュだし、身体的苦痛の中で何の感動もないままオペラが始まった感じだったけど・・・

5
“本日のヒロインを演ずるは「Ermonela Jaho」お声はクリックするとちょっぴり聞けます”

 でもその後、オーケストラが音を出すと同時に、今まで好き勝手にお喋りしていた人々が水を打ったように静まり返った。これには驚いた。皆、舞台上で起こるコトを一瞬たりとも見逃したくない!そんな真剣さが伝わってきました。オペラを観ながらサンドイッチでも食べればいいや、などと思っていた私も、お、これは!っと背筋を伸ばして舞台に集中。あまりに久しぶりの神経統一に、休憩の度にグッタリしたけど。でもココはイタリアで、しかも遥々ベローナまでオペラを観る為にやって来たんだ・・・っと思うと、感謝×2の貴重体験でした。

5

5
旅日記(海外)TB:0CM:3
コメント

すごいですね…
野外オペラの規模の大きさに圧倒!!
世界中から集まる、というのもうなずけます。

ベローナという街の名前すら初めて耳にしたヨーロッパ音痴の私ですが、ここは街全体が太陽の色してるんですねi-233
ぐうたら嫁 #-|2011/08/28(日) 11:18 [ 編集 ]

3年前に行ったイタリアと同じ行程。しかも豪華。感激です。
#-|2011/08/28(日) 15:32 [ 編集 ]

> ぐうたら嫁さん
 観客2万という規模だったので、歌声も届かなくて退屈するだろうか?
 っという不安も忘れるくらい、まるですぐ隣で聴いているかのよう。
 素晴らしい舞台を満喫できました!いつかまた機会があればいいなぁ~
 ホント、ベローナは太陽の町ですね♪

> 名なしさん
 奇遇です!
 交通の便も治安もいい北イタリア、すごくいい所でした~
 あと数日イタリアに滞在し、クロアチア方面へ移動します。
ほいほい #-|2011/08/29(月) 09:35 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokobato.blog45.fc2.com/tb.php/968-534dfbe6

最近の記事+コメント

最近のコメント

データ取得中...

CalendArchive

FC2カウンター

since 2008.4.15

ぷらぷら本棚Ver.2

以前の本棚がなぜかログインできなくなり、泣く泣く新しく立ち上げました。

Copyright(C) 2006 神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。