神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。

お金はないけど暇はあるぞっ! 阪神間(夙川・苦楽園・芦屋・神戸などなど)のおいしいグルメ&ランチ情報や暮らしの中のプチ発見を綴ります。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ほいほい

Author:ほいほい
家に引きこもっているのがたまらなく好きな
ひきこもり女。
でも、このところの恐ろしい体重増に、
さすがの私も動かなまずいと焦り気味・・・
「とにかく動けば痩せるらしい」と
どっかで聞いたし
ダラダラ生活から抜け出すことが目下の目標!!

お買い物はこちら

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ぷらぷら内検索

■スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

■創業130年 京都・四条『林万昌堂』

2011/01/21 08:28

林
“寒い冬のお茶といえば、断然おぜんざいでしょ♪”

 大好物の甘栗。子どもの頃は食べ過ぎて、よく母に怒られたな~。殻がどんどん積み上がっていくから、実際に食べた満足感より殻の量に自分でも驚いてた。「え、これ誰が食べたん?」みたいな。甘栗に限らず、栗ならなんでもそうか。京都・四条通にある『林万昌堂(はやしまんしょうどう)』の甘栗は特別美味しく感じる。京都らしく、明治創業の老舗甘栗専門店です。とは言えお値段もそれなりなので、毎回必ず買って帰るには至らないのですが。私にとっては、甘栗界のメルセデスベンツなのです!

林
“1階店舗の甘栗が3個ついてくる”

 この日は夫の両親が一緒だったので、買ってもらえるコトを前提に、お店の前を通っては「ココ美味しいらしいです」とヘタな芝居を打ったりして(笑)。ま、そんな小芝居しなくても、言えば買ってもらえるけど。ちょうど甘栗を買い終えた頃には3時のお茶タイム。・・・これは偶然です(笑)。父の提案でお茶をすることに~。私も知らなかったのですが、狭い店舗2階は甘味処。四条通の雑踏を見渡せるお席で、頂くおぜんざいも乙ですね。甘さ控え目で、ぜんざいの小豆に甘栗が隠れているのもさすが。家に帰って夫に話すと「いいな~」と羨ましがられました。あ、買って頂いた甘栗は、案の定9割が私の胃の中へ~♪

●shop data: 『甘栗の老舗 林万昌堂』 京都市下京区四条通寺町東入ル御旅宮本町3番地  Tel 075-221-0258 open 10:00~20:00 無休 http://www.hayashi-mansyodo.jp/
ぐるりす(ケーキ・甘味)TB:0CM:3
コメント

甘栗界のメルセデスベンツ!!
なんと言う名言(笑)
芝居からご馳走してもらう時間から
何もかも狙いすましてからー!(笑)
えむつきー #-|2011/01/21(金) 10:22 [ 編集 ]

ほんと、名言だ(笑)
お餅の香ばしさが漂ってきそうです。
おいしそ~。
れんげ #-|2011/01/21(金) 14:16 [ 編集 ]

> えむつきー
 メルセデスベンツ、去年から多用してます(笑)
 インパクトありすぎて使えるのは1回だけ?今年は違う例え考えないと~
 千円の甘栗は、狙いすましの価値アリでしょ♪

> れんげちゃん
 ご無沙汰~っ。まさか寝込んでおられたとは思いもよらず・・・
 今は甘栗ドカ食いどころじゃないわね(涙)
 一日も早く、食べるの大好きれんげちゃんが復活しますよーに。
ほいほい #-|2011/01/21(金) 20:33 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokobato.blog45.fc2.com/tb.php/821-00869a56

最近の記事+コメント

最近のコメント

データ取得中...

CalendArchive

FC2カウンター

since 2008.4.15

ぷらぷら本棚Ver.2

以前の本棚がなぜかログインできなくなり、泣く泣く新しく立ち上げました。

Copyright(C) 2006 神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。