神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。

お金はないけど暇はあるぞっ! 阪神間(夙川・苦楽園・芦屋・神戸などなど)のおいしいグルメ&ランチ情報や暮らしの中のプチ発見を綴ります。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ほいほい

Author:ほいほい
家に引きこもっているのがたまらなく好きな
ひきこもり女。
でも、このところの恐ろしい体重増に、
さすがの私も動かなまずいと焦り気味・・・
「とにかく動けば痩せるらしい」と
どっかで聞いたし
ダラダラ生活から抜け出すことが目下の目標!!

お買い物はこちら

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ぷらぷら内検索

■スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

■七月大歌舞伎 @大阪松竹座

2010/07/16 08:09

 あっと言う間に7月。5月に申し込んだ『七月大歌舞伎』の当日がやってきました。前回は5月に同じ場所で、團十郎・菊五郎という豪華二大歌舞伎役者の競演を楽しんだばかり。こちら、7月大歌舞伎は関西の恒例だそうですが、東京・歌舞伎座が立て替え工事をしているお陰で、ココ道頓堀の松竹座でも頻繁に楽しめるな~♪

歌舞伎

 今日は「遅刻するかも」と言う夫を残し、ひとりでさっさと松竹座入りするつもり。何せ、この日の座席は前から8番目のど真ん中!遅れて入って目立つのはご勘弁だわ~。っと思ってたら、夫も悪目立ちするのがよほど嫌だったのか、大急ぎで仕事を切り上げて時間前にミナミにやって来ました(笑)。お陰さまでめっちゃいいお席で、じっくりみっちり歌舞伎体験ができました。大丸カード、万歳!

歌舞伎

 我らは16時からの夜の部。演目・出演者などは下記の通り。最初の人間浄瑠璃の『双蝶々曲輪日記』がかなりの大物。ちょうどココ大阪・ミナミを舞台にした物語で、四幕構成でみっちり歌舞伎の世界を堪能できます。相撲取り役で出演していた染五郎、若いだけあって全幕通しの大活躍。最後のいいところは仁左衛門に全部持っていかれてたけどね~。いやいや、出演者誰ひとりとっても、かなり素敵で輝いていました!染五郎はその後も出っぱなしで、現代劇風の『竜馬がゆく』もかなり楽しめた♪16時からはじまって、松竹座を出たのが21時だから・・・なんと丸5時間の舞台。すごいな。

 一、『双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)』
    井筒屋・米 屋・難波裏・引 窓

    南与兵衛後に南方十次兵衛  仁左衛門
    藤屋都後に女房お早  孝太郎
    濡髪長五郎  染五郎
    山崎屋与五郎  愛之助
    藤屋吾妻  春猿
    三原伝造  段治郎
    平岡丹平  猿弥
    おせき  吉弥
    母お幸  竹三郎
    放駒長吉  翫雀


 二、『弥栄芝居賑(いやさかえしばいのにぎわい)』
    道頓堀芝居前


 三、『竜馬がゆく(りょうまがゆく)』
    風雲篇
 
    坂本竜馬  染五郎
    武市半平太  愛之助
    西郷吉之助  猿弥
    寺田屋お登勢  吉弥
    おりょう  孝太郎
映画・演劇・本などTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokobato.blog45.fc2.com/tb.php/710-c1a4e987

最近の記事+コメント

最近のコメント

データ取得中...

CalendArchive

FC2カウンター

since 2008.4.15

ぷらぷら本棚Ver.2

以前の本棚がなぜかログインできなくなり、泣く泣く新しく立ち上げました。

Copyright(C) 2006 神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。