神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。

お金はないけど暇はあるぞっ! 阪神間(夙川・苦楽園・芦屋・神戸などなど)のおいしいグルメ&ランチ情報や暮らしの中のプチ発見を綴ります。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ほいほい

Author:ほいほい
家に引きこもっているのがたまらなく好きな
ひきこもり女。
でも、このところの恐ろしい体重増に、
さすがの私も動かなまずいと焦り気味・・・
「とにかく動けば痩せるらしい」と
どっかで聞いたし
ダラダラ生活から抜け出すことが目下の目標!!

お買い物はこちら

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ぷらぷら内検索

■スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

■六甲山 de 真冬の氷瀑体験

2010/02/09 08:20

六甲山

 「寒~い!」っとあっちこっちで声が聞こえてくる昨今、いかがお過ごしでしょうか?引っ越し先にも概ね慣れてきましたが、寒さだけにはどうにもこうにも苦労しております。前の家の密閉度がよほど高かったのか、冬場の暖房器具はコタツのみで何年も過ごしてきたんです。友達が「寒い」と連呼するのを聞いていて、私は寒さには強いのだ!っとひとり勝手に思いこんでおったほど。んが、引っ越してからと言うモノ、暖房器具を増やしても増やしてもまだ寒い~~っ。みんなの気持ちがやっとわかった。日本の冬は寒かったんだ。昨日などは、なかなか温風が出てこないエアコンを恨めしく睨みつけながら就寝。朝も耳が冷え冷えで寝起きが悪かった~~(←寒い箇所が具体的)

六甲山

六甲山

 っと、寒さ対策に奔走する私を横目に、夫が「寒い時には裏六甲だ!」っとイミフメイ発言。目も異様なほどギラギラしとる。いや、意味は私にもわかってます・・・気温が下がれば、日射の少ない裏六甲の滝水がつららとなり氷となり、驚異的な自然の美を目の当たりに出来るという塩梅。それは確かにこの極寒時期ならでは。それにしても、しかし、だって、家にいても指先が冷たいこんな日に、何でわざわざ裏六甲へ凍ってる滝なぞ見なくてはならないのか・・・っという嘆きも届かず、夫はアイゼンの準備やらで大忙し~!

六甲山

六甲山

 ヌクヌクの車で、一路有馬温泉へ。六甲と有馬を結ぶロープウェー、有馬温泉駅付近で車を停めて山へ入ります。完全シーズンオフのこの季節、ロープウェーの駅もリニューアル工事中。しかし、工事規制などモノともせず、山好き軍団は大挙して六甲山を歩いてるんですね、これが。私達が入り口付近に到達した頃には、ひと山超えて下りてくる大量の人々とすれ違いました。狭い道はあっちこっちで大渋滞の様相で、この調子なら遭難する心配は・・・ま、ないな。いや~、さすがは裏六甲、寒さも違いますとも。今までに降り積もった雪も、この寒さでとける機会を逸しているようです。すごい人数のハイカーに踏み固められて、ふわふわだったとおぼしき雪も今はカチカチで氷みたい。目指す「百間滝(ひゃっけんだき)」に向かう途中、道幅も狭くツルツルになっている足下を見て、遂にアイゼンの出番がやってきました。過去3回、この氷瀑見物ツアーを敢行しておりますが、アイゼンが登場したのは今回が初めて。夫は何度も使っているようですが、私のはピカピカブランニュー!装着の仕方もわからず、寒い中でしたが一汗かきました(笑)

六甲山

六甲山

 そう、寒い寒いと言いながらも、山を登っていると体の中からホット×2。じんわり汗も滲んできます。フリースとウールが二重になった、重装備な手袋など暑くてしてられません。ダウン入りのベスト、長袖のフリースなど道中どんどん脱ぎながら進んでおりました。左側は断崖絶壁?!ってなスリル満点の山道を抜ければ、今回の目的地である「百間滝」に到着~!途中「凍ってないらしいよ~」という同胞ハイカーの会話を耳にしておりましたが、いやいや、なかなかの氷瀑ではありませんか~♪ぐわーっと仰ぎ見る規模の大きな百間滝ですから、あちらこちらで氷柱が立派に出来てます。うわ~、すごい。やっぱり嫌々ながら来てよかった。自然が作り出す作品は、やっぱり幻想的で美しい。体が震えるくらいの感動でした。ってか、寒~~い。道中に軽装化した格好そのままで滝を見ていると、あっと言う間に寒さが身にしみる。感動で震えてるんじゃなくて、まじ、寒くて震えてるのよね、私達。即、重装備に戻しました(笑)

六甲

六甲

 前回は眼前の百間・似以滝を拝みつつカップラーメンを頂きましたが、今回は時間も遅くカロリーメイトみたいな味のするマフィンで我慢しました。何か食べないと気が済まない(笑)。そう、もう夕方4時に近付いています。氷瀑をデジカメにおさめまくって大満喫した夫も満足そうだし、サッサと有馬へ戻りませう。

六甲山

六甲山


 っと誰もいない道を川下りしていると、前から元気のいいおじさんが「アイゼンはうっとおしいな~!でもないと困るしな。わはははっ!」っと岩壁をひょいひょい歩いて通り過ぎました。こんな時間から氷滝見物へ向かうのかぁ、余裕ですなぁ、っとしみじみ感心していたら、夫が「ま、楽々コースやからな」なんてバカにした顔で言い捨てます。いや~、私にとってはハード極まりなかったんですけど。

六甲山

六甲山

 厳しい坂がダラダラ続く箇所もあったし、難所(私的に)では大木に超えてから進んだり・・・加えて寒いし凍結してるし。う~む、山好きには「ちょっくらフラッとしてみるか」的立ち位置のコースなのかな。私には真似できない、ってかしたくない(笑)。それにしても今日はなかなか楽しかった~。やっぱり来てみて正解♪
風景TB:0CM:5
コメント

絶景巡りが趣味というお知り合いが、去年この滝を見に行ったらしく、証拠写真を見せてもらいました~。
滝が凍る、ってなかなか無いみたいですね。
寒いところに住まいしている私は、写真で充分かも(笑)
れんげ #-|2010/02/09(火) 09:15 [ 編集 ]

ハイキングには連れ出されてる私だけど
冬山はさすがにないなぁ。
お断りさせていただいてますし(笑)
毎年こちらの写真で楽しんでおります☆
えむつきー #-|2010/02/09(火) 09:44 [ 編集 ]

> れんげちゃん
 絶景巡りですか~。なかなか粋な趣味をお持ちのお知り合いですな。
 世界の絶景など「こんなトコいけない!」って世界の果て
 みたいな場所、テレビで見るだけで十分だもんね(笑)

> えむつきー
 この日も、えむつきーに会わないかなぁって少し期待してた(笑)
 おっちゃんおばちゃんに混じって、若者のトレッキングも増えたよね!
 いつか山で会いましょう~
ほいほい #-|2010/02/09(火) 20:40 [ 編集 ]

行きたかった!e-258
普段履きに成り下がったトレッキングシューズがないてます。
りばまーい #-|2010/02/10(水) 12:22 [ 編集 ]

> りばまーい氏
 りばまーいさんがトレッキングシューズ買ってから
 確かに山に行く機会が激減してますなぁ・・・
ほいほい #-|2010/02/12(金) 08:33 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokobato.blog45.fc2.com/tb.php/592-62392d83

最近の記事+コメント

最近のコメント

データ取得中...

CalendArchive

FC2カウンター

since 2008.4.15

ぷらぷら本棚Ver.2

以前の本棚がなぜかログインできなくなり、泣く泣く新しく立ち上げました。

Copyright(C) 2006 神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。