神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。

お金はないけど暇はあるぞっ! 阪神間(夙川・苦楽園・芦屋・神戸などなど)のおいしいグルメ&ランチ情報や暮らしの中のプチ発見を綴ります。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ほいほい

Author:ほいほい
家に引きこもっているのがたまらなく好きな
ひきこもり女。
でも、このところの恐ろしい体重増に、
さすがの私も動かなまずいと焦り気味・・・
「とにかく動けば痩せるらしい」と
どっかで聞いたし
ダラダラ生活から抜け出すことが目下の目標!!

お買い物はこちら

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ぷらぷら内検索

■スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

■09夏旅 長野・上高地編 Vol4

2009/08/05 08:00

ニホンザル

 嗚呼、今回はどこへ行っても雨に祟られた旅でした。上高地での目覚めは何かが違う!はず?っとワクワクしていたものの、朝からどっしゃ降りの雨で誉れ高き梓川はタダの濁流と化している。早朝6時半にホテル主催の「お目覚めバードウォッチング」に参加を予定してたけど・・・この大雨じゃ、小鳥たちも沈黙ですわな。ってなコトで、参加をキャンセルし、夫とふたり傘を持って周辺をぶらぶらしてみました。

ニホンザル

 「雨の河童橋」「雨の穂高連峰」なぞと無表情につぶやきつつ、とりあえず霧にけぶる名所をデジカメにおさめます。夜明けとともに北アルプスを目指したアルピニスト達が、野宿をしたであろうビジターセンター周辺にも行ってみるも収穫なし。トボトボと帰路につく途中、ホテルの脇をひょいっと曲がった角に穂高連峰を見渡すもうひとつの絶景ポイントを発見!ってか、皆はとうの昔にご存知とみえ、大掛かりな撮影隊までおりました。絶景と撮影隊を交互に見るともなく眺めていると、足元をサッと駆け抜ける物体・・・あ、サルだ!ニホンザルだ~!

ニホンザル
“木に登って実を食べています。この後さらに欲張って先の実を採ろうとして木から見事に落ちていました (*^.^*)”

 以前は滅多見ることが出来なかったらしい野生のニホンザルですが、近頃は人慣れして里へと降りてきている様子。環境省の必死の呼びかけにもかかわらず、心ない観光客が餌付けをしたりして・・・野生の本能が失われ、厳しい冬を越せなくなってはサルにも悲劇。餌付けは絶対ダメダメです。それより、おサルくん&おサルちゃん達の仕草がかわいくて、しばし、時を忘れてサル観察。私に凝視されても、知ら~んぷりでお食事に勤しむ彼ら。キノコやら木の葉をガツガツ、無心になって食べておられました~。あぁ、やっぱり動物ってカワイイ。癒される。

ニホンザル

徳沢園


 一旦ホテルに戻って朝食を頂いた後、観光客の混雑が比較的少ない「明神池」ルートを歩くことに。河童橋から約4km。普通に歩けば1時間強で行ける距離ですが、木道をゆっくり歩いたり、景色を見たり、草花の写真を撮ったりしていると・・・2時間以上もかかってしまいました(笑)

ニホンザル
“明神岳”

ニホンザル
“明神池から望む明神岳”

ニホンザル
“光の加減でうまく逆さに”

 いくら何でもかかりすぎや!っとひとりノリツッコミをする夫でしたが、明神池・明神岳の撮影にはまた更に時間を食ってますけど~。ま、どの景色も神々しくこの世のものとは思えないほど幻想的。何も急ぐことはないし、ゆっくり思う存分に上高地を堪能すればいいよね♪

徳沢園
“明神橋”

徳沢園
ル・コパン
乗鞍では一押しのパン屋さん 158沿いにも2号店が出来ました”

 明神橋のたもとで休憩タイム。お菓子や乗鞍で買った『ル・コパン』のパンなどを食べたら、次は夫が是非とも訪れてみたかったという「徳沢」に向かいます。明神から更に3km奥地にある徳沢には、氷壁 (新潮文庫)にも登場する有名な「徳沢園」がある場所。その小説のことも氷壁にも全然興味ないけど、ミーハーな私としては一度は見ておくべきか否か。っと、正直どっちでもいい気分でスタートしたウォーキングでしたが・・・

徳沢園
“とぼとぼ (ToT )( ToT)”

徳沢園
“明神から徳沢の中間点くらいの古池”

徳沢園
“軽くこんなとこを渡渉”

徳沢園
“梓川上流 はこんな感じで大きく蛇行しています”

 歩き始めてすぐ、徳沢方面からこちらへ帰ってくる人々の多さは「何事?!」の域。それもかなり本格的な、ガッシリした山装備で。比較的若い男子が多いとはいえ、老若男女カラフルなカッパに大きな荷物が印象的。夫が言うには「山に入って帰ってきた人らやろう」とのこと。テント持参で厳しい北アルプスの山々を制覇し、ようやくご帰還された方々かと思うと「お疲れさまでした」とひとりひとりに握手を求めたいくらいでした。こんな雨の中でも、晴れ晴れした表情で帰ってくるアルピニストの方々、挨拶してくださるお声も爽やかでと~ってもステキでした。大自然の美しさ厳しさを体感できる彼らに大いなる憧れはあるけど、ちょっとした坂道にもゼーゼー言ってる私にはどう転んでも到底無理な世界・・・ま、次生まれ変わったら山好きにでもなるか。覚えておこう(笑)

徳沢園
“キツリフネ”

徳沢園
“ヤマホタルブクロ”

徳沢園

 期待いっぱいだった「徳沢」は、思っていたほど劇的に美しい場所ではなかったけど、有名な「徳沢園」でカレーうどんを食べて大満足。知らない間に体が冷えていたので、うどんのダシも最後の一滴まで完食(笑)。温まりました~。昭和初期まで牧場だったという場所は、現在、アルプスを目指す人々のキャンプ地として利用されていました。テントの中、くつろいだ風情で読書を楽しむ方もいて、何とも素敵な時間の過ごし方をされているなぁ、っとまた羨ましくなりました。実は悪天候に足止めされ、迷惑しているだけかもしれないけど(笑)

徳沢園
“徳沢園に到着。この雨の中テントが張られています”

徳沢園
“氷壁のお宿 徳澤園”

徳沢園

 帰りもまたゆっくりのんびり、あっちこっちに寄り道しながらこの日は往復14kmを歩きました。昨日まで痛くて仕方がなかったふくらはぎも、今日は慣れてきたのか快調♪天気はあまりよくなかったけど、何とも実りのある一日を過ごせたなぁ~と思った一日でした。←小学生の日記みたいになってます(笑)。そうそう、とりあえず井上靖の『氷壁』は読まなくちゃね!

徳沢園
“帰り道 明神で発見 カルガモ親子 この時期ならでは (゚▽゚*)ニパッ♪”
旅日記(国内)TB:0CM:2
コメント

明神岳に明神池、徳沢…
このシリーズが始まってから、旅のパンフかるるぶを読むように熟読させて頂いてます☆

マイナスイオン届いてるヨ。脳内マイナスイオンが出てます(笑)←素直過ぎ!

木々の中をゆっくり歩く…いいなぁ!
お天気がいまひとつとはいえ、こんな素敵な景色や花々や動物達…ゆっくりじっくり歩きたくなるんだろうな。←素敵な時間の使い方してるヨ!!
私も小学生の時、学校の行き帰りに木や花を見たり、勝手に人ん家の庭入って草花採ったり(←スミマセン)してたの思い出しました☆
ともとも #-|2009/08/05(水) 09:34 [ 編集 ]

> ともとも
 お付き合いありがとね~~♪
 脳内イオンまで放出してくれて、めちゃ感激ですわ。
 いよいよ終盤になってやっと晴れたよ!ホッ。
 ずっとおすぎ氏のせいにしてたけど、雨女は実は私だったりして~
 勝手に人の庭にまで侵入していくともともだから(笑)
 山のリゾートがいまだにお気に入りなのね。私も草花に目覚めた!
 
ほいほい #-|2009/08/06(木) 11:04 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokobato.blog45.fc2.com/tb.php/447-b20fe713

最近の記事+コメント

最近のコメント

データ取得中...

CalendArchive

FC2カウンター

since 2008.4.15

ぷらぷら本棚Ver.2

以前の本棚がなぜかログインできなくなり、泣く泣く新しく立ち上げました。

Copyright(C) 2006 神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。