FC2ブログ

神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。

お金はないけど暇はあるぞっ! 阪神間(夙川・苦楽園・芦屋・神戸などなど)のおいしいグルメ&ランチ情報や暮らしの中のプチ発見を綴ります。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ほいほい

Author:ほいほい
食べること大好きだけど決して鋭い舌の持ち主ではない
評価は激甘、書いてることは気分次第(笑)
なもんで、テキトーにお付き合い頂ければ嬉しいです

お買い物はこちら

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ぷらぷら内検索

■市街地が一望!神戸・高取山ハイキング

2021/04/02 07:00


高取神社から荒熊神社へ
左手には市内の景色を一望

 今日は、突如として山登りに開眼した甥っ子1号くんと3人でハイキング。イヤなもんはイヤときっぱりした性格の2号くんは不参加(笑)でした。ひとりやる気満々の1号くんとはいえ、山デビュー戦で「もう二度と行きたくなーい!」ってトラウマになるほどハードなのはあかんし(そもそも私が付き添えない)、楽すぎて屁みたいなのもつまらんやろし・・・と、熟考に熟考を重ねた末(夫が)神戸の長田区にある「高取山(たかとりさん)」に決定しました~。パチパチ!アラ還の伯母も、しょっちゅう登ってる安全コース。そして六甲山系ではレアな単独峰なので、標高が低い割には市街地の絶景が堪能できるという。めっちゃコスパの高い高取山なんです。とはいえ、初山登りの1号には若干の不安はあるけど、ま、親も弟もいない完全アウェーできっと根性見せてくれるはず(←ええかっこしい)

ハイキングコースは大半が参道
地元の方には「毎日登山」としてお馴染み


こんな高所に猫ちゃんがいっぱいいるんです
決して、追い詰めて怖がらせてるわけではありません(汗)

 登山口はたくさんあるそうですが、我らは長田区の高取台中学校辺りまで車でビューンとやって来ました。ここからしばし住宅地を歩けば、高取神社の参道にたどり着くので道に迷う心配もなし。週末で家族連れやハイキングの方がたくさんいたしね。参道は階段が多いけど、長田のパワースポットと呼ばれるのも納得の頻度で祠が出現。氏神様、赤鳥居、お地蔵様に足を止め、いちいち合掌しては深々~っと下げる1号くん。ママ(義姉)が高所恐怖症だと心配してたけど、お参りに忙しくて、多分高所ってことにに気づいてなかったっぽい(笑)信心深い小5男子だったわ。

ここからは神様の領域


急階段だけど絶景を堪能してたらあっという間
ぜんぜん疲れない不思議な階段(笑)

 祠にお参りしたり、有名な茶屋をのぞいたりしつつ参道をの登っていくと、いよいよ高取神社の「神域」に突入。そこからはさらに急こう配の階段が続きますが、がんばって登り切ると神々しいまでの絶景が広がる境内に到着。ここは「神戸らしい眺望景観10選」にも選ばれているほど。すぐ目の前には神戸市街地と果てしなく続く真っ青な水平線、左手には大阪平野や関西空港までも見渡せます。ゴージャスすぎる。これは達成感が半端ない。ここまであっという間で、1号くんも疲れるどころか有料(100円でした)の昭和な望遠鏡を覗きたいと夫に訴えるも失敗。余裕ですがな。私の方が感動して「よくがんばった~~」って、頭よしよしの刑にしたらめっちゃ嫌がられたし(笑)

おつかれさま~
ゴールの高取神社境内に到着


さらに階段を上った奥の宮

 境内でお参りを済ませたら、さらに階段を上った奥の宮と高取山頂の碑もチェック。その後、少し西に稜線を歩くと(六甲縦走のコースになってる)数分で荒熊神社に到着。等間隔に並ぶ赤鳥居と須磨側の絶景を見下ろすという、これまた超絶のスペシャル映えスポット。すごいな~。標高は低く328mとのことですが、この天空っぷりは実際の感覚を軽く超えてます。こんな贅沢な絶景スポットで、義姉が持たせてくれたお弁当でランチタイム。幸せすぎる~。パワースポットに絶景がプラスされたお得な高取山は、文句言いの小5男子にも「楽しかったー!」と言わしめるコース。めちゃくちゃおすすめです。こうして甥っ子1号くんの山デビューは無事成功。また違う山にも付き合ってくれるんかな?

義姉の手作りお弁当タイム
竹の皮に包まれていい香り~


長田のパワースポット「たかとりさん」でした
トレッキングTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokobato.blog45.fc2.com/tb.php/2323-50f77afd

最近の記事+コメント

最近のコメント

データ取得中...

CalendArchive

FC2カウンター

since 2008.4.15

Copyright(C) 2006 神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.