神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。

お金はないけど暇はあるぞっ! 阪神間(夙川・苦楽園・芦屋・神戸などなど)のおいしいグルメ&ランチ情報や暮らしの中のプチ発見を綴ります。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ほいほい

Author:ほいほい
家に引きこもっているのがたまらなく好きな
ひきこもり女。
でも、このところの恐ろしい体重増に、
さすがの私も動かなまずいと焦り気味・・・
「とにかく動けば痩せるらしい」と
どっかで聞いたし
ダラダラ生活から抜け出すことが目下の目標!!

お買い物はこちら

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ぷらぷら内検索

■スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

■山口観光してきました

2016/01/26 07:00

 大寒波襲来!積雪!ってテレビではやってますが、こっち(阪神間)は全く雪の気配なく窓から外を眺めているぶんには穏やかです。ただ、めちゃめちゃ寒いですが~。昭和レトロな我が家は、起きたら気温が7度台でした。もちろん今シーズン一番の低温。祖母の生まれ故郷は115年ぶりの雪に見舞われ、山口県も雪の被害が報道されてましたね。内陸は時に積雪もあるにはあるのですが、我らがここを訪れた12月半ばはまだ暖冬で風さえなければコート不要なくらい。萩市内の主要な観光地はもう飽きるほど行っているので、今回は萩市のお隣の長門市まで足を伸ばしてみました。父ら3兄弟の母校があったりして、日本海に面した風光明媚で静かな田舎町でした。

かねこ
油谷にある元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)
鳥居の先にある断崖「龍宮の潮吹」は国の天然記念物に指定されている絶景スポット

かねこ
断崖に沿って100m以上も続く赤い鳥居が圧巻!
アメリカCNNの「世界の絶景31」に選ばれたんですって~

かねこ
高さ5mの鳥居上部についてる賽銭箱って入りにくいことこの上ない(笑)
夫のホールインワンにギャラリーから拍手~!

かねこ
東後畑棚田、5~6月の漁り火と水田の調和の美しさは息をのむ絶景だとか

かねこ
童謡詩人の金子みすゞが幼少期を過ごした仙崎地区の金子文英堂跡地

かねこ
心をうついくつもの詩が生み出された場所
長い年月埋もれていた作品達は、文学者矢崎節夫氏により世に送り出されました

かねこ
金子みすゞモザイクプロジェクト
昨年の生誕100年を機に仙崎の名産「かまぼこ」の板を使用

かねこ
すごい大きい作品達
旅日記(国内)TB:0CM:4
コメント

ほんまは寒い12月やけど、あったかい時に訪れてよかったなぁ~
寒かったら日本海傍の鳥居のした100m歩くの辛いし、手かじかんでホールインワンも出来なかったかも?!
金子みすず!!若くして世を去ったのが惜しいよね
みすず #-|2016/01/26(火) 11:41 [ 編集 ]

> みすず
 おはようー(^^)/
 ホンマやな。昨日までの寒さやったら、こんな見るからに寒々しい風が吹く所
 断崖まで下りる気にもならへんところやったわ~
 「風強い」って嬉しそうに自撮りの画像までSNSにアップしてたしな(笑)
 そう、金子みすず。ここで彼女の生涯を知って涙が出たわ。
 何でこんなに才能があって頭のいい人がって。生まれたのが現在ならよかったね。
ほいほい #-|2016/01/27(水) 08:29 [ 編集 ]

赤い鳥居、京都の伏見稲荷とならんで人気スポットらしいですね。
なんで人気か、不思議です〜
れんげ #-|2016/01/28(木) 08:09 [ 編集 ]

> れんげちゃん
 伏見稲荷に比べると、ものすごーい僻地だけど(笑)
 でも見る価値ありだから、冒険好きな外人さんには逆にたまらないのかもね(^^)
ほいほい #-|2016/01/28(木) 08:30 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokobato.blog45.fc2.com/tb.php/1939-50809229

最近の記事+コメント

最近のコメント

データ取得中...

CalendArchive

FC2カウンター

since 2008.4.15

ぷらぷら本棚Ver.2

以前の本棚がなぜかログインできなくなり、泣く泣く新しく立ち上げました。

Copyright(C) 2006 神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。