神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。

お金はないけど暇はあるぞっ! 阪神間(夙川・苦楽園・芦屋・神戸などなど)のおいしいグルメ&ランチ情報や暮らしの中のプチ発見を綴ります。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ほいほい

Author:ほいほい
家に引きこもっているのがたまらなく好きな
ひきこもり女。
でも、このところの恐ろしい体重増に、
さすがの私も動かなまずいと焦り気味・・・
「とにかく動けば痩せるらしい」と
どっかで聞いたし
ダラダラ生活から抜け出すことが目下の目標!!

お買い物はこちら

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ぷらぷら内検索

■スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

■夏旅その12 長野・霧ヶ峰

2014/09/18 07:00

夏旅12

 エアコンの名前になっちゃうほど、そのワードだけで爽やかな気分になれそうな霧ヶ峰。あ、そうか、ここが霧ヶ峰なのかあとやけにしみじみ。遠くへ来たもんだなあ。標高1600mにある「八島ヶ原湿原」は、中でも外せない観光スポットのひとつ。特に多くの植物や生物が観測可能なこの季節は、朝イチから駐車場争奪戦が繰り広げられるそう。なので、頑張っていつもより早起きし、ビーナスラインをひたすら走り続けました。途中から、トイレがどこも有料になっていく・・・貴重な自然環境の保護と、高地であるがゆえののっぴきならない事情。とりあえず、あまり水分を取らないようにしーよー(←ムリ)

夏旅12

 無事、湿原隣接の駐車所に入れることが叶いホッと一安心。でもお天気が・・・いまいちよくない感じ。一昨日の北横岳登山での反省を踏まえ、雨具と防寒の用意はしっかりと。前日に購入したばかりのレインコートを張り切って持参してます。出番があるといいな~♪靴は相変わらず町歩き用のスニーカーでダメダメですが、足場は比較的整備されているらしいので大丈夫。だと思いたい。

夏旅12

夏旅12

 あれこれ言いながら、小さなトンネルをくぐった先にひらけた視界思わず言葉を失いました。ものすごい広大な池があったとおぼしき平らな一体に水苔がびっしり。約1万年前の火山活動でできた溶岩のくぼみに水がたまり、気の遠くなるような長い年月をかけ水生植物たちが自生。日本の湿原としては南の限界だそうですが、冷涼な気候で植物が腐敗しないで一年に1ミリづつ堆積をする泥は8mに達するとか。すごいなー。もちろん国指定の天然記念物。

夏旅12

 学術的にも大変貴重な湿原の周囲は、ぐるっと一周完全に整備されていて散策しやすかったです。時々、木道の架け替え作業も行われていて、雨の中ごくろうさまですと心の中で感謝しておりました。そう、また雨です。長野に来てから、快晴→曇天→雨までの変わり身の早さに驚きっぱなし。「え?」「ん?」「わ、雨か?」みたいな・・・天気の変化に全然ついていけない我ら。研究者っぽい一団は、皆さん、カメラを保護しレインコートの上下を着込む一連の流れが美しい。慣れたもんだ(笑)

夏旅12

夏旅12

 途中、湿原を離れて車山へ向かうトレッキングコースへ。緩やかな登り坂の周囲は、珍しい高山植物が咲き乱れてホント爽やか~。その中でもひときわ貴重なニッコウキスゲを撮影しようと頑張ってましたが、後から「これ違うくない?」と気付いた時すでに遅し。同じなのはその花びらの色だけという名前も知らない花の画像がいっぱい(笑)ま、恥ずかしいから黙ってたけど。自分たちがさっきまでいた湿原地帯を眼前に見下ろすスポットまで到着するや、濃厚な霧が覆い被さり視界が文字通り真っ白に。ああ、また天気が変わる・・・

夏旅12

夏旅12

 雨の八島ヶ原湿原を離れ、次に向かったのは「美ヶ原」。信州と言えばの言わずと知れた絶景地です。標高2000m近い大草原では、牛がのんびりと過ごす牧歌的風景が広がっていました。視界は広く地平線まで見えそうなほどおだやかながら、体感的にはとにかく凶暴なまでの風。この日は本当に風が強くて強くて、風力発電してたらものすごいエネルギーを生み出してるはず。そんな暴風の中、遠くに見え隠れする「王ケ頭ホテル」を目指してひたすら歩きました。

夏旅12

夏旅12

 っと言っても大した距離があるワケじゃないけど、牛とか見てたら気が紛れたけど、整備された砂利道は何となく退屈でした。しかもゴールのホテルに到着するや、また視界が霧で真っ白になったし。霧に祟られまくり~、とほほ。雲上のホテルと言われるだけあって、こんな標高の高い山のてっぺんによく造ったなあと感心しました。宿泊できたらそれはそれは貴重な体験になりそう。が、我らはレストランでコーヒー+ブルーベリーマフィンを頂き、冷え切った体を温めてもらって退散。待っても待っても霧は晴れることなく、美しいであろう景色を妄想だけでひとまず満喫。それにしてもすご過ぎるぞ長野県!こんな壮大なスケールの引き出しを、いっぱいいっぱい持ってる県民にちょっとだけジェラシーを感じた一日だったのでした。

夏旅12

夏旅12
旅日記(国内)TB:0CM:3
コメント

なんと自然だらけだこと!
山の天気ってほんとに「え??」ていうことに
なるよね…。時期的にも多発時期かもね。
霧ヶ峰。
実家のエアコン霧ヶ峰だわ(笑)
こうしてみると日本て自然だけじゃないし
都会だけじゃないし、なかなかいいバランスかも!
と思ってみた♪
えむつきー #-|2014/09/18(木) 11:29 [ 編集 ]

ガイドブックつくれるなぁ!!長野&蓼科 「大自然を満喫そして胃袋も大満足」
一冊 なんぼにする~??ρ( ^o^)b_♪♪
みすず #-|2014/09/18(木) 15:01 [ 編集 ]

> えむつきー
 おーはよー(*^_^*)かなり秋になってきたねー
 この自然だらけの風景、また今は違う表情を見せてるんだろうな。
 お、三菱エアコン霧ヶ峰ですね!実家も家電ほとんどが三菱だったりする中、
 エアコンももちろん霧ヶ峰(笑)もう20年くらい使ってるわ~
 長野はいいよね。もうちょっと近ければなあ・・・

> みすず
 へへ、購入者はみすずだけとみた(笑)出版のあかつきには差し上げるわ~
 最後の画像、奥にちょこっと富士山が見えてん!!!
 雨に遭ったり霧に遭ったり大変な一日やったけど〆に富士山見られて大満足♪
 
ほいほい #-|2014/09/19(金) 08:30 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokobato.blog45.fc2.com/tb.php/1660-83b602e3

最近の記事+コメント

最近のコメント

データ取得中...

CalendArchive

FC2カウンター

since 2008.4.15

ぷらぷら本棚Ver.2

以前の本棚がなぜかログインできなくなり、泣く泣く新しく立ち上げました。

Copyright(C) 2006 神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。