神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。

お金はないけど暇はあるぞっ! 阪神間(夙川・苦楽園・芦屋・神戸などなど)のおいしいグルメ&ランチ情報や暮らしの中のプチ発見を綴ります。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ほいほい

Author:ほいほい
家に引きこもっているのがたまらなく好きな
ひきこもり女。
でも、このところの恐ろしい体重増に、
さすがの私も動かなまずいと焦り気味・・・
「とにかく動けば痩せるらしい」と
どっかで聞いたし
ダラダラ生活から抜け出すことが目下の目標!!

お買い物はこちら

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ぷらぷら内検索

■スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

■お茶会@大阪城西の丸庭園「豊松庵」

2014/05/16 09:15

大阪城

 無趣味かつ根性なしの私が珍しく茶道(もどき?)だけは続いているのを見て、本格的なお茶会に誘ってくれたれんげちゃん。お茶を習っていると言っても、指導してくれる先生はおらずほぼ遊びみたいなもので。当初はムリムリムリっと激しくご遠慮申し上げたモノの、彼女の「座ってるだけでOKだから」とか「事前に練習するから」あと「博物館級に貴重な茶道具が見られるから」等々の説得にゆるゆる屈しました。各種の絶妙なポイントをつき、いろいろな角度から攻め落とす術を持つれんげちゃん。交渉力ってやつ?また彼女の新たな一面が垣間見られました(笑)

大阪城

 本当に事前に我が家でお茶を頂く練習をし、れんげちゃんからいろいろ教わりつつ臨んだ当日。お茶会の会場は、大阪城の西の丸庭園内にある茶室「豊松庵」。西の丸庭園もよく耳にする有名な場所だけど、私は足を踏み入れるのすらお初の体験。豊臣秀吉の正室・北政所の屋敷があった場所とされる広大な芝生庭園からは、大阪城がいい角度で見渡せるとあって海外からの観光客にも大人気スポット。実際、どこともわからない言語が飛び交う、妙にインターナショナルな空間でした。で、そんな庭園の奥にひっそりと佇むお茶室は、茶を好んだ太閤秀吉にちなんで故松下幸之助氏が寄贈したものだとか。とにかく立派な造り。入口付近で順番を待つ方々も揃って豪華な着物姿。男性はビシッとスーツ。ああ、スカートで来てとりあえず体裁だけは保てたかな(?)

大阪城

大阪城

 れんげちゃんのお知り合いの方々とご挨拶を交わしつつ、細い廊下を抜けた立礼席のお茶室へ。L字にしつらえた椅子に20人ほどで腰掛け、亭主がおこなう盆手前を拝見する貴重な時間。慣れない空間だけに、知らず緊張して背筋が伸びる。けど、茶道具・掛け軸・お花などわかりやすく解説が入った上に、思ったより和やかな雰囲気にホッと一安心。金色と赤色を愛した太閤秀吉にちなんで、っと用意された茶道具は全て金、金、金。お茶碗はもちろん、お盆も茶杓も棗も高坏もすべて。まさか我々全員にまで黄金お茶碗で振る舞われるなんて何とも言えない不思議な気分。秀吉を取り囲むド派手でわかりやすすぎる煩悩世界と、まさに対極の詫び寂び世界がここまでうまく融合してくるとは!現代ならでは!すごくゴージャスだったのはもちろん、シックな色で統一された茶室に金色のお道具はマッチしてとても粋。心癒されるお点前、美味しい抹茶と麩饅頭を金の茶道具・・・今考えてもかなりな非日常空間でした。

大阪城

 お茶会はこれにて無事終了、かと思いきや20人ほどがぞろぞろと立礼席を出て靴を脱いで離れへと移動。うわ~!そこは、大阪城天守閣を目の前に仰ぐ広々と素晴らしく立派なお茶室でした。恭しく並べられたるは、普段は遠くから眺めることしか叶わない美術館級に貴重な品々。れんげちゃんのブログからの抜粋によると、掛け軸は狩野派による太閤秀吉の肖像画、花入にはお茶席で一番格が高いとされる青磁にこれまた一番格の高い牡丹、金の茶杓と棗は大阪城落城の際に徳川家の手に渡った黄金肩衡、お茶碗は朝鮮の井戸茶碗で御銘は常盤でお値段ナント5千万円。は~、すごい!(道具類は撮影禁止で画像は立礼席でのもの)

大阪城

大阪城

 私は知識がなくて本当によくわからないのですが、ひとつひとつ丁寧な解説を受けながら間近でじっくり見ていると、貴重なお茶碗に向かって頭からぶっ倒れる自分の想像に本気で怯えまくりました(笑)こ、こわいっ!会場には若い陶芸家の方々もいて、貴重なお茶碗に直で触れ感触を確かめておられたり。私達はそんな皆さんの様子を少し離れて眺めつつ、美しい天守閣を仰ぎ見つつ、しばしぼーっと無の時間を過ごさせて頂きました。あー、本当に楽しかった。楽しかったという言葉でまとめてしまうのは何かもったいないのですが、あの浮遊したようにも緊迫したようにも感じる時間は他では味わえないもの。そう、やっぱり楽しかったのだね!

大阪城
映画・演劇・本などTB:0CM:4
コメント

非日常な空間でしたね〜。
脈々と伝わる茶道の世界を少し垣間見たような、タイムスリップしたような気分でした。
ご一緒した方が、いつ撮影されたのか、歓談中の写真をくださいました。
私はシャッターチャンスに縁がないから、またもや半開きの目でしたが、ほいほいさんはステキでしたよ〜。
今度お持ちします^_^
れんげ #-|2014/05/16(金) 18:29 [ 編集 ]

> れんげちゃん
 本当に貴重な体験やった。お誘いありがとうございましたm(_ _)m
 どうやった?ってミサコ姉も気になってたみたいやったから、ブログ見て~
 って言っといた。雰囲気、半分くらいは伝わるかなあ?
 皆さんのお着物素敵やったねー。来年、神戸開催なら、我らも根性見せましょう(笑)
 写真、私も半目多いよ。あれ何でやろね?ありがとう嬉しいです!
ほいほい #-|2014/05/19(月) 08:23 [ 編集 ]

ゴールド!!!
うっわ~写真見るだけでも背筋が ピン!となったで。
今更やけど大阪城ええな!ゆっくり行きたい!
みすず #-|2014/05/19(月) 22:48 [ 編集 ]

> みすず
 おーはよー(^^)
 みすずは元から姿勢いいやん!でも時々は適度な緊張感ないとあかんね(笑)
 私、大阪城ってほとんど行ったことなくて。昔、シンガポールからさっちゃんの
 お友達が遊びに来て一緒に天守閣にのぼったくらいかな~
ほいほい #-|2014/05/20(火) 08:25 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokobato.blog45.fc2.com/tb.php/1577-f488b13c

最近の記事+コメント

最近のコメント

データ取得中...

CalendArchive

FC2カウンター

since 2008.4.15

ぷらぷら本棚Ver.2

以前の本棚がなぜかログインできなくなり、泣く泣く新しく立ち上げました。

Copyright(C) 2006 神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。