神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。

お金はないけど暇はあるぞっ! 阪神間(夙川・苦楽園・芦屋・神戸などなど)のおいしいグルメ&ランチ情報や暮らしの中のプチ発見を綴ります。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ほいほい

Author:ほいほい
家に引きこもっているのがたまらなく好きな
ひきこもり女。
でも、このところの恐ろしい体重増に、
さすがの私も動かなまずいと焦り気味・・・
「とにかく動けば痩せるらしい」と
どっかで聞いたし
ダラダラ生活から抜け出すことが目下の目標!!

お買い物はこちら

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ぷらぷら内検索

■スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

■春旅その3 万座温泉

2014/05/08 07:00

万座
“硫黄成分の含有量が日本一!”

 万座温泉にやってきました。関西弁は一切聞こえてこない完全アウェーの地は、まさしく遠路遙々といったところ。ここへ来るのは今回が二度目。標高1800mの高地にある希少な温泉は、まさに天空の別天地。4月だというのに、辺り一面眩しいくらいに雪だらけ。つい数日前まで標高0mの地上にいただけに、同じ日本とは思えない景色には目をみはるモノがありました。宿泊したのは『日進舘』という大型ホテル。こちらも再訪。ここの温泉を目当てにやって来る長期滞在者のために、湯治プランなるお手頃価格の設定もあるほど。湯治ってワードに、どうにもこうにも心惹かれる私達。いっそ憧れと言ってもいいくらい。

万座
“雪壁の高さが半端ない。滞在中も一度吹雪があり一晩で車が埋もれた”

 硫黄成分の含有量が日本一である万座温泉に、この弱った身体を是非とも癒してもらいましょ。湧き出るお湯は毎分3750L・・・って、それがどんな量なのか正直想像もつかないけど。とにかくすごい。とっても効きそう。っと言っても、特別どこが悪いここが悪いワケではない我ら、年齢と共にあちこちひ弱になっているような気がするだけ。1泊2食付きで、ひとり5千円代という超激安プランを事前に申し込んでおきました。恐ろしく狭いとか小汚い等々だったら、その場でプラン変更したらいっか~と気楽な気持ちでした。案内してもらったお部屋は・・・家の和室みたいな6畳間。テーブル&座椅子とテレビに小さな冷蔵庫まで完備してあり、どうせゴロゴロするか寝るだけにしては十分な環境でしょ。窓からは真っ白な雪山と、その麓には湯畑まで眺められる。窓からの視界があるだけもありがたいやないの~♪

万座
“日進舘のメインエントランス。宿の方が珍しい神戸ナンバーに驚かれてた(笑)”

万座
“5泊6日お世話になった6畳一間の湯治部屋”

 特筆すべきは何を置いてもやっぱり温泉。いや、これ目当てだから、万座旅日記の内容は温泉オンリーなんだけどね(笑)。日中は部屋で本を読んだり(10冊以上読んだ)、近所の万座温泉スキー場に行ったり(2日間すべりまくり)、周辺を散歩したりして時間潰し。あとは朝と夜の食事は、ホテルロビー階にあるめっちゃ広いレストランでバイキング料理。夜の8時から9時はホテル主催の生ライブ(ヒマだから毎日見に行ってた)。それ以外の時間は延々と温泉三昧。あー、幸せ。どんな毎日になるやろ?退屈しないかな?っと不安半分だったけど、人間楽なことにはあっと言う間に流されちゃうもんで(笑)しかもダラダラが性に合いすぎて5泊6日では全然足りないというのが感想。もっともっと居座りたかった~

万座
“24時間好きな時に入浴可能”

万座
“屋根付き露天風呂「姥苦湯」”

 長期滞在している人も多いらしく、お風呂で顔を合わせる人もお馴染み。年齢層は高めなので、私くらいの中途半端世代だとよくおばちゃんに取り囲まれます。お風呂に入る時は「お邪魔します」と声を掛け合ってるから、そこから知らない人同士で交流の輪がどんどん広がる仕組みなのですね。極力離れて入浴していても、源泉を飲んでたら「飲んではダメ!」って注意されるし、目をつぶってたら「のぼせるよ~」とどこからともなく声をかかる・・・か、監視されてる?(笑)。時々会話の輪に入ると、経済問題とか心理学とか結構高度なお話をされてるのねー。ま、時々家族のグチも含むけど(笑)。関東圏らしいようならしからぬような、限りなくアットホームな雰囲気が心地よかったな~

万座
“朝イチで誰もいない~。万座温泉スキー場”

万座
“種類も豊富なバイキング料理はついつい食べ過ぎるのが困る”

●hotel data: 『万座温泉日進舘』 群馬県吾妻郡嬬恋村干俣万座温泉 2401 Tel 0279-97-3131 Fax 0279-97-3595 URL http://www.manza.co.jp/

万座
“ホテルを一歩出たらこの幻想的な風景”
旅日記(国内)TB:0CM:4
コメント

う、う、う、わぁ~ええなぁ~写真と記事読んで瞑想して満足しとこっ! 
カメリーノでの楽しいひと時で充電出来たから母業めーっちゃ元気に活動中よ~
みすず #-|2014/05/08(木) 13:22 [ 編集 ]

> みすず
 おーはよー(^o^)
 私もー、めんどくさい家事もいまのところテキパキこなせてるわ~
 よほどカメリーノが効いてるみたい!ま、休み明けの僅かな期間だけどね(笑)
 今のうちに気になってた部屋の片付けしな~
ほいほい #-|2014/05/09(金) 08:32 [ 編集 ]

ザ、湯治なお部屋!
勝手に想像しているお部屋とほぼ違わなくてびっくり!
海辺も良いけど、こっちも良い!
れんげ #-|2014/05/09(金) 14:28 [ 編集 ]

> れんげちゃん
 おーはよー
 お、湯治の渋さ、れんげちゃんなら理解可能だと思ったわ(^o^)
 海のリゾートと比べられると思わなかったけど(笑)
 食っちゃ寝でゴロゴロ生活でやってることはまったく同じだけどね~
ほいほい #-|2014/05/10(土) 08:22 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokobato.blog45.fc2.com/tb.php/1571-56524496

最近の記事+コメント

最近のコメント

データ取得中...

CalendArchive

FC2カウンター

since 2008.4.15

ぷらぷら本棚Ver.2

以前の本棚がなぜかログインできなくなり、泣く泣く新しく立ち上げました。

Copyright(C) 2006 神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。