神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。

お金はないけど暇はあるぞっ! 阪神間(夙川・苦楽園・芦屋・神戸などなど)のおいしいグルメ&ランチ情報や暮らしの中のプチ発見を綴ります。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ほいほい

Author:ほいほい
家に引きこもっているのがたまらなく好きな
ひきこもり女。
でも、このところの恐ろしい体重増に、
さすがの私も動かなまずいと焦り気味・・・
「とにかく動けば痩せるらしい」と
どっかで聞いたし
ダラダラ生活から抜け出すことが目下の目標!!

お買い物はこちら

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ぷらぷら内検索

■スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

■昭和ブームな私達 神戸・新在家『日の出もり家』

2008/04/30 08:46

日の出もり家

“ライスソバ(そばめし)"

 昭和40年代生まれの私達ですが、ボウリングブームなる一大ムーブメントには立ち会っておらず、かつての栄光を示すマイボウル等の残骸を両親や祖父母の家で見付けるばかり。完全なる昭和の娯楽ですが、私の周りではにわかボウリングブームなんですよー。月に一度、第2金曜のボウリング研究会では必ず3ゲームを投球。その上、無料チケットだ、誕生日割引だ、っと個人プレイでもポツポツお出掛け。何年か前にはマイシューズだって買っちゃいましたから(笑)もうこの際なんでもコイ状態です。

日の出もり家

“ネギ焼き 分厚いかな"

日の出もり家

“もり家といえば たこ焼き"

 ってなワケで、今日も六甲でボウリング。古友のぱぷりか夫妻とはできうる限り毎月第1土曜日に集まろうと固く誓い合っているのですが、なかなかそうはいきません。ほんで本日。ぎゃー!わーっ!っと大騒ぎ。継続的にボウリングをしている我ら夫婦の方が点数はググーンと多い・・・はずなのですが、ボウリングなんぞ長年ご無沙汰していたぱぷりか夫妻ともいい勝負。不思議ですね。一向に上手くなる気配のない夫と私。この地団駄踏み系の奥深さが、ボウリングの魅力なのね・・・もうムリヤリ納得するしかないわーっ(涙)

日の出もり家

“揚げ餃子"

日の出もり家

“鉄板餃子"

 六甲ボウルの最寄り駅、阪神新在家にほど近い場所にある『日の出もり家』も昭和の香りただよう大衆食堂。学食や社食の雰囲気に近い広いホールも、よく満席近くまで人が入ってる人気店。ソースもの・うどん・定食など多種多様に揃ったメニューがどれもリーズナブル&ボリューミーで、ますます学食感が満点。で・も、そのお味ときたら、冷凍食品多用の学生食堂なんぞ比ではありません!美味しいです。安心です。昭和の食堂にタイムスリップです。営業が21時までなので、ボウリングの前に食堂で腹ごしらえ。お腹いっぱいになった後、夜遅くまで重いボウルと格闘する我ら・・・ホント、毎日がお気楽で幸せかも~

日の出もり家

“もっちり イカ焼き"

日の出もり家

“〆はジワンと味のしみこんだおでん"

●shop data: 『日の出もり家』 神戸市灘区友田町3-2-4  Tel 078-851-3279 open 11:00~21:00 毎月4,13,20,26日定休
スポンサーサイト
ぐるりす(和食)TB:0CM:3

■熱狂のロールケーキ 大阪・堂島『モンシュシュ』

2008/04/29 08:54

モンシュシュ


 すごい行列でお馴染みの堂島ロールは、いまどき列んで待たなければ買うことすらできません。「あ、あそこのあれ食べたいなぁ」っと急にひらめいて出掛ける私なんぞ、当然お呼びではありません。でも好きなので、ついついひらめいてしまい門前払いを喰らいます。列べばいつかは買えるんですがね・・・根性がないもので。でも今日は大丈夫!私の口の達者な友達陣の中でも、常に上位をキープするくるみが一緒。お喋りネタが尽きることがない彼女にかかれば、30分40分の待ち時間なんてヘのカッパ(←死語?)。その日持っていたアニヤハインドマーチのエコバッグ自慢などを聞いていると、案の定、体感時間3分くらいで店内へ入れました~。行列の友はやっぱりくるみに決まりっっ♪

モンシュシュ


 シンプルすぎる見た目の堂島ロールは、評判という贔屓目を差し引いても美味しそう。真ん中にはドドーンと生クリームがIN。この生クリームがまた、練乳っぽくてウマウマ。コッテリしすぎずアッサリしすぎず、丁度いい塩梅の後味。しっとり生地にマッチ、いやこれ以上に考えられないゴールデンコンビネーションなのです。そう私はこの堂島ロールが大好き。苦手な方に言わせると、中のクリームに「うっ」とか、ロールケーキなのに巻いてないやん!っと非難囂々。賛否両論、いや、98%「賛」で2%「否」。この比率がある限り、今日も明日も列ばなければいけません・・・比率逆転を心から願っている私です。

モンシュシュ


●shop data: 『Patisserie Mon chou chou』 大阪市北区堂島浜2-1-2  Tel 06-6343-1616 open 11:00~24:00(月~金)・12:00~20:00(土日祝) URL http://www.mon-chouchou.com/
ぐるりす(ケーキ・甘味)TB:0CM:9

■「チェンバロ」って何? vol.5

2008/04/28 07:40

 はてさて、まだまだ続くチェンバロ講座。たかだか楽器のひとつにすぎないのにこの奥深さ。素朴な疑問・質問などなど、朋代さん&おすぎ氏宛にバンバン書き込みしてくださいねー

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Q.ピアノとはどこが違うの?

A.さっきも言ったけど、チェンバロというのは見かけは細長いピアノのような形をしています。それもそのはずで、この楽器が元になってピアノという楽器が発明されたわけ。ただ、よく言われる「チェンバロはピアノの先祖である」という言い方は正しい部分と正しくない部分があるのよね。
 1700年頃イタリアのクリストフォリという人が、世界で初めて「フォルテピアノ」という楽器を開発したんだけど、そのときにチェンバロが元になっていたのは間違いないの。間違いないどころか初めその楽器は、gravecembalo col piano e forte(優しく、大きく鳴るチェンバロ)と呼ばれていて、「新型のチェンバロ」と思われていたほどなんです。
ただ弦を爪のようなものではじいて音を出すチェンバロと、弦をハンマーで叩いて音を出すフォルテピアノでは音を出す仕組みそのものが根本的に違っているので、本質的に違う楽器とも言えるわけ。だから、クリストフォリはチェンバロを元にしながら、全く新しい楽器を作り出したとも言えるのよね。
 ちなみに「ピアノ」という名前は、この「フォルテピアノ」(またはピアノフォルテ)から生まれた名前です。強い音(フォルテ)も弱い音(ピアノ)も自在に弾き分けることができる楽器ということから、「ピアノフォルテ」と呼ばれるようになり、さらにそれが省略されて「ピアノ」と呼ばれるようになったんです。

チェンバロ
“練習中”

Q.その後ピアノが普及したのはどうして?

A.ピアノは改良される過程でより大きな音が出せるように、金属製のフレームが組み込まれて強い張力で金属製のピアノ線を引っ張る構造になったので、出せる音も大きくなり広い会場でも演奏できるようになりました。それにペダルを使えば音を長く伸ばすこともできるし、タッチだけで弱く小さい音から強い音まで強弱を付けやすいんで、その後19世紀に流行した劇的でロマンティックな音楽の表現にぴったりだったのね。
それに王侯貴族に愛されて宮廷の花形楽器だったチェンバロが、フランス革命のあとは古い体制の象徴のように思われて破壊されたというのも実際にあった話です。
そんな影響で一時期チェンバロが全く作られなくなってしまってピアノに取って代わられたんだけど、そのためにチェンバロのことを改良前の古臭い楽器のように考えるのはおかしいし、もったいない気がするのよね。

チェンバロ

“写真⑥”

Q.チェンバロ独特のあの音、どうしてあんな音がするの?

A.チェンバロは弦を「はじく」ことで音を出すと言ったよね。写真⑥の中央、花の装飾で美しいカバーを取りはずすと、ジャックと呼ばれる細長い部品(写真⑦)が弦1本に対して1個の割合で並んでいます。

チェンバロ

“写真⑦”

このジャックにプレクトラムという長さ5mmほどの小さい爪(写真⑧)が付いていて、鍵盤を押すとこのジャックが跳ね上がり、その爪が弦を弾く構造になっているわけ。たとえて言えばギターのピックを柔らかく小さくしたようなものがジャックに付いていて、それで弦をはじくと考えてもらえばいいかな?

チェンバロ

“写真⑧”

 現在はプラスチック製のプレクトラム(爪)を使いますが、昔は猛禽類や白鳥などの羽根の軸を加工して爪を作ったそうです。実際に白鳥の羽根を使った楽器を持っている知り合いに聞いてみると、1本1本の硬さに差があるんでちょっと使いにくいらしいです。古い楽器なのに意外なようだけど、こればかりはプラスチック製の方が材質が一定で使いやすいみたいね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

『吉田 朋代 チェンバロ リサイタル』
~ドイツ・バロック紀行 バッハの源流をめぐって~

     日時:2008年6月7日(土) 17:00開演
     入場料:一般通常3,000円を →2,500円
     場所:イシハラホール
         地下鉄四ツ橋線肥後橋駅⑤ーB番出口上がる
         http://www.ishihara-hall.co.jp/
 
チケット問い合わせ先:christophersugiyama@yahoo.co.jp(杉山まで)


チェンバロ
チェンバロTB:0CM:8

■神戸から軽井沢へ? お好み焼き『榊』

2008/04/27 07:33

榊
“チーズのお好み焼き 和風ピザ 是非頼んでください!!”

 軽井沢に行ってくる!っと家族に伝えると、父から「榊原さんのお店に行ってくればいい」っと即座にアドバイス。何でも、神戸で割烹を営んでいたご夫妻が、数年前に軽井沢へ移住しお好み焼き店を始められたと。オーナーと父は、ん十年の間年賀状のやりとりをしているものの、もう何年も会っていない・・・ま、そう言った話でした。軽井沢のお店情報がまだサッパリなかったこともあり、夫も私も「よし、訪ねてみよう」などとすっかりその気。予約したホテルは朝食すら付いていない素泊まりプランなので、2泊3日の金沢滞在中のどこかに余裕で行けるやろね・・・

榊
“神戸と言えばスジ”

 軽井沢駅から徒歩数分、国道沿いのわかりやすい場所にあったお好み焼き『榊』。幸い、すぐに発見することができました。んが、昼も夜も延々と「クローズ」の看板が壁に掲げられたまま、オープンする気配が全く感じられない・・・電話をかけたり、地元の方に尋ねてみたりいろいろ手を尽くしたモノの、結局我らの軽井沢滞在中にお店がオープンすることはありませんでした。「??」のまま軽井沢を後にし、万座温泉で3泊4日。た~っぷり湯治を楽しんだ後、買い忘れを思い出しまたまた軽井沢に舞い戻ってきた私達(笑)。その際、ようやく悲願の『榊』にありつけた~~~!ふぅ。

榊


 お優し~いオーナー夫妻に大歓迎された後、かくかくしかじかとお話を伺うと・・・私達が軽井沢でダラダラしていた期間、ご親戚の結婚式で神戸に帰られていたそうな(驚っ)!何という奇遇、何というあべこべなんでしょ(笑)。お店そっちのけ状態で、オーナーご夫妻と神戸の話・父の話で大盛り上がり。さすが軽井沢で行列ができる店として鳴らしているだけあり、平日のお昼にもかかわらずお客さんがひっきりなし。神戸時代のオーナーが描いていた夢が、ここ軽井沢で大きく実を結びました。その大胆な行動力に拍手&拍手!

榊
“店内は軽井沢仕様?”

 お好み焼きも美味しかった~♪しっかりひとり一枚ずつチーズやらすじやらをオーダーし、神戸なソースをたっぷりかけていただきます。粉もんは我らが心のふるさと。ここを訪れる関西からの観光客や著名人が、ついつい立ち寄ってしまうのも納得です。表に掲げられた「神戸から~」という文字を見て、何や?っと入ってくる関西人も数多いそうです。オーナーとの楽しいお喋りと、美味しいお好み焼き+お茶でほっこり大満足。帰りには手土産の“いちごジャム”まで頂き・・・恐縮です!初夏に軽井沢で採れたいちごを、奥様が手作りし常備されているそう。これまためちゃウマ。初夏の軽井沢かぁ~、ゾクゾクするほど最高だろうな!

榊


榊


●shop data: 『榊』  長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東29-6  Tel 0267-42-7375 open 11:30-14:00 17:00-21:30 不定休

榊


ぐるりす(和食)TB:0CM:5

■新開地『パルシネマ』で映画二本立て!

2008/04/26 07:42

パルシネマ


 貧乏だった学生時代の夫の“心のオアシス”だったという映画館に初めて行ってきました。なぜ貧乏学生に人気かというと、1200円でナント2本の映画がぶっ通しで楽しめるんです。入れ替えもなく、館内飲食の持ち込みOKという古き良き昭和シネマな風情。新開地というディープな場所柄、女子ひとりではちょっと・・・いやかなり近寄りがたい雰囲気でした。が、意外や意外!一歩館内に入ると親切丁寧なスタッフの方々が温かく迎え入れてくださり、女性ひとりでも気兼ねなく鑑賞できるように「女性専用席」も設置されていました。他にも、飲食のビニール袋の音がカサカサしないよう、手作りの箱(スナックBOX)を貸し出してくれたり・・・細やかな配慮が、妙にアットホームでじ~んとしみます。心のオアシスと言われるゆえんですな(笑)

 今日の映画は先日劇場公開が終わってしまった『ヘアスプレー』と、2002年の大ヒットフランス映画『アメリ』。ヘアスプレー目当てではありましたが、実はアメリもまだ観ていなくて・・・私の大好きなフランス映画、しかも一大ムーブメントを巻き起こした作品でしたが、当時アメリを観た友達が揃いも揃って「面白くなかった・・・」っとガックリ肩を落としていて(笑)ついつい見逃していました。なので、なんともありがたい組み合わせだわ♪っと喜んでいたのは私だけではなかったらしく、この日は多くの老若男女で劇場はほぼ満席状態でした。どちらも甲乙つけがたい面白い映画で、DVDを買って永久保存にしたいくらい。アメリ、私は好きな作品です~♪
パルシネマ


 はてさて、2本組の映画の組み合わせは、どうやって決めているのかな??来月・来来月の上映予告を眺めていると、何とも言えず絶妙な渋い組み合わせ。日韓のラブストーリーをコラボしてみたり、レアなデンマークとイタリア映画を合わせてみたり・・・どれも全部観たくなってしまうわ~。パルシネマブーム、しばらく続きそうな予感!

●shop data: 『パルシネマしんこうえん』  神戸市兵庫区新開地1-4-3  Tel 078-575-7879 一般1200円/大1000円/高・中900円(毎月1日¥900) http://www.sam.hi-ho.ne.jp/dragonfly/



映画・演劇・本などTB:0CM:7

■ホテルでパン食べ放題 大阪・堂島『THE DINER』

2008/04/25 07:38

THE DINER


 今日はくるみとpink poohと一緒にワキ脱毛の日。お互い忙しくてなかなか会えない彼女らに、必ず2ヶ月に一度、集まって喋る&食べるできる日とあってワキ脱毛をとても楽しみにしていました。が、2年間抜き放題の脱毛プランも、いよいよ今日で終了。確かに、あまり生えてこなくなった我が脇の下の毛。ずーっとこのままの楽ちんをキープできるのか?この夏を毛抜きいらずで乗りきれるのか?結果はいかに・・・
 
THE DINER


 最後のワキ脱毛ランチ(?)を締めくくるにふさわしい、ゴージャスでオシャレな雰囲気のお店『ザ・ダイナー』。堂島ホテルのメインダイニングとして、去年生まれ変わったばかり。ホテル名称も「アンビエント堂島ホテル」から、元々の「堂島ホテル」がリバイバル。それにしても、合流場所のロビーへのアクセスがわからず難儀しました~。以前、エントランスになっていた場所が、丸ごと『ダイナー』に変身を遂げています。うっかり以前の調子でホテルに入ったつもりが、即座にレストランへ入場しているという寸法・・・呉々もお気をつけ下さい(笑)

THE DINER


 雰囲気は文句なくと~ってもオシャレ。ゆったりとおかれたソファーやテーブル席を見るだけで、早くトークをしたくてうずうずしてきます(笑)。ベーカリーショップも併設しているので、ランチタイムでもパンが食べ放題というセットもあるそうです。もちろん私達のお目当てはパンなので、思う存分食べられる「日替わりランチ(1500円)」や「パスタランチ(1200円)」をそれぞれオーダー。

THE DINER


 パンの他、前菜・スープがセットになっているのでリーズナブルです。見た目も豪華ですが、なかなかに美味しく頂けて大満足。くるみとpink poohと会うのは久しぶりだったので、ついついお喋りが先行し、運ばれてくるスピードに追随できてない(汗)。さすがにタイミングを逃したパスタやパンは、盛りを過ぎて下降気味に・・・これからは食べることをまず優先するぞ。心から誓いました。

THE DINER


THE DINER


●shop data: 『堂島ホテル THE DINER』 大阪市北区堂島浜2-1-31  Tel 06-6341-3831 open 06:30~24:00 無休 URL http://www.dojima-hotel.com
ぐるりす(イタリアン)TB:0CM:8

■第29回シャクナゲまつり in 篠山・西紀

2008/04/24 07:43

石楠花
“道路沿いには菜の花畑が"

 先週、畑に行ってきました~。延々体調不良だった夫が、どうにかこうにか復活したスキを狙ってすかさずお出掛け。んが、晴天だった神戸とは裏腹に、畑は小雨がパラつく生憎の天候。しかも強い風がふきすさび、さらに市議会議員選挙の投票日を前日に控え、っと何かと悪条件が重なってどの畑も閑散。田舎の選挙というものは人員の多くが選挙関連に取られるらしく、我らが愛するおばちゃんも炊事要員とか何とかで不在でした(涙)

石楠花


 とはいえ、ちゃっかり収穫したての高菜を頂戴したら(←お漬物にする予定)、これにて今日のお仕事は終了(←早っ!)。20分という史上最強に短い滞在時間に少々気は咎めましたが、ま、病み上がりの夫がこの寒さに太刀打ちできるはずもなく・・・あえなく撃沈。

石楠花
 

石楠花


石楠花


石楠花


 道中、シャクナゲ祭りの予告看板をあちこちで目にしました。ここ篠山市西紀は、シャクナゲを町の花と掲げる美しい町。ツツジをたくさん重ね合わせたような風貌で、遠くから見ると見事なまでの大輪の花。きれい~♪知っているようで、全然知らなかったシャクナゲ(=石楠花)。4月26・27日のお祭り期間中は、栽培についての講習会や即売、バザー・品評会などが開催されるとか。長年この町にお世話になっているけど我ら、実は足を運んだことがない(がっくり)。タイミングが合えば行きたいなぁ~

石楠花
“水仙も見頃”

石楠花


石楠花


  ☆ 第29回にしきシャクナゲまつり -プチDATA- ☆
      場所 兵庫県篠山市下板井 シャクナゲ公園
      期日 2008年4月26日~2008年4月27日
      時間 9:00~16:00
      交通 JR福知山線篠山口駅から神姫バス草山温泉行きで15分、宮田下車すぐ
      駐車場 あり(500台 無料)
      問合せ 079-552-1111 篠山市商工観光課
      URL http://www.city.sasayama.hyogo.jp/(篠山市)

石楠花


栗柄便り(畑)TB:0CM:10

■ガールズ会♪お茶編 西宮・苦楽園『カフェルーツ』

2008/04/23 07:13

カフェルーツ
“樋之池公園横の「いちかわ」のプリン”

 いつも車でシャーーっと素通りする北夙川通・苦楽園口通・越木岩筋などを、キョロキョロとくまなく歩き回ってます。芦屋と同じくお店が点在しているので、立ち止まってはお店に入ってまたぷらぷら歩いて・・・をひたすら繰り返し。素敵な服や雑貨を扱うセレクトショップ、ヨーロッパのアンティークが揃う雑貨店やグリーンいっぱいセンス溢れる花屋、オシャレな佇まいのパン屋から有機・無農薬食品を扱うお店などなど、雑誌から飛び出したようなハイライフを可能にする苦楽園らしいラインナップ。うっとりしまくりの我らは「いいな~、苦楽園に住めたらなぁ」なぞと姿勢良く歩いたりするモノの、やっぱり甘いものの誘惑には勝てず・・・樋之池公園のベンチに座ってスイーツの買い食いしとります(笑)。この青空スイーツの美味しいことってば!この季節ならではですなー(笑)

カフェルーツ
“とろとろ”

 すっかり歩き疲れた面々(←特に私)が立ち寄ったカフェは、苦楽園口通り沿いにある『カフェルーツ』。アメリカンちっくでオシャレな風貌が、以前からずっと気に掛かるお店でした。パン職人のオーナーが作る自家製パンが評判ながら、疲れによる疲労で身体が求めるのは甘みたっぷりのスイーツ。

カフェルーツ


 とは言え、アメリカンな品揃えを誇るるスイーツは、どれも独特で美味しそう。れんげちゃんは「バナナプディング」、karinちゃんは「ブラウニー」、私は「NYチーズケーキ」をそれぞれオーダー。アイスクリームなどのプチデコレーションが施され、選べるドリンクとセット890円。物価高騰の昨今でこの価格は安いかもー!

カフェルーツ


カフェルーツ


 安いかもー!っと思った理由はもうひとつ、アイス系のドリンクが巨大だったから。欧米のファストフードサイズといおうか・・・とにかくた~ぷり。歩き疲れた以上に喋り疲れて喉がカラカラの私達には、お店からの粋なサービスかと思ったほど(笑)。そららひとつひとつ本格ドリップで美味しーーっ。見た目がこってりなアメリカンなケーキ達も、食べると甘さをグッと控えた大人の味。う~む、完璧好み♪喋っても喋っても喋り足りないことがウリのガールズ達とのトークは、お冷やを4杯おかわりしたって終わる気配がありません(笑)。そんな私達を温かく優しく見守ってくれる(ような気がする)居心地抜群のカフェ。次回はお店自慢のカンパーニュ・チャバッタをガッツリ頂きたい~

カフェルーツ


●shop data: 『Cafe ROOTS』 兵庫県西宮市菊谷町13-20-102  Tel 0798-70-0417 open 10:00AM~9:00PM(土日祝 9:00AM~) 月曜2回不定休

カフェルーツ
ぐるりす(カフェ)TB:0CM:9

■ガールズ会♪ランチ編 西宮・夙川『トラットリア ダ プーピ』

2008/04/22 07:31

トラットリア ダ プーピ


 なか2ヶ月で開催のガールズ会♪今日は夙川・苦楽園周辺を強化すべく、午前中から張り切ってJRのさくら夙川駅に集結。実は、私、この駅で乗降するのは初めて!もちろんデジカメを取り出し、パチパチ撮影は欠かせません。駅構内に流れるコブクロの「桜」は、電車の音でかき消されてしまうともっぱらの噂。ですが、この日はやっぱりしっかり聞こえませんでした(笑)
 さて、3才も年若いれんげちゃんとkarinちゃんに、遊んでもらうようになって早一年ちょっと・・・いまや私にとってかけがえのないお友達となりました。学生時代から大の仲良しだったふたりは、イマドキこんないい子がいるのか?!っというくらい揃って素敵なお人柄。多少、浮世離れな傾向が見られるkarinちゃんですが、それもまたかわいいし面白いので全て許せるっ。彼女の超ラブラブ新婚エピソードなぞ、羨ましさを通り越しもはや人間業とは思えないほどの域。夫婦の教祖様だ~!れんげちゃんはれんげちゃんで、思いつくことがいちいちユニークで毎回爆笑の渦。本人はいつも大真面目なのがまたかわいい!前回は姓名変更を真剣に考えていたかと思えば、今日は「汗かきキャンペーン敢行!」と息巻いてたし。ん?汗だし??デトックス??・・・確かによいっ。私もれんげちゃん直伝の“お風呂で骨盤体操”に早速あたってみるかな~、っとちゃっかり影響を受けてます(笑)。何はともあれ、心のままに思いのままに、思いついたら即チャレンジ!な向上心はかなりホット♪

トラットリア ダ プーピ
“前菜 4種"

 さくら夙川駅で無事合流を果たした途端に雨。当初の予定では、夙川沿いにてオープンエアーなランチを楽しむ予定・・・でしたが、外ランチなぞ不可能な強い雨足にガールズもがっくり。でも大丈夫、今日は案内役の姉御(←私)にドドーンとお任せあれ!傘は忘れたけど(←バカ)雨プランもちゃんと用意しておりまする♪

トラットリア ダ プーピ
“手作りフォカッチャ”

 実はずっと狙っていたトスカーナ料理専門店の『ダ・プーピ』。予約必須の大人気トラットリアでしたが、運良く窓際のテーブルを用意して頂けて本当にラッキー。温かい雰囲気の奥様が作るトスカーナの家庭料理とあって、メニューの説明を聞くだけで心ウキウキ。私達はお魚のイイところをいっぱい凝縮したというパスタをチョイス。ランチタイムには前菜・フォカッチャが自動的にセットされ、選んだパスタによって値段が変わります。

トラットリア ダ プーピ


 我らのお魚パスタは800円で最安値でした。前菜は4種類と、スタートから800円とは思えない豪華な盛り合わせに一同絶叫。しかも各自違う前菜だったので、分け合って食べると約10種類ほどの前菜を味わえたことに。すごいっ!ぽってりと油っこい見た目と裏腹に、あっさりしていてとても美味しい。そして豪快盛りのパスタがまたウマウマすぎて~♪おだしのしっかり効いた濃厚トマトソースは、素材そのものの美味しさが生きてます。食べ歩きに長けたガールズのハートをもわしづかみ。いつもマダム達で満席なのも納得です!要・予約でよろしくお願いします~

●shop data: 『TRATTORIA DA PUPI』  兵庫県西宮市羽衣町7-15  Tel 0798-22-1003 open 11:30~14:00・18:00~21:00 日曜定休
トラットリア ダ プーピ
ぐるりす(イタリアン)TB:0CM:8

■「チェンバロ」って何? vol.4

2008/04/21 07:25

チエンバロ1


 2006年秋「チェンバロって何?」と題し、クラシカルなチェンバロの魅力についてのプチプチミニ講座をブログ上で開催。講師(?)は美しきチェンバリストの吉田朋代さんとその夫であるおすぎ氏。我ら自慢の友人に、チェンバロの基礎の基礎をわかりやすい口調で語って頂きました。vol.1、2、3と回を追うごとに、チェンバロの歴史や秘密などが「ほーっ!」ってな具合で私もかなり興味津々。当時の皆さまからの反響も大きかったこともあり、この度、吉田朋代のチェンバロ講座リバイバル。帰ってきた「チェンバロって何?」をおおくりします。
 チェンバロという耳慣れない楽器について、今回もQ&A方式で展開しております!週一の割合でアップ予定です、よろしければお付き合いのほど。素朴な疑問・質問などなど、朋代さん&おすぎ氏宛にバンバン書き込みしてくださいねー

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Q(ほいほい):「チェンバロ」ってあんまり聞き慣れない名前よねぇ?

A(ともとも):「チェンバロ」と言われてもぴんとこないという人も、「ハープシコード」と言われたらどっかで聞いたことがあるかもね。たとえば、キーボードやシンセサイザーに触ったことがある人だったら「ハープシコード」というキーがあったのを覚えてはるかも知れません。その名前に覚えがなくても、手品のBGMでよく使われるポール・モーリア・オーケストラの「真珠の首飾り」などにもこの楽器の音(ただし電子音)が使われてるし、最近では大王製紙の紙おむつのテレビCM(演奏してるのは、ナント私の師匠中野振一郎!)でも使われてるから、きっと一度くらいはどっかでこの楽器の音を聞いたことがあるはずよ。


Q.いろいろな呼び名があるんやね?

A.そうね。チェンバロ Cembaloというのはイタリアやドイツでの呼び名で、英語圏ではハープシコード Harpsichord、フランスではクラヴサン Clavecinと呼ばれてます。
毎年私が出させてもらってる「くらぶさん倶楽部」という演奏会のタイトルは、このフランス名「クラヴサン」と会場の「大阪倶楽部」をかけているわけ(笑)。呼び名がいろいろあるせいか日本での知名度はあんまりだけど、バッハとか「四季」で有名なヴィヴァルディとか、17~18世紀のバロック時代の曲を演奏するには欠かせない結構重要な楽器なのよ。

チエンバロ2

“チェンバロ②”

Q.「ハープシコード」ってハープと関係あるの?

A.そのとおり!ハープシコード Harpsichordの語源は、Harp(竪琴)+chord(弦)らしい。写真②を見てもらえばわかるように、チェンバロって細長いグランドピアノみたいに見えるけど、ちょっと見方を変えればハープを横に寝かして鍵盤を付けたようにも見えるよね。
ハープとチェンバロって全く別の楽器みたいに思われてるけど、弦をはじいて音を出すという点では実は同じ仲間の楽器なのよね。これまで聴いたことがない人も実際に音を聴いてみれば、ハープやギターに似てるって感じてもらえると思います。

チエンバロ3

“チェンバロ③”

Q.この楽器、きれいねぇ!この楽器はどこの楽器?

A.本当にきれいでしょ!今回載せてもらった写真の楽器は全部、大阪の肥後橋にあるクラシック専用ホール「イシハラホール」が所蔵している楽器です。1730年にフランスで製作された「ブランシェ」という名器をもとに、フォン・ナーゲルというフランスの会社が1991年に製作したもので、素晴らしい音色と美しい装飾が特徴です。
 ほいほいさんはもちろん、私のリサイタルにお越しくださった方は毎回客席からこの楽器を見てくださってるんだけど、客席からだと楽器の側板と呼ばれる部分(写真③)しか見えません。もちろんそれでも十分美しい楽器なんだけど、客席からの角度では残念ながらこの楽器の美しさは完全には伝わらないんです。

チエンバロ4

“チェンバロ④”

鍵盤の周り(写真④)や「響板」と呼ばれる弦が張られてる板の部分(写真⑤)には、実はこんなに美しい模様が描かれてるのよ。この機会に是非見てくださいね。

チエンバロ5

“チェンバロ⑤”

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

『吉田 朋代 チェンバロ リサイタル』
~ドイツ・バロック紀行 バッハの源流をめぐって~

     日時:2008年6月7日(土) 17:00開演
     入場料:一般通常3,000円を →2,500円
     場所:イシハラホール
         地下鉄四ツ橋線肥後橋駅⑤ーB番出口上がる
         http://www.ishihara-hall.co.jp/
 
チケット問い合わせ先:christophersugiyama@yahoo.co.jp(杉山まで)


チェンバロ
チェンバロTB:0CM:12

■地元のおばちゃんおすすめ 軽井沢『トラットリア・ラ・パッキア』

2008/04/20 09:35

トラットリア・ラ・パッキア
“定番 マルゲリータ”

 神戸中心の超ローカルなぷらぷら日記にも、いよいよ軽井沢のお店がデビュー♪車で7時間の遙か彼方のレストランですが、また行きたいっと思ったお店が多かったのでとりあえずブログに記録。忘れっぽい私もこれで安心ですねー

トラットリア・ラ・パッキア


 「東京24区」と噂されている程、オサレな関東人口が圧倒的に多いお土地柄。海が近くにないこともあり、新鮮なお刺身・お鮨というより洋食店が圧倒的多数でした。イタリアン、本当に多かったです~。レンタサイクル店におられた地元のおばちゃん(御年60前後?)方に、晩ご飯のおすすめ店を尋ねてみると、驚っ、100%でイタリアン。しかも「このお店のピザはいいけどパスタは普通」やら「ここは窯でピザを焼いてるから美味しいよ」などなど、おばちゃんらしからぬガッツリアドバイスにまたビックリ。中でも「遠いけど・・・」っと教えてくれたトラットリアは、その口ぶりから“おすすめ№1”って雰囲気。7時間かけてここまで来た我らに、遠いことなんて全然問題にならないわー。今日の晩ご飯はおばちゃんに託したっ!

トラットリア・ラ・パッキア
“とろとろトマトクリーミーパスタ パスタ史上 最高に美味しかった(゚▽゚*)ニパッ♪”

トラットリア・ラ・パッキア


 軽井沢中心部から車で5分(近っ)隣駅の中軽井沢から少し南西寄りにある一軒家イタリアン『パッキア』発見。張り切って、夜の部オープンの15分前に到着したにも関わらず既にライバルあり。う~む、期待度アップ!
 中心部に比べると、若干お手頃価格が嬉しい。加えて、本当に美味しかった~!ピザやパスタの種類は豊富で、地元で採れた美味しい野菜を使ってるところもグー。薪窯で焼き上げる直径28cmのピザは、思い出すだけでもヨダレが出そうな美味しさでした。モッチリしてるけど軽い食感この食感は、神戸でもなかなかお目にかかれません。クリーミーなトマトソースを使ったパスタも最高。思いっきり期待して食べたのに、その上を行く美味しさに大満足の私達。おばちゃん、ありがとー!

トラットリア・ラ・パッキア

●shop data: 『トラットリア・ラ・パッキア』 長野県北佐久郡軽井沢町長倉2874  Tel 0267-46-1552 open 11:30~14:30・17:30~21:00 水曜定休
ぐるりす(イタリアン)TB:0CM:4

■新メンバー続々 西宮『阿留酎』

2008/04/19 06:45

阿留酎


 数ヶ月ぶりに今日はボウリング研究会に参加してきました~♪毎月第2金曜日に3ゲームを投げまくる我らが「ボウリング研究会」も、もはや60回を超える超ロングラン公演となっています。最初のうちこそ、参加するやしないやと大騒ぎしていた私も、当たり前のようにマイシューズを抱え西宮に繰り出す今日この頃。いや~、しっかし、上達せぬものですなーっ
 始まりの春を迎え、今日新たな顔ぶれ3名が我が研究会にイン!入れ替わりがほとんどないメンバー編成なので、このまま一斉に皆で年老いていくのか?!・・・と一時は心配したものです。何せ昔は21才だったMっきーも今や三十路越え(笑)それでも研究会内では永遠の最年少アイドルという事態。これってどうなん?!10年前、40才ちょい超えたくらいだった今氏は、現在だって40才そこそこの風情を醸し出しているはず。なのに、この日は生誕して初めて、バス車内で席を譲られてしまったったとか・・・!?。あまりの事態に本人凹みまくり。して私もショック大。ピチピチの新入りメンズに、今日は影響され煽られまくった古メンバーの面々でした(笑)

阿留酎
“優勝のミキティ お店から贈られたワインで手は腰(笑)”

 結果、マイペースが最大のウリであるミキティがぶっっっっちぎりの優勝。おめでとー!「188」というどえらいスコアを叩き出し、誰もが羨望の大爆発。あみだくじで同じチームに組み込まれた私は、彼女の歴史的大爆発を目の前で目撃。ひょー、かっこいいわん♪若メンズ・おじメンズが優勝を祝ってパチパチ拍手する中、腰を手に当てて景品のワインを掲げるミキティってば・・・おっさんやなぁ~
 14名の老若男女が流れ着いたのは、お馴染みの居酒屋『阿留酎』。大抵10名を超える大所帯なもので、広いキャパを誇るこのお店は本当に重宝。お店に到着するなり、皆、慣れたモノ。1階の酒屋兼キッチンに、お酒とお料理の注文をしてから2階の座敷へ。お酒はアルコール好きにも納得の品揃えだし、お料理もリーズナブルでそこそこ美味。満席の雰囲気もいい感じで、いつも自分の家のように和める空間です。
阿留酎
“本日ブービー賞のMっきー♪”

●shop data: 『居酒屋 阿留酎』 西宮市青木町6-6  Tel 0798-74-1316 open 17:00~24:00 URL http://www.alchu.com/index.html
ぐるりす(和食)TB:0CM:9

■激戦区で評判のパン屋さん 西宮・苦楽園『ネロ』

2008/04/18 07:21

ネロ

 樋之池にまたパン屋さん?!ネットで評判になっているのは、苦楽園関西スーパーのすぐ近くに出来たというベーカリーの『ネロ』。地図を見ても、ん?どこ?って具合のお店密集地でしたが、行ってみると以前はお好み焼き店が入っていた場所かと思われます。そう言えば、閉店のお知らせが出てたっけ・・・。さておき、表に立て看板が出ているモノの、お店自体は奥まった場所にあるのでまずは見落とし注意。店内はさすがに新店とあって、自然な温かみがあってと~ってもオシャレ。

ネロ


 こんなインテリアも素敵だなぁ~♪こぢんまりした店内、パンの種類もそう多いわけではありませんが、ハード系・惣菜系・スイーツ系がバランスよく列んでどれを買おうか迷ってしまうほど。食パンは別棚にドドーンと。でも近々テレビで紹介されるようなので、このドドーンと品揃えも今日限りでしばしおあずけかも(涙)

ネロ

 今流行のハード系命!なパン屋さんと違って、全体的にふんわり柔らか系。クロワッサンなどは懐かしい気分がして、とても美味しかったです。「固いパンはもういいわ」と言い放った実家の母が喜びそうだわ~。食パンにはもう一踏ん張りのモッチリ感&しっとり感がほしいところでしたが、ずしっと食べ応えもあり美味しさも十分です。洗練されたお店の雰囲気や、ケーキのように美しく列ぶパン達に一瞬近寄りがたさを感じるかもしれませんが、食べた感じはその逆で妙に庶民的な感じ。これから苦楽園に行くたびに買ってしまいそうな、デイリーユースのパン屋さんです。

ネロ


●shop data: 『panetteria Nero』 兵庫県西宮市樋之池町22-32-105  Tel 0798-74-5746 open 9:00 ~19:00(売切次第終了) 木曜定休

☆★☆★☆★☆★☆★☆ おまけ ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

初代 ぷらぷら日記で「さよなら、Qブログ」という記事をアップしました(^○^)
ぐるりす(パン)TB:0CM:4

■お気に入り発見!神戸・灘『ヴィンサント』

2008/04/17 08:00

ヴィンサント
 

 今日は夫がお昼過ぎに仕事から帰宅。待ってました~!っとばかりに買い物に付き合ってもらうことに。目下、お出掛け用のキリッとした服を探しているのですが、なにぶん私の分厚いガッシリボディに合う物に巡り会えず・・・今日も放浪しとります。ま、そうやってあれやこれやと悩み苦しむ時間もまた楽しいモノで♪たとえどんな苦境に立たされようとも“買い物が好きだー!”な気質だけは変わらないらしい。っと、その前に・・・買い物なんぞ全く興味のない夫にとっては「昼ご飯どうすんの?」が目先の大問題。13時も過ぎているというのに、私ってばお昼の用意を忘れてた!!そう言えばお腹空いた・・・まずはランチのお店探し急務。

ヴィンサント

“前菜 ヒラメのカルパッチョ"

ヴィンサント

“穴子のフリット 抜群(≧д≦)"

 国道2号線沿いにある魚マークが目印のお店『ヴィンサント』が目にとまりチャレンジすることに。お店の裏に専用駐車場が3台あり。助かった~。入り口はそう広くないけど、中にはいると奥に広いし天井も高く開放感抜群。遅いランチタイムでしたが、店内はほぼ満員でギリギリセーフで入れて頂いた状態・・・人気店なのね!

ヴィンサント

“小海老とキノコのトマトソース"

ヴィンサント

“ホタテと貝柱のペペロンチーノ"

 いや、それもそのはず♪こちらのお料理、リーズナブルな上にめちゃくちゃ美味しい!!新しいお店がこれほどのHITを放つのも久しぶり~。私達がオーダーした1800円のランチには、前菜・パスタ・メイン・パンorライスがセットに。この文字の羅列を見ても何の感動もないのですが、それぞれ、その日に揚がった新鮮なお魚を使って料理してくれる!!前菜もパスタだって、ぷりっぷりの魚介を上手に使っていてもう感動の嵐。メインなんて約10種類のラインナップから「え?これもいいの?」風情で贅沢にチョイス出来ます。

ヴィンサント

“ヒラメのバルサミコソース"

ヴィンサント

“甘鯛の魚醤ソース (゚▽゚*)ニパッ♪"

 普段食べられないお魚が丸々1匹、我がテーブルに運ばれてきた時には拍手喝采♪美味しい、美味しい、っと同じ言葉ばかり連発する夫と私。いや、まじ本当に美味しかったんです~(笑)。その後、かわいいワンピースを見付けたモノの、試着をするとパツパツ・・・チャックが上がらない事態に(涙)。でも全然いいの♪今日は美味しいランチに巡り会えたから、プラマイ0ってコトでっ(←バカ)

●shop data: 『魚のトラットリア VIN SANTO』 神戸市灘区徳井町4-1-3 高栄マンション1F  Tel 078-843-4308  Tel 078-843-4308 open 11:30~15:00・18:00~23:00 木曜定休 

ヴィンサント
ぐるりす(イタリアン)TB:0CM:8

■レンガ窯焼きパンの老舗 神戸・岡本『フロイン堂』

2008/04/16 07:21

フロイン堂

結婚して神戸に越してきた当時、一番夢中になって買いまくっていたパンがここ『フロイン堂』の食パン。阪急岡本駅から徒歩数分、昭和初期製造の煉瓦窯で焼かれているという超有名なパン屋さんです。当時は焼き上がり時間&予約電話番号がしっかり頭に入っていましたが、近頃は全く思い出せない(汗)・・・通りすがりに運良くあったら買う程度でした。

フロイン堂

フロイン堂


 この日も、お店のガラス戸にはられた「食パンあります」の文字を見付け、条件反射的に店内へ。相変わらずレトロシックなお店でしたが、棚はほとんど空っぽ。予約しなければ決してありつけない、サバイバル的な人気も相変わらずのようです。サクッと軽い食パンなので、私は分厚~くカットして頂きます。喫茶店の「厚焼きトースト」っぽい幸せな気分満載。噛めば噛むほど小麦の味がして、本当に美味しい。しばしモッチリパンに走っていたので、このサクサク食感は妙に新鮮な気がしました。今日は買えてよかった。ラッキー☆

RIMG1186.jpg


●shop data: 『フロイン堂』 神戸市東灘区岡本1-11-23  Tel 078-411-6686 open 9:00~19:00 日・祝定休

フロイン堂
ぐるりす(パン)TB:0CM:8

■魅惑のこってりラーメン 大阪・北新地『天下一品』

2008/04/15 07:28

天下一品


 「ラーメン食べない」っと言う割には、しょっちゅうブログにも登場させている私(笑)。アルコールを飲まない夫と私、深夜タイムについつい頼ってしまうのが夜が遅いラーメン屋さん。この日も肥後橋でのコンサートで、お目当てのお店は早々にクローズ。仕方がないので(←失礼)2号線沿いにある『天下一品』にお邪魔することに~

天下一品


 メンズおひとり様率が異常に高いこのお店で「男性12名」っというオタク系群を目撃。妙に印象的だったわ~。2階へぞろぞろと上がって行っちゃったけど、12人でどんな会話が繰り広げられてる??聞きたかったな(笑)
 さておき、天一に入るのは久しぶり。昔勤めていた会社の近くにもあって、同僚と何度か食べに行ったっけ・・・それもザッと15年前の話です。そんなこんなで、こってりラーメンが天一名物だという事実をコロッと忘れ、アホらしくも「あっさり」を注文してしまった私。夫はメニューも見ずに「こってり」。嗚呼、夫からもらったこってりラーメンの美味しかったことってば!懐かしさも手伝って、いや、こってり好きの私にはあまりにもストライクな濃厚スープが絶品。オーダーしたあっさりラーメンを、外に放り投げたい気分に駆られたものです(く~っ!)。他のお店に目が眩み、なかなか天一には来られません。が、ここのこってりラーメンは、たまに食べたくなる一品です。次に私が「こってり」をオーダーすることを忘れませんように・・・

RIMG0937.jpg


●shop data: 『天下一品 北新地店』 大阪市北区曽根崎新地1丁目11番16  Tel 06-6345-0024 open 11:00~翌03:00(月~木・土)・11:00~翌04:00(金)・11:00~22:00(日) 無休 URL http://www.tenkaippin.co.jp/pcindex.html
ぐるりす(中華)TB:0CM:8

■お気軽で美味しいランチ 神戸・岡本『ヴェント・フレスカ』

2008/04/14 07:03

ヴェント・フレスカ

“生ハムとキャベツのペペロンチーノ"

 東灘に住んでいる、っと言うと大抵の方が「良い所に住んでるね」っと絶賛。めっきり誉められることが少なくなった昨今は、この手の言葉もニッコリありがたくお受けする私。でも・・・多くの方が考えておられる東灘って、イコール「岡本」のコトなの?って最近ようやく気が付きました。阪急とJRが並走している利便性に加え、大豪邸が建ち並ぶ山の手の住宅地、洗練されたショップの数々・・・う~ん、思えば確かに素敵な町♪ここに住みたいかも(←単純っ!)

ヴェント・フレスカ


 いつものように寝散らかした週末の朝、マンションセールスの電話で仕方なく起床した我ら。風が強い日だったので、自転車を諦め車で岡本に向かうことに。目的はお友達の出産お祝い!JR摂津本山駅のすぐそばに、質のいい絵本がセレクトされた『ひつじ書房』というショップがあるんです。小さいお店ですが、幅広い年齢を対象にした絵本専門店とあって周辺のママ達に大人気。夫も私もここに来ると思わず時間を忘れます~

ヴェント・フレスカ


 で、この日のランチは、駅からJRの線路沿いを西へ数分歩いたビルの2階にある『ヴェント・フレスカ』で。十二間道路沿いになります。オイルやクリームパスタが妙に美味しい!っとネットで評判になっていたお店。年若きシェフ(昭和52年生まれって調理師免許に書いてありました)がひとり厨房を仕切っている模様。

ヴェント・フレスカ

“鮭とほうれん草のクリームペンネ"

 ランチメはパスタランチが4種類から選べるパスタ・サラダ・パン・ドリンクがセットになって950円。他にもリゾットセット(1100円)やコースなどもありましたが、ここはやはり評判のいいパスタランチをチョイス。夫は「鮭とほうれん草のクリームペンネ」、私は「生ハムとキャベツのペペロンチーノ」をチョイス。あとプラス料金のデザート盛り合わせもオーダーしました。全体的にパキッとした味付けで、濃厚好きの私はウマッ♪連発。サラダのドレッシング→パン→パスタ、っとどれも塩分がキツめ。好みが分かれるところかもしれませんが、このお手軽さは侮れません。またリピートしてしまいそうです♪

RIMG1167.jpg

“木曜日はこのデザート盛り合わせが¥650が¥320の半額に"

●shop data: 『Vent fresca』 神戸市東灘区岡本2-5-5 2階  Tel 078-431-5854 open 11:30~15:00・17:30~22:00 火曜定休

ヴェント・フレスカ
ぐるりす(イタリアン)TB:0CM:8

■買ったよ!ipod nano

2008/04/12 21:35

ipod nano


 毎日お気楽にボサーッと暮らしている私も、みんな持ってる「ipod」が急に、妙に欲しくなってきました(遅っ!)。タイミングよくカーステレオの調子悪くなったこともあり・・・あはっ、早速、買ってもらったよ♪「ipod nano」って言うんですか?ホント、めっちゃ小さくて軽いっ。いや、軽すぎるっ。持ってる感じがしないくらいなのに、CD100枚分音楽がガッツリが入ってしまうとは(!)正気の沙汰ではありませぬ。このスリムボディの中味ってば、一体どんな事態になっているのかしらん?・・・あはっ、発想が昭和のお母ちゃんですな~。去年秋に携帯デビューしたばかりなのに、ほーんと私もデジタルおばちゃんになったものだわー。しかし使いこなせるか?!?!

【おまけ】
〈こんなのも買いました、AVアンプとつなげると簡単にジュークボックス状態に。お勧めです〉

audio-technica AT-DV61A/1.3 DVD LINKaudio-technica AT-DV61A/1.3 DVD LINK
()
不明

商品詳細を見る


Apple iPod nano 8GB シルバー MA980J/AApple iPod nano 8GB シルバー MA980J/A
(2007/09/06)
不明

商品詳細を見る
映画・演劇・本などTB:0CM:2

■タイぷらぷら Index

2008/04/12 19:07

タ イ   ぷらぷら
食べ物編 チェンマイ
ミスター・オムレット(エアポートプラザ) 名前の通りオムレツの名店
ジョーグ・チャェー(ナイトバザール前) お粥屋台
ドイ・チャンコーヒー(ナイトバザール) タイのスタバ
チェディ(ナイトバザール外れピン川そば) 高級ホテルでアフタヌーンティー
ホール・アース(ナイトバザール外れ) コロニアル風の一軒家レストラン
ロット・ヌン(ダイヤモンドリバーサイドホテル前) 麺のお店
ラチャマンカ(旧市街) 高級ホテルで優雅に
ウッチェンブリー(ニマンヘミン 旧市街間) ガイヤーン(炭火焼き鳥)
ター・ナム(ソフィテル・チェンマイすぐ) ピン川ビューのリーズナブルなおすすめレストラン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
タイ ぷらぷらTB:0CM:0

■女性シェフのイタリアン 神戸・甲南山手『ラ・ペーラ』

2008/04/11 07:19

ラ・ペーラ


 私の家から東へ向かうと素敵なお店が点在するうっとりな町「芦屋」。逆の西へ向かうと下町情緒漂うの庶民的な町「深江&甲南山手」。私としてはどっちも同じぐらい好きで、ここに住み始めて9年心から愛する地域です。今日は庶民側の、深江北町に出来た素敵なイタリアンでランチしてきました~♪自転車が滅法似合う雰囲気(笑)チャリチャリで出動だ~!

ラ・ペーラ


 とは言え、このお店は際だってオシャレでかわいい♪何年か前にいきなりオープンし、雰囲気が違うので本当にビックリしました。軒を連ねるのはどこにでもありそうな風情の八百屋さんや園芸屋さんだし・・・いや、そんないい方は失礼ですよね(汗)。とにかくスーパーへ行く際などチラチラチラ見をしていましたが、雑誌などで取り上げられたこともあり瞬く間に人気のお店に。時に、テラス席まで満席。駅前でのビラ配りなど、地道な努力が大輪の花を咲かせました~♪

ラ・ペーラ


 雰囲気はあくまでアットホーム。若き女性オーナーが、子育ての傍らマイペースで切り盛りしているそう。お邪魔した土曜日のランチタイムも、我ら以外は皆小学生以下のお子さま連れでした。ランチメニューは、ミネストローネ(or グリーンサラダ)・2種類から選べるパスタ・パン2種・お茶がセットになって980円。さらに前菜・デザート付で1500円のセットもありました。

ラ・ペーラ


 今日のパスタは、珍しい空芯菜を使ったペペロンチーノ。上質のオリーブオイルがパスタに絡まって美味しい~。にんにくのさじ加減も絶妙!

ラ・ペーラ


 もう一つはベーコンと長ネギのトマトベース。こちらも、他とはひと味違った上品なトマトソースに感動。なかなかやります!パンはフォカッチャとクルミの2種。西宮市のブーランジェリー『ムッシュ・アッシュ』のパンらしいです。こだわってますねー!家から歩いてチャッと行ける距離にあると、家に遊びにきてくれた友達なんかを誘って行けそう。嬉しいなぁ~

ラ・ペーラ


●shop data: 『trattoria la pera』 神戸市東灘区深江北町2-12-13 ヒルコート深江北町1F  Tel 078-441-1447 open 11:30~17:30・18:00~21:00 日・祝定休

ラ・ペーラ
ぐるりす(イタリアン)TB:0CM:0

■優雅な紅茶専門カフェ 阪急芦屋『リュクス』

2008/04/10 06:38

リュクス


 きれいに咲きまくっている桜を眺めながら、みすずと芦屋川をお散歩。冬の間、枝だけの寂しい姿をさらしていた桜の木が、一気に一斉に淡いピンク色です。さすがにテンション上がりますよね~♪

リュクス


 そんな芦屋川の桜を大きくとられた窓から見ることが出来るカフェが、紅茶専門店『リュクス』。どちらかと言えばコーヒー党の私、実はこのお店に入るのはこの日がお初。壁のタイル、テーブルクロスがピンク×ピンク。それも桜色をしているので、この季節には恐ろしいほどピタリとハマるお店ですよね。予想された通り満席でしたが、みすずの無心パワーかほとんど待つことなく席に案内していただけました~。やった!約40種類のオリジナルティー・フレーバーティーの中から、みすずが「マスカット」私は「Ashiya」というブレンドティをチョイス。ポットサービスで700円ちょっとです。自宅ではなかなか“美味しい紅茶”を淹れる術を知らない我ら、時に番茶を入れる急須で紅茶も入れてるし・・・ここの紅茶が絶品に感じるはずだわ(笑)。イギリス風にスコーン2種も頂き、優雅でホッコリ幸せなお茶タイムでした~

リュクス


 1年以上前に会ったみすずはすっかり横浜ナイズされていて(喋り方が関東ちっく)ドン引きしてしまいましたが、今回はやっぱり昔のみすずに落ち着いていてホッ。ふたりで関西のおばちゃん炸裂でした~。かわいいお子達に囲まれ子育て真っ最中の彼女、そして子なしのお気楽主婦の私とは、こんなにも環境が違うのにお喋りする内容が尽きることなく出てくるのが本当に不思議なくらい。みすずが関東へ行く事が決まった頃、ご主人の栄転を喜ぶ反面、ガッカリ凹んだような複雑な気分でした。が、今日彼女に会って話してみて「やっぱり距離は関係ない」って実感。近くにいてしょっ中会える環境にいても、理解し合えるとは限りませんもんね。そう思うと、短大時代にみすずに出会えたこと、今改めて貴重なことのように思えます。次に会えるのが何年先になるかわかんないけど、ま、お互い清く正しく美しく、して自分勝手に楽しく生きていきましょ(笑)

リュクス


●shop data: 『LeLuxe』 兵庫県芦屋市松ノ内町3-14チェリービュウ芦屋川 A-1  Tel 0797-21-1507 open 11:00~19:00 月曜定休
ぐるりす(カフェ)TB:0CM:0

■みすずが関西に里帰り♪芦屋『キュイジーヌperi亭』

2008/04/08 20:14

キュイジーヌperi亭


 夫の風邪、なかなか退散してくれません・・・しつこいというか粘着質というか、いい加減にスキッとさせてあげたい妻ごころです。休んだり、リラックスしたりしても効果がないので、何かアッと驚くビックリ療法が必要なのかしらん?う~むむむ。

キュイジーヌperi亭
“牛肉の赤ワイン煮込み 上の白いのはポテトマッシュのグラタン"

 っとそんな夫を差し置いてでも、今日は絶対キャンセルしたくない約束アリ。転勤で東京へ旅立っていった学生時代からの親友みすずが、春休みで奈良の実家に里帰り。この日はわざわざ芦屋まで足を伸ばしてくれましたー。ありがとー、みすず!二児の母とは到底思えない超かわいいみすずは、私が30インチのデニムを着用中に対し24インチを軽々着こなすスリムbodyの持ち主!一緒にショッピングなど行って、お揃いルックを選ぶと同じ服とは思えない程のサイズ違い(笑)。性格もあまり似ているワケじゃない・・・何もかも全然違うのに、妙に気が合う不思議系の我ら。

キュイジーヌperi亭
“豚肉のロティ"

 阪神芦屋からぶらぶら坂を下った場所にある大人気のお店『キュイジーヌperi亭』に飛び込み入店。時間制限があったものの、ラッキーにもテーブル席を確保。この日は、キャベツのポタージュ・グリーンサラダ・自家製プチパン・豚肉のロティー(みすずは牛肉の煮込み)・お茶がセットになった1260円のランチをオーダー。プチパンにはごまが練り込まれていて、いくらでも食べられそう。メインもボリューム感満点で、パリッと焼き色が付いた豚肉はしっかりしていて美味。牛の赤ワイン煮込みもトロトロでした~。決してカフェレベルじゃない、手の込んだお料理に周辺マダムは夢中。帰り際、ショーケースに並ぶ美味しそうなケーキに、少々後ろ髪ひかれる思いでしたが(笑)。美味しいお食事のお陰で、いつにも増してお喋りが弾みまくりました~。お互いの近況を報告し合ってたら、いつの間にかスッキリ気分転換できてしまうから不思議♪お喋りは本当に尽きることなく・・・

●shop data: 『Cuisine Peri亭』 兵庫県芦屋市大桝町6-12 ネオックス1F  Tel 0797-35-3563 open 11:00~14:00・14:00~17:30・18:00~22:00 月曜定休(祝日の場合は翌日)
ぐるりす(フレンチ)TB:0CM:0

■ノアールさんと初ランチ♪神戸・三宮『オッターバ』

2008/04/07 07:26

 我がぷらぷらブログの創設当時から、コメント欄に欠かせない存在のノアールさん。本日、悲願の初対面を果たしましたー!やったね♪ブログを通していろいろお話しさせて頂くうちに、お酒が飲めないとか、お互いお気楽主婦だとか、生まれ年などなど「妙に共通点が多いなぁ」っと思ってたんです。何度もお約束が流れた末の初対面って、ホント、ドキドキしすぎて倒れるかと思ったくらい(笑)

オッターバ


 年末からようやく私も“携帯を携帯する人”になったことだし、ノアールさんとも「三ノ宮駅の改札でー!携帯でー!」っと。・・・私も昇格したものよのぉ~。でも改札で待ってるひとり女子ってば、想定以上に多かった・・・(汗)。が、そんな中でも、飛び抜けて美しい方がノアールさんでした。これマジ話!なので、会った瞬間「ヘアスタイルかわいいっ。しかも細いっ。なんで?なんで?」。あはっ、初対面なのにいきなり質問攻めじゃ~~!

オッターバ


RIMG1339.jpg


 息つくスキなくお喋り(質問?)しつつ辿り着いたお店は、三宮の北側、琴ノ緒町に彗星のように現れたイタリアン『オッターバ』。神戸では有名な『イゾラ・ベッラ』でシェフをしておられた方が独立。開放感溢れる素敵なお店の雰囲気も手伝って、あっという間に雑誌でもネットでもしょっちゅう見かける人気店に。最安1500円のパスタランチから、6300円のシェフのおまかせランチまで4種類。ノアールさんの「真ん中のコースランチ(¥2,630)にしませう?」の一言で即決まり。なかなかに豪華なコースは、4種類の前菜・2種類から選べるパスタ・本日の魚or肉料理・デザート3種盛・パン・お茶っと続きます。濃い美味しい前菜に始まって、ゆで加減抜群のパスタも美味しい~♪アッと驚く食材はなかったモノの、この普通っぽい高レベルが神戸ですな。ただデザートの盛り合わせは、私的にはいまひとつ↓。ま、ノアールさんとのお喋りに必死で、正直、お料理は二の次三の次だったんだけど~

オッターバ


オッターバ


 パワーヨガ教室をあちこちで持っておられる、ヘルシービューティのノアールさん。グータラな私と「共通点が多い」な~んて言われご迷惑かとは思いつつ、お会いしてますます似てる~、って実感。すごく話もしやすくて、会っていきなりディープなネタもついつい持ちかける私。ノアールさん、どん引きしてたりして(笑)。素敵なお友達ができてすごく嬉しいなっ♪

オッターバ


●shop data: 『Ottava』 神戸市中央区琴ノ緒町5-7-6  Tel 078-242-8839 open 11:30~14:00(L.O.)・17:30~23:00 月曜定休(祝日の場合は翌日休) URL http://www.ottava-kobe.jp/index.html

オッターバ
ぐるりす(イタリアン)TB:0CM:0

■チェンバロ名曲コンサート in 大阪倶楽部

2008/04/06 16:18

チェンバロ
“朋代さんと公月愛子さんの貴重?なツーショット。チェンバロ奏者になるには美の女神に愛されることが第一条件なのでしょうか…"

今日もまた朋代さんのチェンバロコンサートの予定が入ってます!う~む、数年前の我らにはありえないほど、ここんとこどっぷりクラシック付いてます。元々知識も何もサッパリない私達でしたが、たまたま驚くほど仲良くなってしまった朋代さんが、たまたまチェンバリストだったことが事の発端。スラッとbodyの世にも美しきチェンバリストの裏を返せば、なりふり構わず関西なノリを発揮してくれます。そんな彼女の行動が、いちいち面白くてお気に入り。あはっ、我らがツンデレ姫、吉田朋代さん♪よろしくね(笑)
“朋代さんと公月愛子さんの貴重?なツーショット。チェンバロ奏者になるには美の女神に愛されることが第一条件なのでしょうか…

“えもいわれぬ、雰囲気を醸し出すホールです。"

 会場は淀屋橋にある大阪倶楽部。1924年に出来て以来、会員制の社交倶楽部として利用され続けている美しい西洋建築物。綿業会館・大阪ガスビルとともに大阪の近代三大名建築に数えられるだけあって、遠くから見ても風格オーラが漂いまくってます。そんな素晴らしい会館に、雅なチェンバロの音色が響き渡るという施行。雰囲気から素敵だわ~~

チェンバロ


チェンバロ

“フレンチ・ダブルマニュアル・チェンバロ(ブランシェ1730のレプリカ"

 日本のチェンバリスト第一人者である中野振一郎氏の選抜門下生が、朋代さんを含め3人が登場するこのコンサート。我らがツンデレ朋代姫は、休憩を挟んだ後半の部に二度登場。友達のサメちゃん曰く「後半は朋代オンステージやな~」っと。その表現が本当にピタリとハマったのは、背筋をピーンと伸ばし客席に笑顔を振りまきつつ入ってきた朋代さんを見た瞬間!何ごとにも動ぜず堂々とした立ち居振る舞いが、他の出演者を圧倒していました。・・・身贔屓?
チェンバロ

“女子チームお楽しみの本日のファッションチェック"
RIMG1597.jpg


 演奏のことはあまりよくわかっていない私ですが、やっぱり朋代さんの演奏に一番感動しました(←友バカ)。繊細で華奢だと思っていたチェンバロの音も、朋代さん奏でると超パワフル。大きい音がすると、何だかゾクゾクしちゃって気持ちいいんですよね~♪
RIMG1599_1.jpg


 元々上背のある朋代さんですが、今日は彼女の姿勢の良さに目が釘付け!姿勢の良さは、生きる姿勢・・・な~んて言いますもんね。見習いたいっ、などと演奏とはサッパリ関係ないところで刺激をもらった私でした。次回、吉田朋代さん単独リサイタルが、来たる6月初旬に決定しております(下記参照)。曲名など詳細は追ってアップします♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

『吉田 朋代 チェンバロ リサイタル』
~ドイツ・バロック紀行 バッハの源流をめぐって~

     日時:2008年6月7日(土) 17:00開演
     入場料:一般通常3,000円を →2,500円
     場所:イシハラホール
         地下鉄四ツ橋線肥後橋駅⑤ーB番出口上がる
         http://www.ishihara-hall.co.jp/
 
チケット問い合わせ先:christophersugiyama@yahoo.co.jp(杉山まで)

RIMG1596.jpg
“本日の演奏会の成功を喜ぶ師弟コンビ?"
チェンバロ

最近の記事+コメント

最近のコメント

データ取得中...

CalendArchive

FC2カウンター

since 2008.4.15

ぷらぷら本棚Ver.2

以前の本棚がなぜかログインできなくなり、泣く泣く新しく立ち上げました。

Copyright(C) 2006 神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。