神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。

お金はないけど暇はあるぞっ! 阪神間(夙川・苦楽園・芦屋・神戸などなど)のおいしいグルメ&ランチ情報や暮らしの中のプチ発見を綴ります。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ほいほい

Author:ほいほい
家に引きこもっているのがたまらなく好きな
ひきこもり女。
でも、このところの恐ろしい体重増に、
さすがの私も動かなまずいと焦り気味・・・
「とにかく動けば痩せるらしい」と
どっかで聞いたし
ダラダラ生活から抜け出すことが目下の目標!!

お買い物はこちら

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ぷらぷら内検索

■スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

■シワの会♪今回は焼き肉 神戸・兵庫『ポッサムチプ』で

2008/03/26 18:18

ポッサムチプ
“ちょっくらあぶったお肉のお寿司"

 しゃべるしゃべる、笑う笑う、っと顔の筋肉使いまくりの「施笑(シワ)の会」が久しぶりに執り行われました。元は女子の集まりだったのですが、この日は夜、しかも焼き肉とあって各メンバーの旦那衆も加わり総勢9名♪焼き肉はこれくらい人数がいた方が「ガッツリ」いけるもんね~

ポッサムチプ
“しっかりお野菜も(*^.^*)"

ポッサムチプ
“キムチ盛り合わせ”

 ってなわけで、施笑メンバーズにJR兵庫駅にほど近い焼肉店『ポッサムチプ』に現地集合してもらったものの・・・お店の雰囲気は意外にこぢんまり。2~4人という組み合わせが一番多かったわ(笑)。私達9名は残念ながらテーブルが離別(さよ~なら~)。しゃべる&笑うパワーも分散しちゃいましたがなー

ポッサムチプ
“生もの いろいろ"

 ま、それはさておき今日のメインは「the☆お肉」です!誰も彼もが初めてのお店と言うことで、事前に人気の3000円コースを9人分予約。飲み放題パックを@1200円でオーダー可能でしたが、幹事の私がサッパリ飲めない奴なのでこちらは即却下。でも、ガブガブ飲み散らかしたい子が多い施笑メンバーズには多少の罪悪感がチラッ(笑)。

ポッサムチプ
“肉祭の始まり"

ポッサムチプ


ポッサムチプ
“全員大絶賛 ヘレ肉"

ポッサムチプ


ポッサムチプ


ポッサムチプ


ポッサムチプ
“こっそり追加の塩サガリ(ハラミの親戚)"


ポッサムチプ
“さらにこっそり追加の壺カルビ"

 で、のっけから肉刺のにぎりが登場に一同「ひゃー!」。2時間制限という縛りがあったので、遅れてきた面々は容赦なく切り捨てていただきます~!次はカルパッチョ風に盛られたオシャレな生肉ちゃんと続き、いよいよ網焼きに突入です。みすじ・○○スカートなどと覚えられない部位のお肉が次々登場しましたが、どれも甲乙つけがたい美味しさ。「これが本当のお肉なのね」っと、今までに半生をふり返り思わず悔し涙(ウソ)。コースが終わってもまだまだ感動を味わっていたくて、お肉をいくつか追加注文。

ポッサムチプ


ポッサムチプ
“ひそかに一番美味しかった ユッケジャンクッパ"

 最後は冷麺やクッパなどで華麗なるシメ。これだけ食べてひとり5000円はお得ね♪夫も大層気に入っていたので、また近々勝手に予約しよっと。そうそう、大変な人気店なので事前の予約は必須です。でもその価値アリな焼き肉店ですから~

●shop data: 『焼肉ポッサムチプ』 神戸市兵庫区駅南通1-2-20  Tel 078-681-8888 open 17:00~23:00 月曜定休 URL http://www.possamu.com/

ポッサムチプ
スポンサーサイト
ぐるりす(アジアン・エスニック)TB:0CM:0

■高級感溢れるお蕎麦屋さん 西宮『そば辰』

2008/03/25 18:11

そば辰


西宮の171号線沿いにあるお蕎麦屋さん『そば辰』。道沿いから丸見えの駐車場には、いつも高級車がずらり。私、最近ようやく「BMW」と「ワーゲン」の見分けが付くようになって喜んでるクチ。っと言っても無論、車のbodyを見ての話ではなく、マークの見分けですが・・・(汗)。ま、そんなわけで、舶来の車を乗り付けちゃうセレブなお客が多いこのお店、断然気になるわー

そば辰


 実は過去に何度も食べに来てるはずなのに、全然覚えてなかったんですよね~。あら、こんな嵯峨野風の竹林?!ま、こんなサロン風の喫茶店?!っといちいち新鮮に驚いてる私・・・ボケがすすんでますなぁ。お店に入ってすぐ、待合い場のような優雅な(?)スペースにもサッパリ覚えがなく、この日はご飯時真っ最中ということで待ち人多数。行列嫌いな夫なので、普段なら絶対に待たないのですが、竹林やら何やらを美しくデジカメすることに夢中なので結局順番待ちをすることに。

そば辰


そば辰


そば辰


 かれこれ30分後にようやく席にご案内。待っている間も感じていたのですが、客層的にはかなりオトナ。そして雰囲気もどことなくお上品だし、私も今日は特技のガッツリを封印せねば(笑)。で、オーダーした「小海老のかき揚げそば」。透き通るようなおダシが印象的なかけそば・山盛りのネギ・またまた山盛りの小海老のかき揚げが別皿で出てきます。最初「ネギ、いらない」っと思っていたモノの、あまりの新鮮さにつられてお蕎麦と一緒にすすると・・・めっちゃ美味!全部食べてしまいました(笑)。サクッとかき揚げも、ボリューミーでこれまたグー♪お蕎麦の腰のなさを差し引いても、全然OKでまた食べてみたいメニューでした。

●shop data: 『そば辰』 兵庫県西宮市越水町5-7  Tel 0798-72-3522 open 11:00~22:00 月曜定休

そば辰
ぐるりす(うどん・そば)TB:0CM:2

■ハイアットでセレブランチ 京都・東山『トラットリア・セッテ』

2008/03/24 18:03

トラットリア・セッテ


 京都国立博物館の道路挟んですぐの場所にあるハイアットリージェンシー 京都。06年にパークホテルからハイアットへ華麗なる変身を遂げた、優雅さと気品溢れるホテル。ロビーには想像以上にたくさんの方が、午後のお茶でお喋り・・・くーっ、ホテルに来るとやっぱり気分が高揚する♪たまにはドタバタの庶民的な日常から逃避したい~~ぃ

トラットリア・セッテ


 国立博物館でのチェンバロコンサートをやり遂げ、無事に任を解かれた朋代さんのプチ慰労会がハイアット2階にあるイタリアン『トラットリア・セッテ』で執り行われました。参加者は、スポンサーでもある朋代さんご両親(ご馳走様でございます~)・朋代さん・水姉貴そして私の計5名。前日までは4名席しか確保できなかったという人気店でしたが、そこは天下のハイアット。きっちり6人が座れる円卓の用意を間に合わせてくれました。朋代さんやご両親の「顔」もあったのよねー、きっと♪何はともあれ、お気楽な我ら「きゃー!」っと大喜び。オシャレでカッコイイご両親のすすめで、昼間っから機嫌良くワインのボトルなんぞを開けちゃってます(笑)。無念、アルコールがダメな私は加われなかったのですが、この後にも演奏会のヘルプが控えている朋代さんまでほろ酔い気分~。ご両親とは初対面だと言うのに、お話が楽しくて盛り上がりまくっちゃったよー♪

トラットリア・セッテ


 ランチのコースバリエはパスタ(1,850)・ピザ(2,150)・お魚(2,700)・お肉(3,150)の4種類。今日のパスタは濃厚トマトソースが美味しい「茄子とオリーブのシチリア風ソース」。ピザは赤や黄色のピーマンがフルーティな「ペペロナータ」。オーダーを終え、ほどなくして運ばれてきたパンは2種類。オリーブオイルに岩塩をパラッと散らして頂くパンはさすがに絶品。珍しいグリッシーニは、ついつい食べやすくてやめられない止まらない。ベーコンや菜の花を使った前菜にサラダの後はお待ちかね、噂に違わず大きなピザに目が点になる私達。とろ~り極上のチーズと、いい塩梅の分厚さ加減を誇る生地が何とも美味しいピザ。が、お喋りについつい夢中になるうち、満腹になってこれほどの感動ピザを残してしまった・・・大食いがウリの私、一生の不覚(涙)

トラットリア・セッテ


 緑や日本庭園見渡す開放感溢れる店内は、雰囲気・サービス・味ともに文句なしに最高。お値段設定はさすがホテル、という感じですが、ホント、たまにはエイッ!と贅沢してしまうのも日常の小さな楽しみですよね~。なーんて、今日は朋代さんのご両親さまに全てお任せ(笑)。美味しく優雅な時間を本当にありがとうございました!

●shop data: 『Trattoria Sette』 京都市東山区三十三間堂廻り644番地2  Tel 075-541-3204 open 11:00~22:00

トラットリア・セッテ
ぐるりす(イタリアン)TB:0CM:0

■ガールズ会♪お茶編 阪神芦屋『A&H』

2008/03/22 21:18

A&H
“ミルクレープ"

 前回、ブログでも紹介して反響が大きかったお店『A&H』が、今日のガールズ会のお茶処。まだまだ新しい店舗だけに、ショップデータが揃わず・・・阪神芦屋駅から徒歩1分、北東に位置する線路沿いにあります。パッと見は「何のお店かな?」って具合なので、気を付けてチェックしてみて下さいね。

A&H


 阪神芦屋もここ数年でずいぶんお店が増えました。震災で壊滅した茶屋之町や公光町など、町全体が美しくリニューアルされ芦屋らしい素敵なショップがポツリポツリとopen。真っ平らな平地なので町歩きにもグーです♪れんげちゃん&karinちゃんと、相変わらずお喋りしながらショップ探索。自らのネタを語り続けつつも、素敵な服や雑貨はしっかり確実にチェック(笑)。場所柄「高価!」っと思われますが、探せば求めやすい価格の物も多いんですよ~

A&H
“シフォンケーキ"

 で、話はスイーツ店の『A&H』に戻ります。こちらのカフェ等で使われているフレンチシックの素敵な陶器達は、すぐ近くにある『ブラン・ド・ジュリエ』で揃えた物だとか。私達もちょうどお邪魔していたお店だったので、紅茶カップを見た瞬間「あーっ、これって??」と思わず雄叫び。オーナーも微笑っておられました。ゆったりしたテーブル&ティーセッティング、それに素朴だけど美味しいケーキと気の合う友達。世の中にこんなに幸せな時間があっていいのかしらん(笑)。

A&H
“ちょうど焼きたてということで、試食させていただきました(*^.^*)"

 そんなエレガント&リッチな雰囲気のカフェで、目下「餃子」の話で大盛り上がりする私達。餃子の皮は手作りが一番!これ、今日の教訓でした。次は餃子作りパーティでもするか~(爆)

●shop data: 『A&H』 わかり次第アップします

●shop data: 『Blanc de Juillet』 芦屋市公光町10-19  Tel 0797-35-2720 open 11時~19時 無休(買い付け期間は休) URL http://blancdejuillet.com/

A&H
ぐるりす(ケーキ・甘味)TB:0CM:0

■漬物のお気に入り№1 京都・河原町『村上重』

2008/03/21 21:14

村上重
“ちりめんすぐき"

 阪急河原町駅のすぐそば、お漬けものの老舗『村上重』。賑やかな表通りからひょいと路地を入った突きあたり、どっしりと風格ある佇まいが目をひきます。漬けものが京都の専売特許かと思うくらい、有名無名店が数多く存在。そんな中、食通の知り合いが宝塚からわざわざここに通い、自分用に贈り物にと山のように購入するそう。山のように・・・う~ん、ちょっとわかる気がします。

村上重
“きざみ千枚 これで本年度は最後でしょうね"

 レジの横に並ぶ賞味期限が僅か1日の貴重品「千枚漬けのきざみ」。あった、あった、これが欲しかったのよね~♪トロリ&ジューシーな食感がこの季節ならではのもの。本当は1年分くらい買って帰りたいのですが、夫婦ふたりしかいない我が家。一袋で我慢か。などと控えめにあれこれ選んでいる私の横で、水姉貴ってばカゴいっぱいにお買い上げ。彼女の家も夫婦ふたりなのに・・・実は、賞味期限というモノを見ていなかったらしい。ま、しばらくはお漬物バイキングな日々でしょうな(笑)

●shop data: 『村上重本店』 京都市下京区西木屋町四条下る船頭町190番地  Tel 075-351-1737 open 9時~19時(平日)・9時~19時30分(土日祝) 年始以外無休 URL http://www.murakamijyuhonten.co.jp/

村上重
ぐるりす(ショップ・お取り寄せ・レシピ)TB:0CM:0

■ランチでお得ににぎり鮨 芦屋『多田』

2008/03/19 21:05

多田


 芦屋でふらふらランチ処を探していると、ギョッとするようなお安い看板を出しているお寿司屋さんを発見!見るからに敷居が高そうな外観とは裏腹に、メニューは「昼にぎり 1,050円」「昼ちらし 1,365円」。にぎりの数が極端に少ないのかな?ま、足りなかったらまた何か買い食いすればいいかー!ってな軽いノリで引き戸を開けて店内へ~

多田


 白木の美しいカウンターに、年輩のお一人客がポツリポツリ。最初はちょっと緊張したけど、席につけば広いカウンターと清潔感溢れる店内にホッと和めます。オーダーしたのは噂の(?)千円にぎり。最終的にはにぎり8貫+手巻き寿司、それに赤だしが付いて十分に満足できる内容でした♪

多田


 ネタは明石漁港で揚がった鯛やタコなど天然物中心のラインナップ。近海でとれただけあって、確かに、新鮮ぷりぷりのネタは小さめのしゃりにバッチリマッチ。

多田


 幸せだったわ~♪会計が恐ろしいお鮨は、特に芦屋なぞでは立ち寄ろうとはあまり思えない代物。が、JR芦屋の北側すぐというこんな好立地で、しかも美味しくリーズナブルに味わえるなんて・・・ふらふらと歩き回って見るもんですね。ランチってやっぱり良い!お昼のメニュー万歳~!今度は夜にも行ってみたいな・・・どこかにスポンサーいないかな(笑)

●shop data: 『鮨処 多田』 芦屋市船戸町5-28 アントス芦屋B101  Tel 0797-31-3758 open 11:30~14:30・17:00~22:00 水曜定休

多田
ぐるりす(和食)TB:0CM:2

■刀削麺なお店 神戸・灘『福龍門』

2008/03/18 20:57

福龍門
“具がたっぷりのジャージャー麺"

 国道2号線沿いにあるこのお店を通るたび、飽きもせず「刀削麺や~!」っと言い続けてた夫と私。周辺に駐車スペースもなさそうなので毎回スルーしておりましたが、この度何の脈略もなく「食べてみよう」ってな運びとなりました。この日はホント寒い日だったので、店頭であがる湯気に惹かれたのかも~♪

福龍門
“刀削麺"

福龍門
“店頭で実演 体験もできますよ!"

福龍門
“麺はこんな感じ"

 お店の名前『福龍門』より、刀削麺の文字の方が確実に大きい看板。その店頭で刀削麺などを実際に作っておられ、道行く人も時に足を止めて見物しています。刀削麺とはその漢字が示す通り、ぼってりした生地を金属製の刀で薄く削って作る麺のことだそう。中国の山西省が発祥とかで、なかなかに高度な技が必要、っと以前テレビで言ってました。が、恐ろしくフレンドリーなオーナーの計らいで、我らも成り行きで刀削麺体験。生地が想像よりも柔らかく、お店の方達がするようにシュッシュッって・・・絶対ムリ(笑)

福龍門
“小龍包もしっかりとスープ入り"

福龍門
“リーズナブルにチャーハンセットにできます"

 「全部手作り」が自慢の中華料理は、野菜がたっぷりで彩りもきれい。美味しい上に安心して食べられるのは嬉しいもので。できたて熱々の小龍包も、予想通りに中からジュワッと美味しいスープ。ウマ~!大小いろいろな形をした刀削麺ですが、モチモチの食感が麺と言うより惣菜みたい。ボリューム満点。お話好きなオーナーですが、仕込みから野菜の細工から目の前で休む暇なく作業に次ぐ作業。先ほど作ったばかりとおぼしき大学芋を、小皿にとってホレっとサービス。おほっ、カウンターに座ってよかった♪お腹が空いたら気軽に立ち寄りたい、そんなアットホームで美味しいお店でした。

福龍門


●shop data: 『福龍門』 神戸市灘区徳井町4-1-2  Tel 078-856-7481 open 17:30~26:00(平日)・11:45~15:30&17:30~24:00(土・日・祝) 水曜定休

福龍門
ぐるりす(中華)TB:0CM:0

■大好きタイ料理 大阪・道頓堀『クンテープ』

2008/03/17 20:49

クンテープ
“ソムタム 青パパイヤサラダ"

 ここ数年、夏になるとタイばかり目指してしまう私達に、周りの人達は「またタイ?」っとゲンナリしちゃってます。ホント、ハワイやらヨーロッパやらと華やかなりし海外とは違って、さほど話題性もない東南アジアですから・・・仕方ないです。しかし日本からバンコクまでの空の旅は軽く6時間。開発され尽くしたリゾート地はとても素敵だし、全体の物価も安いので名だたる高級ホテルにも頑張れば手が届きそう(?)。国が認めるマッサージがあるほどに、スパ系も強力な癒しの楽園。うむうむ、こうしてタイの良いところを並べるだけで、今すぐ飛び立ってしまいたい気分~♪

クンテープ
“タイ風揚げ物各種"

クンテープ
“空芯菜の炒め物"

 でも、我らがタイを愛する一番の理由は、何はさておきやっぱりご飯が美味しかったから。よく調べもせずに入ったレストランでも、道端に出ているあまり美しくない屋台でも、タイ料理であればどこでも本当に美味しいの。ただ、タイで食べるイタリアンはいまいちだったけど(笑)。本場で食べるタイ料理が無性に恋しい今日この頃、大阪ミナミ道頓堀にある『クンテープ』へ出掛けてきました。

クンテープ


クンテープ
“タイ風 オムレツ”

 テレビでも紹介されいて、なかなかに評判の良いお店。タイ国政府に認定されたという、タイ人シェフによる本格的なお料理がウリ。この日は夜でしたが、ランチタイムはリーズナブル価格での食べ放題が楽しめるとか。一度そちらも頂いてみたいものね~。食に対する好奇心旺盛なミキティが一緒なので、遠慮なくタイ現地のお料理をバシバシオーダー。張り切って頼みすぎて、テーブルに乗りきらなくなっちゃったほど。辛さは多少控えめだけど、なるほど現地の味をイイ感じで再現されてる。油っこいお料理は油っこく、野菜料理も油っこく、卵料理すらも油っこく、う~んコレコレこれがタイだわ!灼熱のタイではこの油っ気が必須項目なんです。ま、今日はとりあえずオーダーしすぎ&油の摂取しすぎで、帰りはお腹がくるしかったけど(笑)。タイが恋しくなったら再訪したいお店でした。

クンテープ
“カオマンガイ"

クンテープ
“タイ料理と言えば餅米がうれしい"

●shop data: 『クンテープ 道頓堀店』 大阪市中央区道頓堀1-6-14 平松扇屋ビルB1  Tel 06-4708-0088 open 11:30~23:00 無休 URL http://www.krungtep.co.jp
ぐるりす(アジアン・エスニック)TB:0CM:0

■メルヘンチックな一軒家カフェ 神戸・北区『ナチュレ』

2008/03/15 20:39

ナチュレ


 今日もまた、ぱぷりか氏・夫・私の3人でケーキ屋さんへ。「ぱぷりか氏が面白い」っと書き込みしてくれる子もいたりして、調子に乗ってまた一緒に食べてます(笑)。ぱぷりか妻もつい先日、自動車免許取得の合宿から無事生還したので、次回からはご夫妻での登場にも乞うご期待・・・う~む、正反対な方向へ暴走する夫妻だけに、うまくまとめられるかどうか今から心配。

ナチュレ


ナチュレ


 今日は神戸市北区の藤原台にいます。神戸電鉄の岡場(おかば)駅のすぐ目の前にあるケーキ店『ナチュレ』です。今は新しい家が建ち並ぶバリバリの新興住宅地な岡場ですが、かつては神戸市の小学生がこぞって“芋掘り”に出掛けた場所だったとか。現在、さすがに芋掘りはできないまでも(笑)駅前から少し離れると緑や自然の多い場所。神戸市と一口で言っても広いですよね~

ナチュレ


 話は戻って、岡場駅前の『ナチュレ』はかなり目立つ佇まい。かわいらしい小屋のような外観で、一軒丸ごとスイーツの館なのです。ゴテゴテと飾り立てないケーキは、そのお味も素朴で美味しい♪複雑系なケーキがいまだに苦手な私は、スポンジや生クリームなどの基本が美味しければ万事OK。ウッディで温かみのある雰囲気の中、まったりできるかわいらしいカフェです。ちょっとイスが固かったけど(笑)

ナチュレ


●shop data: 『Natulait』 神戸市北区藤原台北町1-2-6  Tel 078-982-5866 open 10:00~20:00 月曜定休(不定期で火曜休) URL http://www.natulait.co.jp/index.html

ナチュレ
ぐるりす(ケーキ・甘味)TB:0CM:2

■美味しいコーヒーなら 神戸・元町『エビアン』

2008/03/13 19:47

エビアン


 お酒はからっきし飲まない我らですが、コーヒーにはこだわってます。ホント、大好きです♪自宅でも何とか美味しいコーヒーにありつけないモノかと、日々情報収集のアンテナをはりめぐらせ中。つい先日、見た目にもかわいいホーローのケトルを入手。コーヒーをドリップしやすいように、注ぎ口が細いのが特徴なんです。何せキュートなケトルなんですけど、美味しく淹れられるかどうかはその時の運次第・・・珈琲道、奥深し!

エビアン


エビアン


 元町商店街の東口にある喫茶店の『エビアン』は、いつ見ても人でいっぱい。人が集うというより、ひしめいている感じ(笑)。昭和27年からの老舗とあって、そのハイカラな風情は観光客にもバッチリ知れ渡るお店です。こちらのコーヒーは、見ているだけで時間を忘れそうになるサイフォン式。コーヒー豆にももちろんこだわり、自家焙煎の立派な機械には羨望の眼差しです。狭苦しくゆっくり寛げる雰囲気では決してないけど、ここのコーヒーは本当に美味しい!大ファン。家で淹れるコーヒーが、少しでもエビアンに近づいてくれればいいな。

エビアン


●shop data: 『EVIAN』 神戸市中央区元町通1-7-2  Tel 078-331-3265 open 8:30~18:30(日祝9:00~18:00) 第1・3水曜定休 URL http://www.evian-kobe.com/

エビアン
ぐるりす(カフェ)TB:0CM:1

■自家製パンと洋食のお店 西宮・苦楽園『クネル』

2008/03/11 19:35

クネル


 苦楽園マダムに評判のお店、洋食(フレンチ?)の『クネル』でランチをしてきました~。とにかく平日は幼稚園ママ達で連日満席続きとの噂を聞き、行き当たりばったりの我々も珍しく「予約でもするかなー」などと事前に根回し。お店の方の話しぶりから、どうやらラスト1席だったみたいっ!ホッ。ツキのない我らには珍しいラッキーな展開。これは期待度アップですな~☆

クネル


 それにしても小さな小さな店内は、15人も入れば満席状態。テーブル間隔も狭いので、ゆったり寛ぐ向きじゃないかも。でも、温かいオーナーご夫妻が醸し出す、アットホームな雰囲気に惹かれる人が多いんだろうなぁ。

クネル


 オーダーしたランチフルコースは、前菜4種・スープ・お肉orお魚から選べるメイン・自家製パン4種・デザート・お茶。

クネル


クネル


クネル


クネル


 これだけ続いてお値段は驚きの1500円。当初「へ~、お得やん」などとのんきなコメントを発しておりましたが、お料理を頂いた後には「うぎゃー!これは安すぎっ!」っと叫び出すくらい。どのお料理も本当に手が込んでいて、ビジュアルも美しくもちろんお味も完璧。

クネル


クネル


 テンポ良く運ばれてくる美味しいお料理を、心底堪能させていただきました。うん、ボリュームも適度でグー♪この内容で本当に1500円でいいのか?っと申し訳なく思っていると、お店の奥様が「バタバタして本当にすみません」っと必死で謝って下さるんです。いえいえ、それを承知でお邪魔していますから全然申し訳なくないですよー。って言えませんでしたが(笑)本当に人柄の良さが感じられる温かいオーナーご夫妻。人気の理由がわかりました!

クネル


クネル


●shop data: 『自家製パンと洋食の店 quenelle』 兵庫県西宮市南越木岩町14-16 Tel 0798-70-3555 open 12:00~14:00・18:00~22:00 月曜定休

クネル
ぐるりす(洋食)TB:0CM:0

■町の食堂 神戸・新在家『日の出もり家』

2008/03/07 18:25

日の出もり家


 私の好きな邦画に、小林聡美さんの『かもめ食堂』ってのがあります。少し前の作品なのですが、ブロガー友達のli-zhenさんがいち早く紹介し「いとおしい映画」っと評されていました。うん、その表現がピッタリ!舞台は未知の世界フィンランドでありながら、出されるメニューはメインのおにぎり他、豚のしょうが焼き・豚カツなどお馴染みの食堂メニュー。最初は鼻も引っかけてもらえなかった小さな食堂が、いつしかフィンランド人で満席になるという物語。私的にいとおしいのは、清潔感溢れるかわいいキッチンや、料理を心から愛する主人公の姿。お掃除もお料理も苦手分野だけど「ま、頑張りますか」ってな気にさせられる。DVD買って永久保存だわっ!

日の出もり家


日の出もり家

“定番トンカツ定食"

日の出もり家

“串カツ定食"

 先日行った新在家にある『日の出もり家』は、かもめ食堂ほどのオシャレ感はないけど(笑)温かみある雰囲気はまさしく食堂。メニューも豚カツ・串カツなどの洋食メニューはもちろん、麺類・ソース系・おつまみ系など多種多彩。かもめ食堂のメインメニューがおにぎりであるように、こちらのイチオシは「明石焼き」。大阪のたこ焼きがソースなら、明石焼きはおダシか??っと当初はその程度の認識でしたが、とろとろの美味しい生地は玉子焼きとも呼ばれ、食すれば食するほどたこ焼きとはまた違った魅力を放つ代物です。気楽に立ち寄れる食堂は、単独おじさんまから宴会チームまでバラエティ豊富。いつ訪れてもにぎやかです。しばらくしたらまた食べに行くんだろうな・・・家で料理しろよーっ(爆)

●shop data: 『日の出もり家』 神戸市灘区友田町3-2-4  Tel 078-851-3279 open 11:00~21:00 毎月4,13,20,26日定休

日の出もり家

“どんだけ~(*^.^*)"
ぐるりす(和食)TB:0CM:0

■ガールズ会♪ランチ編 芦屋『オンドリ』

2008/03/06 18:00

 お仕事に食べ歩きに家事手伝いに・・・っとさまざまな顔を持つれんげちゃんは、目下のところ大忙し人生真っ只中。あっちこっちに必要とされるそのお人柄は時に爽やかな風すら吹き抜けていて、のんべんだらりと暮らしている私は刺激をビシビシ受けまくり。なのに、本人は「彼氏がほしい」って・・・え~っ、彼氏?!れんげ姫やったら、彼氏くらいその辺でチョチョイとすぐ見付かりそうなのに~。私が♂だったら、即、嫁にきてもらうのに~。でも、彼氏なんぞ出来ちゃったら一直線な彼女のこと、ますます時間がなくなって我らの相手なぞしてくれないわ・・・絶対っ。

オンドリ


 我らってのは、karinちゃんと私の「チーム☆サボリ」。我ら同じヨガ教室に通っているというのに、彼女に会うのはなかなかにプレミアチケット。チャンスは月4~5回、でも08年になってヨガで会えたのはまだ2回ほど(笑)。どっちがどれだけサボリなのかは神のみぞ知る。ははっ。

オンドリ


 っとまぁそんなガールズ(?)3人でランチしたお店が、芦屋にあるスタイリッシュな洋食店『オンドリ』。外観・内装がパキッと明るい雰囲気で開放感抜群☆彗星のように現れた芦屋らしいお店です。我らがヨガ教室のご近所だというのに、その雰囲気の違いってば・・・ギャップありすぎ。教室は普通の公民館仕様だもんねー、はぁ(ため息)

オンドリ


 さて、店内は平日でも幅広い年代の方々でほどよく混み合ってました。バーカウンターの近くのテーブルに陣取り、洋食メイン+パン+スープ+お茶がセットになったお得なランチを各自オーダー。他にもパスタ・数量限定日替わりメニュー・デザート付きのセットなど各種豊富なラインナップ。マダムkarinのメインはヒレカツ(1500円)、れんげ姫と私はメンチカツ(1200円)。「熱い、熱い」と言いつつ頂くできたての洋食って、ホント感動モノですね~。

オンドリ


 ナイフでザクッといった断面からしたたる肉汁は、まさしく情報番組の永遠の定番カット♪なかなかに美味でした。ただ、喋ることに集中するあまり、今日のランチは「添え物」的要素が強うございました(笑)。長らく放置されたパンは、さすがに水分が抜けきってたし。喋るか食べるか・・・う~む、これは難しい問題ネ

●shop data:『ASHIYA洋食・オンドリ』 兵庫県芦屋市大桝町2-12 クオリア三正ビル1F ℡0797-21-5117 火曜定休
ぐるりす(洋食)TB:1CM:3

■最愛のパン屋さん 芦屋『ベッカライ・ビオブロート』

2008/03/05 17:53

ベッカライ・ビオブロート

“ヴァルヌス ウント ロジィーネンブロート ちょっと温めてバターと\(^-^)/"

 今年は妙に雪が多いですね。ここ神戸の南端ではそうでもないのですが、三田方面に住むれんげちゃんなどは「毎日が雪景色」ってな話をしてくれました。毎日が雪景色で、毎日が公共交通の延着、そして毎日が昼から出勤・・・いや~、優雅なセレブみたいですね(←違う?)

ベッカライ・ビオブロート

“トーストブロート そのままで食べても美味しいのだ。"

 芦屋で評判の『ベッカライ・ビオブロート』は、オーナーこだわりのオーガニック素材を使った美味しいパン屋さん。限られた素材&分量を芦屋マダムが激しく奪い合うので、いつもお目当てのパンが入手できるとは限りません。最初の頃は私も午前中に予約を入れ、午後から引き取りに行って、っとしておりましたが、根が面倒くさがりの根性なしなもので・・・サッパリ続きません。朝ご飯にパンを食べなくなってからは、2~3ヶ月に一度のマイペース買い。これくらいが、私にはちょうどいい塩梅なのかもしれません。

ベッカライ・ビオブロート

“ヌスシュネッケン クルミとシナモンがまったり!!"

ベッカライ・ビオブロート

“シナモンロール" 

 で、雪の話に戻ります。珍しく木々に雪が積もっていたとある夕方、夫がベッカライのパンが残っているかも?っと言い出し買いに出掛けました。案の定、雪に阻まれた芦屋マダムの出足は遅く、棚には豊富な種類のパン達が♪ついでに作業を終えたオーナーも店頭に現れ、久々に無駄話&昔話などをちこっと。オープン間もない頃の同じような雪の日は、作ったパンがそのまま全部売れ残ってしまった、っとオーナーしみじみ。知り合いに配っても配っても、配りきれず余ってしまったこともあったとか・・・今のこの繁昌店からは、とてもとても想像できないお話。雪を見てふとその時のことを思い出したのか、余っているわけではないパンなのに「どうぞ」っと太っ腹サービス。ひゃ~、恐縮です。遠慮なく頂戴します♪オーナー始め奥様やお母さままで、滅多に顔を出さなくなった私達のことをずっと覚えていて下さる。そのことが本当に嬉しくてじ~んと胸に沁みました~。この温かいお人柄も、人気店が人気店であり続ける由縁やもしれませんね♪

ベッカライ・ビオブロート

“今回は贅沢してエシレのバターでいただきました。"

●shop data:『BÄCKEREI BIOBROT』 兵庫県芦屋市宮塚町14-14-101 ℡0797-23-8923 火・水曜定休
ぐるりす(パン)TB:0CM:0

■ベーグル専門店 神戸・花隈『サリーシナモン』

2008/03/03 17:44

サリーシナモン

“辛抱できずにできたてをいただきました!"

 いつもぷらぷら日記を見て下さっている方の情報で、神戸・花隈にあるベーグルのお店『サリーシナモン』へ行ってきました~。最近、我らの中で“花隈”が妙にア・ツ・イ!洋食の『朝日』もあるし、中華の『紀元』から和牛の美味しいお肉屋さんまで多種多彩。いや、ネット情報ではまだまだ美味しいお店だらけだとか。うひゃ、花隈ブームは今しばらく続きそうだす♪

サリーシナモン

“目印はこの建物。"

 で、ベーグル屋さん。通称モダン寺と呼ばれる本願寺神戸別院の、ホント目の前。小さな佇まいながら、フレンチシックな外観はめちゃオシャレ。入口入ってすぐに現れる多種多様なベーグルは、目下増殖中のベーグラーにはたまらない光景♪お店の方に焼きたて情報を頂き、まだパチパチと湯気が出ていそうなベーグルを片っ端から購入。トロリ~ン感が見るからに美味しそうなチーズベーグルは、立ち食いしてしまうことに(笑)。ずっしり、しっかり、この噛みごたえがベーグルの醍醐味ですな。うん、満足×2!

サリーシナモン

“プレーンはこんな感じで朝ご飯に(*^.^*)"

 ベーグルを表すのによく使われるモチモチ感。あれって、生地を焼く前に一度お湯でゆでる事で得られる食感なのだそうですね。あと、パンと違って卵やバターを使わないヘルシーさもウケて大人気。私も世間のブームに遅れてはならじ!っと、ベーグルというワードには機敏に反応している昨今です。

サリーシナモン


サリーシナモン


サリーシナモン


 生まれて初めてベーグルという代物に出会ったのは、今から16年前のアメリカシアトルでした。しかも、ベーグルが売られていたのは、学生食堂の片隅にあるちっぽけな自動販売機。袋に入ったベーグルを見た瞬間、そこに居合わせた全員が全員それは「ドーナツ」だと勘違い。お腹が減りまくっていた私達は、小銭を出し合って自販機おやつを購入。コッテリ甘々、そしてカロリーたっぷりのドーナツを想定しながら一口パクリっ!!「・・・・なんじゃこれ~~~?!」。一口目にかぶりついたのは、何を隠そうこの私でした(笑)。以来、しばしの間「ベーグルって不味いのね」が私達の合い言葉だったもので。今現在は、その時の仲間もベーグルに熱狂しております。しっかしヒドい味だったなー、あの時のベーグルってば。日本人の作るものって、何でも美味しいわ~(しみじみ)

●shop data: 『Sally cinnamon』 神戸市中央区北長狭通7-1-27  Tel 078-362-4534 open 9:00~19:00 水曜定休

サリーシナモン
ぐるりす(パン)TB:0CM:0

■神戸っ子の友 神戸・三宮『ケーニヒス クローネ』

2008/03/01 17:39

 神戸に住むようになって、町に溢れる『ケーニヒス クローネ』の店舗数にまず驚かされました。大阪っ子の我々にとって、昔は「ケーニヒスのクローネ」がどれだけ神々しく輝いて見えたことでしょ~!今や大阪の百貨店でも購入可能ですが、以前は御影や芦屋まで行かねば買えない、ってな危機感もカリスマ性に拍車をかけたモノで。親友でミーハー仲間のみすずなどは、出産の内祝にケーニヒスの焼き菓子を選んでいたっけ(笑)。あれ?結婚式の引き出物だったかしらん?とにもかくにもケーニヒスは、我らがブランドでした~

ケーニヒス クローネ

“クローネ 芦屋店ではなかなか出会えません!!"

 あまりに有名で今さらブログで紹介するのも・・・ちょっと恥ずかしい的な『ケーニヒス クローネ』を、改めて検証してみようと思います(笑)。神戸大丸の北側にある店舗は、一軒丸ごとケーニヒスワールド。1階がサロン兼カフェのオーダー受付になっていて、2階はヨーロピアンな雰囲気漂うカフェスペース。イスやテーブルがイギリスっぽく優雅なのですが、いつも人が溢れているせいかザワザワとした食堂感も味わえます。

ケーニヒス クローネ


 私の永久の恋人は「ドレスデン」という名の抹茶ゼリー。ゼリーと言っても、粒あんや白玉が入った豪華版。風邪で熱があっても食べられちゃうのよね~♪そしてお店のメインメニューである「クローネ」。現在カスタード・あずき・ずんだの3つの味がラインナップしていますが、私はやっぱりカスタードが一番好き。皮のカリッとサクッと感が命なので、カフェで直ちに食べるのがベスト。テイクアウトの際には、クリームを詰めた時間から3時間以上過ぎないように!っとの注意書きまであるくらいですから。

ケーニヒス クローネ


 それからそれから、季節によっては1位に躍り出ることもある「ベルリン」は、渋皮栗が地底深くに沈むトロトロのプリン。カスタードの味が最高なのよね~♪この3品ラインナップが、現在私のケーニヒス三大巨塔。皆さまはのお気に入り、またお聞かせ下さいませネ。

●shop data: 『Konigs-Krone 三ノ宮NEXT店』 神戸市中央区三ノ宮町2-3-10  Tel 078-331-7490 open 10:00~20:00 無休 URL http://konigs-krone.co.jp/index.html
ぐるりす(ケーキ・甘味)TB:0CM:0

最近の記事+コメント

最近のコメント

データ取得中...

CalendArchive

FC2カウンター

since 2008.4.15

ぷらぷら本棚Ver.2

以前の本棚がなぜかログインできなくなり、泣く泣く新しく立ち上げました。

Copyright(C) 2006 神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。