神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。

お金はないけど暇はあるぞっ! 阪神間(夙川・苦楽園・芦屋・神戸などなど)のおいしいグルメ&ランチ情報や暮らしの中のプチ発見を綴ります。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ほいほい

Author:ほいほい
家に引きこもっているのがたまらなく好きな
ひきこもり女。
でも、このところの恐ろしい体重増に、
さすがの私も動かなまずいと焦り気味・・・
「とにかく動けば痩せるらしい」と
どっかで聞いたし
ダラダラ生活から抜け出すことが目下の目標!!

お買い物はこちら

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ぷらぷら内検索

■スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

■25ansのセレブ体験『サロン・キュリネール・オークラ』

2008/02/29 18:07

サロン・キュリネール・オークラ


 今日は一日、夢のようなセレブ体験(?)をしてきました!超ゴージャス雑誌『25ans』の企画で、ホテルオークラ神戸に去年新設されたお料理教室を一日体験。ホテルのお料理教室?はて?ま、美味しいモノが頂けるんでしょ!ってな軽~いノリで料理好きの実家の母を誘って、いざホテルオークラへ。

サロン・キュリネール・オークラ


 神戸にいながらあまり足を運んだことがないホテルオークラでしたが、近くで見るとやっぱりご立派。ホテルマン達の対応もそつがなく、ホテルに一歩足を踏み入れた瞬間から違う世界に来たみたい~、っともはやウットリ。気を取り直して、招待状に従いホテルのロビー階奥にある『サロン・キュリネール』へ。

サロン・キュリネール・オークラ


サロン・キュリネール・オークラ


サロン・キュリネール・オークラ


 眩いばかりに美しいテーブルセッティングと共に、ホテルやサロンの従業員+雑誌関係者が横並びでズラリお出迎え・・・わぁ、私達親子ってば場違い!?受付を済ませると、次は母と二人で写真撮影(←?)。プロのカメラマンに軽く10枚くらいの写真を撮って頂いた後は、お部屋に入ってお着替え(←?)。なんと、実際ホテルのシェフが身に付けているという“コックコート”を着せて頂きました。パリッパリに糊付けされたそれは、誤って手を滑らせても簡単に破れてしまわないようしっかりした布地で出来ているとか。単なる飾りと思っていたネクタイも、とっさの止血に使用するとシェフ自ら説明をして下さいました。はぁ、まだ何も始まっていないというのにこの文章量・・・最後まで書けるのでしょうか(笑)?

サロン・キュリネール・オークラ


 定時10分過ぎ、贅を尽くした設備が自慢のキッチンで、西洋料理の工藤シェフによるお料理のデモンストレーションがスタート。参加者はたった12名。皆、コックコートを張り切って着ているけど実習はなし。シェフの技を、かぶりつきで見せて頂くという何とも贅沢な企画なのです。メニューは熊本産の牛肉を使った「ミニッツステーキの香草風味」。数分で食べられるからミニッツステーキ、家庭でも簡単に作れるんだそうな。ふむふむ。恐ろしく口達者な工藤シェフの包丁さばきは、魔法使いさながらの離れ技の連続。7日間かけて丁寧に下ごしらえされた、オークラの特製フォンドボーも特別に試食。うひゃ、こりゃ私にはムリですな。お料理が出来上がるにつれ、いい香りが教室中に漂います。カメラマンが絶えず我らを撮影しているので真面目顔でメモなどをしてたけど、心の中は「早く食べたい~!」当然それのみ。

サロン・キュリネール・オークラ


 工藤シェフのステーキが出来上がると、次は場所を移動してケーキのデモンストレーション。紀香&陣内の結婚式で十二指腸潰瘍を患ったという石野シェフ(笑)の力強く且つ繊細なスイーツ作りでした。見せて頂いたメニューは「ホワイトチョコレートのやわらかムース」。

サロン・キュリネール・オークラ


サロン・キュリネール・オークラ


サロン・キュリネール・オークラ


 たったひとつの小さなケーキを作るのに、気も遠くなるような準備と手間がかかるのには純粋に驚きました。ケーキが高すぎ!っと文句を言うのはもうやめます。こちらも手作りは早々に諦め、試食の時間をひたすら夢見ることに~。母も椅子に座って、偉そうに高見の見物っといった風情(笑)

サロン・キュリネール

“シェフのレクチャーなどを受けながらお楽しみのランチコースへ”

 さて、再びお着替えを済ませると、待ちに待ったランチコースの登場♪ホテルのサロンにふさわしい豪華なセレブ空間は、座っているだけで自然に背筋が伸びてます。

サロン・キュリネール・オークラ


 前菜の「茄子と海の幸の宝船 春の彩り」を頂いた後は、石野シェフ直伝のステーキが再び登場。ひとつひとつの行程を聞いているだけに、その美味しさは倍増に次ぐ倍増!感動の涙です。

サロン・キュリネール・オークラ


サロン・キュリネール・オークラ


 そして、今朝焼き上げたばかりのパン取り放題に続いては、工藤シェフの芸術デザート+コーヒー。もうここまでくると、この世のモノとは思えない気分。

サロン・キュリネール・オークラ


 夫の晩ご飯とか作りたくないし!現実にもどりたくないんですけど(笑)。お料理を頂いている間もシェフがいろいろなお話を披露して下さり、人のいい母は皆さまを代表して延々と頷き役。後で「あのパン、もっと食べておけばよかったー!」っと地団駄を踏んでおりましたが(笑)。母や私が知り得ることの出来ないすごい世界を、今日はチラッとながら垣間見させて頂きました。こんなサロンに正規参加できる日がいつかくるのかな・・・こないだろうな・・・くるといいな(笑)

サロン・キュリネール・オークラ
スポンサーサイト
ぐるりす(フレンチ)TB:0CM:0

■まだまだあるぞ芦屋ケーキ 阪神芦屋『A&H』

2008/02/28 17:34

 優雅な暮らしをされている芦屋な方々に欠かせないのが午後のお茶。まさにイギリス上流階級のライフスタイルさながら♪・・・かどうかは、庶民の私には知りようもないのですが(笑)芦屋という場所は、とにもかくにもケーキ屋さんが多いんです。店舗を構えていないような、知る人ぞ知る系のお店等も合わせるとその数は天竺レベル。ついでにパン屋さんや美容サロンの数も、実家の吹田に比べると(←比べるなー)圧倒的。すごいぞ芦屋!今さらだけど、やっぱり特異なお土地柄なのですね。ラグジュアリーなファッション雑誌が、こぞって阪神間特集を定期的に掲載するはずです。

A&H

“カスタードと生クリームのたっぷりのチョコケーキ"

 午後のお茶は、なんちゃって神戸っ子の私も大好きなアイテム。ランチを頂いてしばしすると、腹時計が「甘いモノ食べろ」と指令を出すようになりました。う~む、この現象はちょっと芦屋マダムとは違うような(汗)。ま、そんなわけで、甘党の夫とぶらぶらしている時に見付けたスイーツ店が『A&H』。エイム&ハ-トという英語書きがしてありました。阪神芦屋駅から東へ線路沿いにちょい歩いたところ。以前、製菓材料専門の『ベイクベイス』があった同じ場所です。

A&H

“とろとろモンブラン"

 十分に広いスペースはサロン風でとても素敵。ゆったりしたカフェスペースもあるので、優雅なお茶タイムが楽しめそう。思っていたよりお若い女性オーナーが、たったおひとりでこのお店を切り盛り。目下、子育て真っ最中だとかで、現在ショップの営業は水・木・金・土のみ。とはいえ、ママとお店のオーナーと二足のわらじは聞くだけで大変っぽく、怠け者の私には到底出来ない離れ技・・・なぞと思っていると、オーナーは「そんなに大変でもないですよ」っとニッコリ笑顔。お菓子作りが本当にお好きなんですね~。この日はショーケースにタルト系の生菓子が5~6種類、中央のテーブルにはたくさんの焼き菓子。ボリューミーな見た目とは裏腹に、パクパクと食べ尽くしちゃったわっ。程良いスイーツ感と満足感で、しみじみ午後のひとときを満喫させていただきました。にひっ。

A&H
ぐるりす(ケーキ・甘味)TB:0CM:0

■安々高架下寿司 神戸・三宮『双葉寿司』

2008/02/27 21:19

双葉寿司

“ばくだん巻き その日のいろいろ巻き お得!!"

 JRと阪急が接近している三宮の高架下は、健康的なおっちゃん系の飲食店でいっぱい。どのお店もリーズナブルでそこそこ美味しいらしく、平日・休日関係なく人で賑わってます。ちょうどお腹が空いた頃合いだったので、その中の一軒『双葉寿司』に入ってみました。私も、いざ、高架下初体験!

双葉寿司

“まずは 盛り合わせ"

 昭和な雰囲気がた~っぷりの店内には、昭和生まれの人々でいっぱい。もちろん我ら夫婦も昭和生まれですが、それよりご年輩が上の方が大多数。昔ながらの、なかなか良いお店のようです(笑)。カウンターに座り、まずはにぎりの盛り合わせなんぞ。にぎり7貫+鉄火巻きで1000円を切るお値段、これはお安いですね~。ネタはみずみずしさやピチピチ度には多少欠けるけど、思っていたより美味しかったです♪うん、もっといろいろ食べたい~!

双葉寿司


双葉寿司


 単品の寿司では1皿150円ほどから、千円超えるネタまで豊富なラインナップ。日によって、季節によってオススメも変わるので、その都度聞いてみるといろいろ教えて下さいます。で、手巻き寿司メニューに並ぶダンディー巻・ポパイ巻・ばくだん巻などなど、カウンターのお兄さんにいちいち質問しているとしまいには「うざっ」って顔をされちゃったひょー(笑)。でも、いろいろ入ったばくだん巻はオススメですぞ。にひっ。

双葉寿司

“〆は穴きゅう"

●shop data: 『双葉寿司 三宮店』 神戸市中央区北長狭通1-31-19  Tel 078-391-0363 open 11:30~23:30(日・祝は22:45閉店) 無休

双葉寿司

“お安く、お気軽、親父ゾーン"
ぐるりす(和食)TB:0CM:0

■お馴染み2国ラーメン戦争 神戸・甲南山手『功烈』

2008/02/26 20:40

功烈


 新たにオープンしてもオープンしても、知らない間にまたオープンしているのが国道2号線沿いのラーメン屋さん。通称、2国ラーメン戦争です。普段から意味のないデータに限り書いたり並べたりするのが好きな私は、西宮から神戸に至る2号線沿いのラーメン店を、図式化しようかと常々思っているほど(しないけど)。時に閉店を余儀なくされるお店もあるようですが、大抵は元気いっぱいで熾烈な麺戦争を繰り広げておられます。「あっちのスープが好き」やら「こっちのチャーシューが良い」やら、巷では皆好きなことを言い散らかし(笑)。実は私、ラーメンにはあまり詳しくないので、そううんちく言って聞かせてくれる方のご意見はありがた~く拝聴させて頂きますの。

功烈


 西宮在住の藤さんにオススメ頂いたお店は、甲南山手にある『功烈(こうれつ)』です。それこそ西宮から延々軒を連ねるお店を全部すっ飛ばし、ここ甲南山手まで足を運ぶとは・・・断じて気になるお店っ!!朱色の壁と漆喰の木材がイイ感じに馴染んでるオシャレな店内。とんこつがメニュー筆頭にあったので、とりあえず夫は「とんこつしょうゆ」私は「とんこつ塩」をオーダー。どこから見ても夫の醤油の方がコッテリ具合は上で、スープには“マー油”という油が浮き浮き。でも、食べるとこれが意外にアッサリといける!コラーゲンたっぷりというスープはとても複雑、でも美味しい~♪チャーシューが特に気に入りました。私のも、それほど「塩っ!」を主張せずおとなしめ。お腹を空かせていた夫には多少物足りなさも残る様子でしたが、あとからじわじわ満腹感がやってきて私的にはなかなかに満足。コッテリしすぎて「うぅ~っ」となるお店よりは、断然こちら系の方が好みです♪

功烈


●shop data: 『麺屋 功烈』 神戸市東灘区森南町3-1-7  Tel 078-452-2110 open 11:30~15:00・18:00~26:00 無休

功烈
ぐるりす(中華)TB:0CM:0

■辛っ!ウマっ!酸辣湯 西宮『東照閣』

2008/02/25 20:34

東照閣
 

 以前お料理上手なタレント(♂)さんが、何かの番組で「酸辣湯(サンラータン)」というスープをチャチャッと作っておられました。「酸辣湯」の定義を検索してみると“酢の酸味とコショウ(またはトウガラシ)の辛味を利かせた酸っぱ辛いスープのこと”だとか。酢好きの私は、テレビ画面にガッツリ貼り付きレシピを頭の中にインプット。翌日、ま、テキトーに作ってみると・・・これがなかなかのHIT!かなり自画自賛好きの私、以来この我流酸辣湯は我が家のヘビーローテーション。週に1度以上は必ず登場しとるんですよね~

東照閣


 っと、自分で作るのも美味しいのですが(笑)やはり本場本格派のそれも食べてみたいモノ。四川料理の代表的なスープである酸辣湯ですが、この日たまたま立ち寄ったのは広東料理の『東照閣』。5~6人も腰掛ければ満席の1階カウンター、その狭さは特筆モノ。料理人のおじさんや、サポートしているおばさんとの距離は文字通り激近。あまりに近すぎるので油が飛ばないように、磨り硝子を開けたり閉めたりする気配りも~

東照閣


 以前から気になっていた「酸辣湯+ラーメン=酢らーめん」の手書きメニューを指さし、早速オーダーしてみることに。、おじさんが作る酸辣湯は結構辛い系。ラー油がたっぷり使われているのが見るからにわかるけど、飲んでみるとこれが想像よりもマイルド仕上げ。あ、でもやっぱり後から辛い・・・みたいな。ラーメンや卵・緑の野菜など具材も豊富なので、ボリュームも栄養も満点かと。これ一杯で全てのストーリーは完結♪大好きな焼き飯もオーダーしましたが、この日はなぜか美味しく感じられず・・・残念。また時間をおいて食べに行こう~っと。

東照閣


●shop data: 『広東料理 東照閣』 兵庫県西宮市大畑町10-2  Tel 0798-65-8912 open 12:00~14:00・18:00~22:00 月曜定休
ぐるりす(中華)TB:0CM:0

■学生街のカレー屋さん 京都・丸太町『ビィヤント』

2008/02/23 20:12

ビィヤント


 お味が安定していて、濃厚でお腹いっぱい食べられるカレーは私も大好物のひとつ。サクッとチャチャッと食べたい日などは、夫も私もファストフードではなく断然カレー派。あちらこちらと各地にカレーのお店を、リストアップし確保してます(笑)
 で、この日は京都をぷらぷら。河原町・高瀬川沿いにあるカレー店は長らく我らのお気に入りでしたが、数年前から作り手の方が変わってしまいなにげに足が遠のく昨今。久しぶりに食べる?っとの声はあがったものの、う~ん(もじもじ)っとどうにも気乗りせず。それでも胃腸はカレーモードにシフトされていたので、ネットで評判の良かった『ビィヤント』にチャレンジ♪

ビィヤント


 夫が車を運転していたので、詳しい位置はよくわかっていません(苦)。最寄り駅は京阪の丸太町駅らしく、京都大学附属病院の東大路通挟んだ目の前にあります。なるほど、10人ほどで満席になってしまうカウンターには、近くの学生とおぼしき若いメンズがズラリ。京大というワードを聞いただけで、カレーをガッツく彼らが妙に秀才っぽく見えるから不思議・・・ま、私だけですが(笑)

ビィヤント


 オーダーしたのはメニュー筆頭にあった「カツカレー(900円)」。ルーはビーフ・チキン・シーフード・ベジタブルの4種類の味から自由に選べます。私は肉+肉のビーフをチョイスし、中途半端に食のバランスを気にかける夫はベジタブル。なるほどさすがベジタブル。“ゴロゴロ”ってな状態で、豆や野菜がた~っぷりです。黄色いターメリックライスが、比較的甘くスパイシーなルーと絡み合ってなかなかにグー。感動の嵐!っとまではいかなかったけど、十分な美味しさとボリュームに大満足。辛さも好みでオーダーできるので、次回はもう一歩辛いモードでお願いしてみよ~

●shop data: 『ビィヤント』 京都市左京区東山通丸太町上ル東側 Tel 075-751-7415 open 11:30~23:00 金曜定休

ビィヤント
ぐるりす(カレー)TB:0CM:0

■悲願のナポリピザ(?)神戸・北野『アズーリ』

2008/02/21 20:06

Pizzeria Azzurri

“もっちり生地がナポリッ\(^-^)/"

 私の愛読書SAVVYに掲載されていて、いつか絶対食べてやる~!っと息巻いていたお店。神戸の山の手、北野にある『アズーリ』です。ナポリ風のモチモチピザを、本場から直輸入した石窯で焼いて食べられる!っと。それがかなり美味しい!っともっぱらの評判。基本、行き当たりばったり調の我らは事前予約などをしないタチなので、このような人気店にかかると9割方門前払いを喰らう羽目に。でも、この日は何を思ったか・・・行列がないっ。しかも店内には豊富な空席。理由はよくわからないけど、とにかくラッキー☆にも自然光が温かい窓際テーブルをgetでございます~

Pizzeria Azzurri


 06年のオープン以来、やはりここはピザが一番人気。お店には“ピッツァイヨーロ”なるピザ職人がおられるそうな。なるほど周りを見ると小さなテーブルからはみ出さんばかりのお皿を目の前に、お喋りにこうじている方多数。

Pizzeria Azzurri

“パンがあれば…"

 ランチメニューは、それぞれ3種類から選べるピザorパスタにグリーンサラダ・お茶がセットになって1500円。ピザ生地はモッチモチだけど食感は意外に軽く、チーズやその他の具をしっかり堪能できます。ボリューミーでウマ~♪本格ラグーソースをからめたフィットチーネも、なかなかに美味しかったです。濃い味付けだったので、一切れだけでもパンがあれば嬉しかったなぁ。ピザやパスタ一点豪華主義的なセットで、ランチというにはお得感にはちと欠けるかも。1500円ですしね。でも、ボリューム的には大満足で、晩ご飯まで胃の中はいっぱい。嬉しきことかな☆

Pizzeria Azzurri


●shop data: 『Pizzeria Azzurri』 神戸市中央区山本通3-7-3 ユートピアトーア1F Tel 078-241-6036 open 12:00~15:00・17:30~22:00 木曜定休

Pizzeria Azzurri
ぐるりす(イタリアン)TB:0CM:0

■渋好みっ子のリクエスト 大阪・梅田『築地玉寿司』

2008/02/20 20:01

今日は2ヶ月に一度の脱毛の日。短大時代からの友達pink pooh・くるみ・私の3人で、同じく古友のトモちゃんに紹介したもらったサロンに通っています。かれこれ2年以上、2ヶ月に一度合流してはお互いに近況報告したり、美味しいランチを食べたりバーゲンに繰り出したり。いつしか、私にとってかなり楽しみなイベントになってたわ。次の会でいよいよ脱毛も終わってしまうので、また違う理由を考えて定期的に集まらねばっ!ネイルサロンとか(←いまいち興味なさそう)?アンチエイジングなフェイシャルはどうかな(←年齢的に必須)?

築地玉寿司

“レディースランチ 1600也。アイス付き"

 ま、そんなこんなで奴らと合流すると、今日はなぜかくるみの次男Yマル君もご一緒・・・病み上がりなのに、母の脱毛に連れてこられたみたい~。かわいそうなYマル君(笑)ごめんね。ってことで、この日のランチは100%彼のリクエストを採用することに決定!小学生のYマル君に、皆何を食べたいか口々に聞いてみると・・・最初の答えは「マスカット」、そして次に出たのが「数の子」っとな!いや~、数の子好きの小学生には恐れ入りましてございます。偏食気味の夫も私も、いまだに数の子なんて食べられないクチ。その他Yマル君の大好物はと言えば、いくら・生海老・昆布じめなどなど・・・oh!なんちゅー渋いお子ですこと(驚)

築地玉寿司


築地玉寿司

“お得なランチ"

 前置きが、いつにも増して長くなりましたが、Yマル君のリクエストを元に辿り着いたのが梅田のアクティ大阪16階にある『築地玉寿司』。キタの景色が見渡せるとあって、ご飯時には行列ができるときもあるそう。ランチは特に、リーズナブルなにぎりのセットが人気みたい。私もにぎり8貫・手巻き1本・茶碗蒸し・赤だしが付いた980円のランチをオーダー。ボリューム的にもお味も全然OK、お安いお値段の割には十分満足できました。パクパクッとあっという間につまんで食べ尽くすにぎりですが、テーブルを陣取ってお喋りしている間に徐々に満腹感が(笑)。日本の偉大なる食文化は、子どもから大人まで今日もやっぱり愛されていました。

●shop data: 『築地玉寿司』 大阪市北区梅田3-1-1 アクティ大阪 16F  Tel 06-6341-2350 open 11:00~22:00 不定休(アクティ大阪に準ずる

築地玉寿司
ぐるりす(和食)TB:0CM:0

■雰囲気180℃チェンジ 神戸・三宮『愛愛』

2008/02/18 19:55

愛愛


 お店に入ってビックリしたの何のって・・・ホント、こんなに変わって大丈夫か?!っと他人事ながら心配してしまうほどです。三宮の飲み屋街、東門の中にある『愛愛』という中国料理店のことなんです~
 私がまだ独身だったうら若き頃・・・しかも、今よりもっともっと旺盛な食欲を発揮し倒していた夫と私は、夜中近くになって「シメ!」などと言いつつ喰らっていたのが『愛愛』の台湾汁そばでした。店構えは庶民的、っと言うよりプレハブ小屋状態。ガラリと引き戸を開けると、ステンレス色の厨房で腕をふるう料理人や陽気な酔っぱらい達の熱気でムンムンでした。かつては。そ、それが今では、高級フランス料理店を思わせる豪華なテーブルセット、それにスタッフの方々も妙にパリッと澄ましていますし(笑)。外も中も、プチ整形どころの騒ぎではありません。全然違う人に変身!なのです。

愛愛

“タレはもちろん味噌だれ"

 へへっ、変身ネタはこれくらいにして、懐かしい「台湾汁そば(840円)」と「餃子(600円)」をオーダー。神戸に来て餃子専門店の多さに驚いたけど、付けダレに必ず“味噌味”があるのにも衝撃。それまで、餃子にはポン酢や酢醤油しかしらなかったもんねー。独特の風味を放つ豚ミンチと、モチモチの皮と味噌ダレが総勢で美味しいコラボ。タレをつけるために餃子を食べる状態の夫は、タレ2度づけ3度づけを楽しみまくっておりました。

愛愛


 透き通ったあっさりスープも、これまた衝撃的な汁そばはまだまだ健在♪そのサラッと湯麺に、コッテリ味に煮込んだミンチを絡めて頂くのがグー。ボロい佇まいの昔懐かしい『愛愛』と、セレブな雰囲気満載の現在の『愛愛』。神戸っ子としては、どちらも末永く愛しております~

●shop data: 『中国料理 愛愛』 神戸市中央区中山手通1-5-10 Tel 078-332-0019 open 17:00~23:30 日・祝定休

愛愛
ぐるりす(中華)TB:0CM:0

■オーガニックパンの魅力たっぷり 京都・下鴨『レ・ブレドォル』

2008/02/16 21:48

レ・ブレドォル


レ・ブレドォル


 食の安全が叫ばれている昨今、オーガニックパンにこだわり続けてきた『レ・ブレドォル』が評判高し!京都に行ったら是非立ち寄ってみたいと思いつつ、すっかり忘れていた頃(笑)たまたまお店の前を通り奇跡的な大発見♪うはっ、やったね~

レ・ブレドォル

レ・ブレドォル


 オーガニック小麦を主に使用し、乳化剤・イーストフード・保存料等は一切使用しないという徹底ぶり。はて、一体、どれほどまでに食べ慣れぬパンの味かと思いきや・・・めっちゃ美味しい~!!これはオーナーの並々ならぬ努力の結晶でしょう。モッチリそしてふんわりな食感と、香ばしい小麦の味わいがたまりませんっ!パクパクとあっと言う間に食べてしまい、もっと買っておけばよかった・・・っとしばし後悔(笑)。お店の写真写りも最低だし、また京都遠征の際には買いに行くべしですなぁ~。あぁ、家の近所にあったらいいのにっ!

●shop data: 『Les bles d'or』 京都市左京区下鴨高木町33 杉山ビル1F Tel 075-706-2510 open 7:00~20:00 水曜定休
レ・ブレドォル
ぐるりす(パン)TB:0CM:0

■何度食べても美味しい 神戸・元町『シャミアナ』

2008/02/15 21:40

シャミアナ


 我らのカレーは定番が決まっておりまして、芦屋の『インディアンカレー』に三宮の『いっとっ亭』そしてこちら元町の『シャミアナ』が大まかなラインナップ。私的にはシャミアナの海老カレーが一番好き♪数々のスパイスが入っているだろうルーは味わい深く、マイルドな中にもゾクッとくる辛さがたまりません。

シャミアナ


 今日は「フライドエッグ」という素揚げしたゆで卵を、プラス100円でトッピング。卵を揚げると恐ろしく油が飛ぶそうで、フライドエッグは痛くて熱い、っと仰るオーナー。命がけですな~。

シャミアナ

“しっかり野菜も食べましょう。いい塩梅のピクルスです。"

 元々『シャミアナ』といえば、北野にあるインド料理の老舗。そちら本店とこちらを行ったり来たりしているオーナー達が、手が空いたときにはアレコレとインドに関する楽しい話を披露して下さいます。北野の本店へも長い間行ってないなぁ・・・って思うと、何年も前の記憶なのに、サモサやらタンドリーチキンやらがやけに鮮明に思い浮かびます(笑)。早速食べに行って、記憶が正しいかどうか確かめねば~♪

シャミアナ

“最後の締めはチャイ 我が家はお持ち帰りセットも購入しています"

●shop data: 『シャミアナ 元町店』 神戸市中央区元町通2-3-7  Tel 078-333-9133 open 11:00~18:00 無休

シャミアナ
ぐるりす(カレー)TB:0CM:0

■愛するスイーツなお店 京都『一乗寺 中谷』

2008/02/14 21:33

一乗寺 中谷


一乗寺 中谷


 京都へ行くと必ずと言っていいほど立ち寄るお店が一軒。左京区にある『一乗寺 中谷』です。三代に渡ってでっち羊羹を作り続けているという老舗ですが、ただの古い和菓子屋さんではありません!三代目ご主人の元に嫁がれた若き奥様は、なんと洋菓子のパティシエ。和菓子&洋菓子の、最強最高のコラボレーションが楽しめるおとぎ話のような名店なのです。

一乗寺 中谷


 久々に訪れると、若いスタッフも増強されお店はますます大盛況。甘いものがどーしても食べたかった我ら、夫はガッツリ「本日のパフェ」なるものをオーダー。私は悶え苦しんで悩んだ結果、大好きな「抹茶のティラミス」に決めました。あぁ、私ってば冒険できないタチなのね・・・涙。

一乗寺 中谷


 ともあれ、何が入っているのかはその日のシェフの気分次第よん~、ってなハイリスクを背負う「本日のパフェ」だけに、当然ハイリターンが約束されてまふ♪これでもかっっ!てな具合にケーキが乗っかって、更にアイスクリーム、更に生クリーム・あずぎ・最中などなど嬉しい悲鳴でございました。実は、翌日にもやって来て、お雑煮セットなるモノをオーダー。京都の白味噌を使った、あっさりしたお雑煮の美味しかったコトったら。近所で早速白味噌を購入した単純な私(笑)。和菓子・洋菓子のみならず、軽くてヘルシーはお食事類もアリ。ゆったり和める大好きなお店です。

一乗寺 中谷


●shop data: 『一乗寺 中谷』 京都市左京区一乗寺花ノ木町5  Tel 075-781-5504 open 9:00~19:00 水曜日(祝日の場合は翌日) URL http://www.ichijouji-nakatani.com
ぐるりす(ケーキ・甘味)TB:0CM:0

■大阪のブランジェリ代表選手 靭公園『タケウチ』

2008/02/13 20:34

タケウチ


 パン大好き!、なぞと今さら公言するまでもなく、パンをこよなく愛してやまない私。焼きたてで湯気の出ているようなパンやら、モッチリ噛みごたえのあるパンやら、その香ばしい小麦の味を想像するだけでうっとり気分。とは言え、最近、秘かにパンの価格が上がってませんか?!パン好きにとって小麦の値上がりというのは、心も財布も痛く悲しい兆候でございます。先日、三宮で某パン屋へ行ってビックリ!2~3割は確実に値上がりしてますがなっ。トレーとドンクを持って途方に暮れる私・・・とりあえず「きのこ(180円)」なるパンだけを買ってそそくさと店を後にしました(笑)

タケウチ


 ずいぶん前の出来事になりますが、れんげちゃん&karinちゃんとのガールズランチ後、お喋りしながら到着したのがココ『ブランジェリ・タケウチ』でした。市内に詳しくない私も、有名なこのお店の事は外観からよーく覚えてます。小さなお店にも関わらず、入口には警備員さんの姿が・・・行列に備えてのことかと思われます。前回に続き今回も、運良く行列なしで店内へ突進~!タケウチの女神は我らに微笑んでくれています。
 この靭公園という人気エリアな立地にしてこの超人気店。の割には、リーズナブルなお値段が好感度大。美味しさは前回立証済なので、安心してアレもコレもとお買い上げ。私が自分のパンに夢中になっている間、れんげちゃんはパンの大きさに買うのを躊躇っていたそうな。その姿を感じとったお客のおばちゃんが、素早く「半分こしよか」っと交渉成立(笑)。この気さくさが大阪ならではでしょ~

●shop data: 『Boulangerie Takeuchi』 大阪市西区靱本町1-16-14  Tel 06-6444-2118 open 8:00~18:30 日曜・第3月曜(祝日の場合は第4月曜)定休

タケウチ
ぐるりす(パン)TB:0CM:0

■洋食好きのお気に入り 神戸・六甲『自由軒』

2008/02/12 20:27

自由軒


自由軒


 夫が学生時代から愛していた洋食の店『自由軒』は、やはり誰が何と言おうと美味しいです。って、別にどなたも否定されておられませんが(笑)。去年の秋に久々に訪れて以来忘れられず、夫と私、お腹が空くとこちらのお店のことをたびたび話題にしておりました。・・・ははっ、かなり食い意地はった夫婦ですわな。ま、そんなわけで、念願叶ったり♪のお店でございます。カロリー気にせず、食べたいものをドドーンとオーダーしちゃいませう~

自由軒


 っと食べたのが、スパゲッティナポリタン・オムライスに・ミンチカツというボリューミーな若者ラインナップ。ひゃ~、やっちゃいました!実際、前回私達の横で食べていた若者カップルがこのオーダーをされており、その幸せそうな食事姿が妙に羨ましかったワケです。
 美味しいのは食べる前からわかっていましたが、やっぱり「んまい(=旨い)!」魅惑のケチャップ味。子どもの頃に食べた、ナポリタンと呼ばれるケチャップスパゲティも確かに美味しかった・・・んが!そんな思い出も贔屓目も超越した美味しさがあるのよね。

自由軒


自由軒


 さすがに3品とも濃い味シリーズで、最後はヘトヘトになりましたが・・・年齢を感じるわ~。ひどく狭い厨房で黙々と料理をするおじちゃんふたり、手早く片付けて接客をするおばちゃん、そして出前をそつなくこなすお兄ちゃん。その4人のチームワークのよさは、このお店のウリと言ってもいいくらい。お店は古めかしい昭和な雰囲気だけど、整理整頓がキチッとなされていて行き届いてる感じ。お料理が出来るまで、その姿をいつもぼんやり眺めている私。また食べに行きたくなるお店です♪

●shop data: 『洋食の店 自由軒』 神戸市灘区高徳町6-3-10 高徳マンション 1F  Tel 078-821-8670 open 12:00~14:30・17:00~21:30 水曜定休

自由軒
ぐるりす(洋食)TB:0CM:0

■日本一の冷麺 京都・北区『中華のサカイ』

2008/02/09 20:20

中華のサカイ


 “冷麺日本一”っという大胆不敵なキャッチに惹かれ訪れたのが、京都市北部、上賀茂神社にほど近い場所にある『中華のサカイ』。20時過ぎという、ちと遅い時間にもかかわらず店内はほぼ満員。回転も早く、出入りも激しいかなりの人気店。まずは無料駐車場が10台ほど確保されているので、ファミリーも足を運びやすい。それから中華そば550円・餃子1人前210円に代表されるように、お値段がリーズナブル。ま、人気の秘密はこんなとこ??いや、これだけの理由なら、同じ通り沿いにある中華のチェーン店に淘汰されてますって!

中華のサカイ


 そう、お料理はどれも「あ~、中華っていいなぁ」などと思わずため息が出る美味しさ。この日は特に、お腹が空いていたこともあるのですが、焼き飯(500円)や唐揚げ(500円)はその濃厚さがグー。

中華のサカイ


中華のサカイ


 そして問題の・・・お店自慢の焼き豚冷麺(670円)も、こりゃまたウマイ。しっかりした卵色の麺に、トロっとしたスープとの絡みが絶妙。適度な酸味と甘みが、しっかりと「冷麺!」を主張していました。具はお店自慢の焼き豚・きゅうり・海苔が、どれもケチケチせずどっさり乗っております。我らチョイスのラインナップは全て濃い味付けで、最後は少々疲れてしまいました。が、どのお料理も想定以上のお味。私的には大満足のお店でした~

●shop data:『中華のサカイ みその橋店』 京都市北区大宮東総門口38-3 TEL:075-492-4965 OPEN:11:30~0:00 月曜定休(祝日は営業) URL http://www.reimen.jp/
ぐるりす(中華)TB:0CM:0

■美味しいパン屋さん発見 神戸・県庁前『ブリエ』

2008/02/08 20:02

ブリエ


 夫がネットや雑誌で話題のお店を発見する、以前行って美味しかったお店に行く、っというのが私の外食店選びの全て。毎日のように食べ物のお店をアップしてどれほどのグルメっぷりか?はたまた、何本鋭いアンテナを張り巡らせていることか?・・・と思われることでしょうが、実は、話題のお店もすぐ忘れるし新店開拓という行為もあまり得意じゃないんです。あ、食べるのは好きなんですがね(笑)。こうやってとりとめもない文章をダラダラ書くのが多少好きというだけの、基本怠け者体質の私であります~
ブリエ


ブリエ


 そんなアンテナ微弱の私が、年に1・2度素敵なお店を発見することがあります。今回のパン屋さんはその貴重なひとつ、兵庫県庁にほど近い『ブリエ』です。相楽園のまだ北側で決して便利な場所とは言えないのですが、今後も色々な種類を頂きたいと思ったお店。こぢんまりしていますが、種類はそこそこある上に素朴なスイーツ類もアリ。

ブリエ


 ラップにくるまれたシフォンケーキは、ふわふわなのにコクがあってとても美味しかったです。まだ、そうたくさん食べたわけではないのですが、丁寧に作られた几帳面な美味しさが滲み出ていました。また買いに行きたいなぁ~♪

●shop data: 『briller』 神戸市中央区山本通5-5-18  Tel 078-361-1303  open 8:00~18:00 日曜定休

ブリエ
ぐるりす(パン)TB:0CM:0

最近の記事+コメント

最近のコメント

データ取得中...

CalendArchive

FC2カウンター

since 2008.4.15

ぷらぷら本棚Ver.2

以前の本棚がなぜかログインできなくなり、泣く泣く新しく立ち上げました。

Copyright(C) 2006 神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。