神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。

お金はないけど暇はあるぞっ! 阪神間(夙川・苦楽園・芦屋・神戸などなど)のおいしいグルメ&ランチ情報や暮らしの中のプチ発見を綴ります。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ほいほい

Author:ほいほい
家に引きこもっているのがたまらなく好きな
ひきこもり女。
でも、このところの恐ろしい体重増に、
さすがの私も動かなまずいと焦り気味・・・
「とにかく動けば痩せるらしい」と
どっかで聞いたし
ダラダラ生活から抜け出すことが目下の目標!!

お買い物はこちら

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ぷらぷら内検索

■スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

■2/10 元町寄席 恋雅亭

2017/02/18 07:00




 久しぶりの元町・風月堂ホールの恋雅亭(れんがてい)寄席。去年の11月で会員期限が切れてしまっておりました。ぼーっとしていると、一年とかあっと言う間に過ぎ去りますね。トリが月亭八方氏だったけど、2月は極寒なせいか開場を待って並ぶ列の長さも控え目な感じ。これなら余裕で前方だな♪ってないい位置で30分ほどひたすら待つ。こんな時、スマホはいい暇つぶし。その間漏れ聞こえた会話によると、列の先頭さんは正午から待っているのだそう。え?!それだとトータル5時間半も待つ計算。何でも、先頭数人のみベンチで座れる特典があるのだとか。いや、余程ふかふかの王様ソファーじゃないと(それでも嫌だけど)5時間以上もずっと座ってるのはちとキツい。ぶっちゃけバンコクまで行ってしまえる時間だし(笑)




 やっぱり落語はいいね~!今日もいっぱい笑いました~!そして思わず涙がこみ上げてくるような人情あふれるネタもあって、いつも言ってる「今日が一番よかった」ってまた懲りずに思ってました。落語家さんが6人も出てくるわ、2時間半、時には3時間かかる回もあって、恋雅亭に来た最初の頃はその長さに耐えられなかった私。お尻痛い、噺の意味がわからない、座席間狭くて窮屈、眠い・・・いろいろ文句言ってたけど、長年通ううちそのどれもクリアしてた。あ、お尻は時々痛いけど(笑)何でかね?これも対応力ってやつかしら。2コ前のおじさん、ずっと寝てたから途中で「生きてるのか?」と心配したけど、終演の途端にサクッと立ち上がってあっと言う間に消えてしまった。これも対応力?3月も参加できますように~

スポンサーサイト
映画・演劇・本などTB:0CM:5

■2/9 ビルボード大阪『ジョディ·ワトリー』

2017/02/16 07:00


70・80年代のビヨンセ?!

 今日は久しぶりのビルボード。十代でのデビュー以来、40年くらい活躍しているというジョディ・ワトリー。我らの年代では、パッと顔と名前が一致しない人も多いかもしれません。でも曲を聴いたら、ああ、これか・・・と思う懐かしのナンバー多数所有する米国人アーティスト。グループで活動してた時期もあったそうですが、グラミーを獲ったのはソロになってから。やっぱりソロの方が有名なのかな。日本でも50代以上の、バブル景気を謳歌した方々には懐かしいポップ?ディスコ?ソウル?何せノリノリミュージックが目白押しでした。その頃ほとんど洋楽は聴いてなくて知らない曲ばかりだった私も、周囲のノリノリに感化されて思いっきりエンジョイ!


開演前の静かなホールも10分後にはディスコに変わる(笑)

 56才という年齢を感じさせない、リズム&ダンスでステージ狭しと動きまくる彼女。周囲を固めるダンサーが、キレキレすぎてすぐ目を奪われてしまう。さらに、後ろの巨大スクリーンには昔のプロモーションビデオがずっと流れてるから、私の少ないビルボード体験の中では断トツ一番の忙しさでした(笑)。どこに焦点を定めていいのやら。長年活躍されているアーティストだけに、PVと現在の差がありすぎて・・・あれは誰?状態。だって、画面の彼女は痩せててスリムな人ばっかだし(笑)。後から夫に聞くと、全部ジョディ・ワトリー本人だったとのこと。ああ、すごい、本当にパワフルな人だな~。ムギュムギュに座ったカウンターで、隣の紳士は全曲そらで熱唱。反対隣の紳士は、興奮しすぎたのかずっと夫におしゃべりを仕掛けておりました~


30周年アニバーサリーなんですね

メンバー全員すごいかっこよかった!
映画・演劇・本などTB:0CM:4

■1/3 新春大歌舞伎

2017/01/19 07:00


開演1時間前にも関わらず待ちきれない人達の長い列ができてました

 本日はお日柄もよく、松竹座へ歌舞伎鑑賞へ行ってきました。1年ぶり!橋之助さんの襲名披露公演とあって、いつもよりチケットが取りにくかったような・・・気がする。日程も第二希望だったし、お席も久しぶりの2階席。成駒屋さんの人気っぷりが垣間見えます。お父さまであられる七代目中村芝翫の名前を継がれるそうですが、私の中で橋之助さんはもう橋之助以外にないでしょ!ってくらいの定着ぶり。パンフレットによると36年間も橋之助だったんだって。どうりで。八代目芝翫、七代目の影響で女形のイメージが強い名跡だけど、豪快な立ち役がウリの新しい中村芝翫も楽しみ!


本日の演目はこちら~・・・って、字が小さすぎて見えないし

 午後4時からの夜の部。八代目芝翫だけじゃなく、彼の3人の息子氏達もそれぞれ襲名。舞台一列に歌舞伎役者がずらりと並ぶ姿の惹きつけ力が半端なかった。「○○にござりまするぅ~」とか「隅から隅までずずずいーっと・・・」などなど、あ、これだこれだと思える歌舞伎らしい言い回しが出血大放出。この日は結構眠くてつい、うとうとした幕もあったけど(←残念な人)口上の部はバッチリ最後まで見守り切りました!・・・って自慢するほどのこっちゃないか(笑)。最初の『鶴亀』、三幕目の『勧進帳』で派手な立ち回りを見せていた新・芝翫さんだけど、ラストの『雁のたより』では脇役、ってかちょい役(?)みたいなこともしたりして全編に渡って贅沢な作りの成駒屋劇場でした。やっぱり歌舞伎ってじわじわ面白い(若干寝てたけど)。次の機会も、積極的にチケット争奪に加わっちゃお!


佐藤可士和氏が今回の襲名のためにデザインした緞帳(幕?)なのだそう


帰路のカフェにて、着物姿の人がチラホラいた
映画・演劇・本などTB:0CM:2

■12/8 ビルボード佐藤竹善

2016/12/21 07:00


ステージでもこんな感じのラフな格好
そんな竹善さんがみんな大好き!

 今日のビルボードは、聴かせる歌声の佐藤竹善。2年前にもこの時期にライブに来たな~、れんげちゃんとユミエさんって珍しい組合せだった。そうそう、去年はチケット発売日は電話が延々と不通状態で、竹善ファン歴の長いえむつきとふたりブツブツ文句言いまくり。私は早々に諦めたけど、彼女はいろんな技を駆使して晴れてチケットをゲットしてたー。やっぱり竹善キャリアが違う(笑)。そんな我らのクレームが聞こえたのか、今年はさほど苦もなく入手することができました。・・・なのに!スケジュールの都合が付かなかったえむつきはあえなく退場。すかさず、代役によしこ氏が派遣されてきてました(笑)


さすがに満席
立ち見もありました~

 今年はスツールに座って、バラードなアレンジをしっとりと聴かせてくれた竹善さん。時節柄、クリスマスソングをメインにしつつ、先日亡くなったレオン・ラッセルのカバーやらシングライクトーキングの曲もたくさんいろいろ。竹善さんの気分に合わせた自由なセレクト。ファンだけじゃなく初心者もうっとりする歌声でした。あの歌唱力をもってしたら、どんな曲でもちょちょいのちょいでこなせる感じ。持って生まれた才能ってすごいな、羨ましい。でも当のご本人は、現在ハマっている大河ドラマの主人公みたく「あんな小さい顔に生まれたかった~」ですって。トークも自由だね(笑)。そんなのが丸ごと全部、佐藤竹善さんの魅力。今年もいいもの堪能できました~


よしこさん&お友達さんとお席で合流
みんなで「最高やったー!」と言い合いながら帰路につきました


バンドも一流の方ばかり
映画・演劇・本などTB:0CM:3

■11/10 ビルボード ドン・フェルダー

2016/11/15 07:00


かっこいいドン・フェルダー氏
この特殊なギターの登場に会場中が熱狂!

 今日のビルボードは感動でした!イーグルスのギタリスト、ドン・フェルダー氏はあの「ホテルカリフォルニア」という名曲を生み出したお方。イーグルスはもちろん知ってる。知ってるけど全然詳しくないし、何人のグループなのかすら実は知らない私・・・みたいな(笑)。彼らの音楽をリアルタイムに体験し熱狂したのは、50より上の世代の方々ではないでしょうか。本日、ビルボードを満員に埋め尽くした人達もおおむねその世代。それでも、何と耳馴染みのある曲の多いことか。映画でテレビで、生きているとどこかしこから聞こえてくるあるあの曲この曲。みんなみんなイーグルスだったんだね~


もうひとりのギタリストが歌った
「TAKE IT THE LIMIT」もよかった♪

 ドン・フェルダーはイーグルスでも目立つ存在ではなかったと聞きましたが、この日は衰え知らずのかっこいい声に会場全体が酔いしれました。大袈裟じゃなく本当にそんな感じのすごい盛り上がり。チケット代は決して安くなかったけど、今日ここに来た人みんな大満足って顔してたな。隣席のひとりで来てた男性も、時に体を震わせて泣いてたから~。2日間合計で4公演、こんなことならもう一日のチケットも取ればよかったな~。私はイーグルスでは「デスペラード」だけが好きだったけど、以来、夫のイーグルスコレクションを聴きまくっております。今年初めのグレン・フライ死去のニュース、彼らとの不仲をだらだらと取り沙汰されてたドン・フェルダー。そんなこんなでビルボードでも当初は売れ行きがいまひとつっぽかったけど、来年なのか再来年なのか次の来日時は恐らく即売れだろうな。気合い入れて予約しないと。・・・って気が早すぎ(笑)


終演後、ファンの求めに応じレコードジャケットに直筆サイン
サインをもぎ取ったファンの方に写真を撮らせてもらいました~
映画・演劇・本などTB:0CM:4

最近の記事+コメント

最近のコメント

データ取得中...

CalendArchive

FC2カウンター

since 2008.4.15

ぷらぷら本棚Ver.2

以前の本棚がなぜかログインできなくなり、泣く泣く新しく立ち上げました。

Copyright(C) 2006 神戸・芦屋・西宮☆ぷらぷら日記。 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。